2015年07月05日

ドライビング Miss デイジー

アメリカの過去と未来の指標



評価:★★★★★  5.0点

最初に見たとき、この人種差別的内容がなぜアカデミー賞なのか理解に苦しんだ。
アメリカの白人達は相変わらず、善良で無垢な黒人という構図に感動するのかとすら思った。
しかし違うと気がついたのがついたのは、何回めだったろう・・・・

この映画で語られているのは、1948年から始まって1970年代初頭までのアメリカである。
この当時のアメリカ南部は「KKK」に代表されるように、人種差別が公然と行われていた。
その差別を法律によって解消するために公民権法が施行されたのが1966年だった。
しかし1970年代においても黒人たちの解放のための闘いは続くというのが、ざっくりとしたアメリカ社会の流れである。

そういう中で、この映画の年老いたユダヤ人未亡人とその黒人運転手の関係を見てみると整理される事実がある。

劇中で老婦人ミス・デイジーが「私は人種差別主義者ではない」と言うにも関わらず、彼女は人種差別をしている。
そしてこれはたぶん、当時の南部ではこの程度の差別であれば進歩的な白人と言われる範疇なのだ。
逆に言えば差別主義者の差別とは、劇中でも語られるが黒人たちの命を奪うほどのものだという事を意味している。
 
この前提に立つとき、運転手ホークとデイジーの関係がハッキリする。
2人は長い付き合いの間にお互いに親愛の情を感じているし、友情を抱いている。
但しそれは、人種差別の色を含む使用人と女主人の一線を越えない形の中での関係なのだ。
例えば、ディジーがホークを頼りにするようになってからも、デイジーがダイニングで食事をし、ホークはキッチンで食事を取る。

その一線が崩れる事は無い。

つまりこの映画は、当時の社会体制に縛られている事に気がつかない、2人の登場人物の悲劇の物語でもある。
黒人解放の指導者キング牧師の言葉。

「黒人が困難な立場にいるのは、悪意の白人の為だけでなく、善意の白人の無関心と無視による」

これは、人間というものがどれほど無意識のうちに社会体制に縛られ、偏見を生じるかという鋭い指摘である。
 
この映画の最後は老いたデイジーの為にパイを食べさせるホークの姿で終わる。
お互いの人生の終わり近くになって、同じテーブルに座り食事を取る事が可能になったのだ。
 
もし、2人の間に偏見が無ければ、友情という言葉に値する距離を本当に持てたに違いないのに・・・・・

このアメリカの歴史に対して、アメリカ自身が反省を込めて物語としたのが、この映画であるように思える。
その反省が重く響いたからこそのアカデミー賞であろう。
 
そう思えばこの映画は・・・自国の闇の歴史に眼を向け、真摯に反省を述べた作品に違いない・・・・・
誠実に積み重ねた反省ゆえに、未だに完全に人種差罰・民族対立が無くなっていないとはいえ、黒人の大統領が誕生するまでになったのだと信じる。

スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421723440

この記事へのトラックバック