2014年10月20日

劇場版 SPEC

映画監督としてのスペック




TVドラマ評価:★★★★★ 5.0点
映画作品評価:★★    2.0点

ホントこのTVドラマ・シリーズ大好きだったッスよ。
見ていて刺激的っていうんスか?
突拍子もないシーンが突然放り込まれたり、ワッケワカンナイ人たちがイッパイ出てくるじゃないっスか。

ホント見ていてアキナかったッスよ。

マジ、映画版にキタイしたッス。

『劇場版 SPEC〜天〜』で、ありゃって、ちょ〜っと、ちがうんジャねって?チョットおもったっす。
でもヤッパ、ハンパは良くないってカーチャンも言うんでツヅキ見たんスよ。

で「結〜漸(ゼン)ノ篇」見たわけですが、やややっややややっややっやや〜てなったス!
マジ、信じられないっすけど、ツマンナイっスよ。
当麻だって瀬文だって、ちゃんとガンバッテルし、Specホルダーとのガチバトルだってハンパないっス。

でも、何か見てらんないんッス。

目の前がなんかチカチカしちゃって、頭がマヒしてくるつ〜か、何かなれちゃってアキる?っていうか。
TVよりもガチデカイ爆発とかハデなアクションとかいっぱいなのに、何でだろうってフシギだったっス!

イイカゲン、「結〜漸(ゼン)ノ篇」を見ただけでもオッカし〜なぁだったんすけど、ヤッパ、ハンパじゃっイカンってんで次も「結〜爻(コウ)ノ篇」見たっす。
マジヤバい。
マジつまんねェって、そうオモったッス。

ナンカとちゅ〜から、ヤッパ、チョ―ダルイとかおもって。

それでマジ判んなくなって、なんでTVと映画で同じ事やって、なんでこんな違うのかガチ考えてたっス。
でもヤッパ、ワけワカンナくッて、そしたら後ろからチョ〜ジジイの声が聞こえたっす。

「こんなのは映画じゃないワ。映画っていうのはスターの演技をドッシリ撮るもんぢゃ。こんなにコロコロ画が変わったら、落ち着いて話を追えんぢゃないか。TVがチャカチャカするのは、CMでチャンネル回させないとか、途中で見るようなバカモノを惹きつけるとか、明るい中でドラマに集中しないヤツラを無理やり見せるために、仕様が無いともいえるぢゃろう!しかし、映画館は映画を集中して見る所ぢゃ!こんなにチカチカさせてしもうたら、マスマス老眼が進むだけぢゃ!この監督は映画の撮り方を知らんかぁ! ! あ〜小津が懐かしゅうてならん!」

あ〜〜〜〜〜〜そういうコト!ジジイ、ナイス!マジ、リスペクト!思わず拍手しちゃったっス。

で、オズって魔法使いかナンカだッタスか?


posted by ヒラヒ・S at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407431392

この記事へのトラックバック