2014年08月27日

ジャイアンツ

これが最後の西部劇だ!!



評価:★★★★★ 5.0

どっぷりと映画に埋もれたいという時があって、そんな時に見たいと思う一本。
これぞハリウッド黄金期を代表するジョージ・スティーヴンス監督1956年作品。
201分の長編だが、この映画と「風と共に去りぬ」でアメリカの歴史は分かったつもりになっている。
 
舞台は第一次世界大戦から第2次大戦後の30年間に及ぶ、テキサスの大牧場の家族史であると同時に、アメリカ西部開拓史の終章を壮大なスケールで描いたもの。

テキサスの大牧場主役のロック・ハドソンと東部から来た妻エリザベス・テーラー、そしてこの牧場に働く若きカウボーイがジェームス・ディーンである。
そしてこの映画の時代は西部に開拓すべき余地が無くなり、フロンティアの喪失がアメリカ人の心に重くのしかかっているという時代的背景を持つ。

その舞台の上で、西部開拓の正統的な相続者のロック・ハドソンと西部のならず者ジェームス・ディーンが拳銃の代わりに、富を武器として戦い、東部からのレディ(西部劇ではしばしば学校の女教師が東部から来る)、エリザベス・テーラーを奪い合うという構図である。

しかしこの西部劇が従来のそれと違うのは、すでに開拓地がなくなり国境線が確定した土地を管理・調整・開発するという時代に移行したことである。
またそれに伴い、隣国のメキシコとの間に配慮が必要だと描かれている。

つまりかつての絶対的悪役インディアンは、もう存在しないのだ・・・・そういう背景の中で、二人の西部男が常に注視せざるを得ないのが東部(政治・経済の調整者)の女性であるのは必然なのである。
 
つまりこの映画は、闘い・殴り合い土地を取り合うという、男たちを熱くした「西部劇」の時代が二度と戻らないのだという、悲しい挽歌なのである。

それゆえ、この戦いのクライマックスが、陰惨で、何の爽快感も無く、むしろ後味の悪さが残るのは、もう西部劇のような「腕力=男の能力」として反映され得ない時代だという事を表している。
 
ちなみに、この映画の監督は西部劇「シェーン」の監督である。
この監督は、自分で西部劇に幕を引きたかったかもしれない・・・・



スポンサーリンク





posted by ヒラヒ・S at 22:24| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]