2015年09月26日

戦場の小さな天使たち

ホントにイギリス人てば・・・・・



評価:★★★★★  5.0点

えっと、イギリス人というのは山高帽をかぶり燕尾服を着て、下半身丸出しの股間にバナナを挟むようなジョークが大好きな人達ですので(あくまで偏見ですが…)そういう映画です。

それと、この題名はないです。

確かにこの地味な映画を売ろうという日本側の心意気は買います、買いますが、まるで映画の本質から駈け離れているので、題名で見ようと思っても中身が違うとなるんじゃないかと心配です。

そのまんま題を付ければ「戦場のちびまる男」です。
 
この映画はこの映画を撮った監督の子供の時の思い出話で、その子供の時がタマタマ戦時中だったというだけで、反戦がどうの、家族のきずながどうの何てことは瑣事にすぎないです。
 
ブッチャケ「お爺ちゃんのタラタラした思い出話」です。
「ワシの子供のころは、戦争ってモンがあったんじゃが―」なんてヤツですね。

なんですけど、いいんです。
コレが。

何て言うか、戦時下にも日常があって、その日常は子供たちにとっては唯一無二の時間で、楽しみも悲しみもあるとゆう、当たり前のことを教えてくれます。
ほんと子供って、基礎的な生命力の強さにはビックリしますもんね。

話はたらたらしてますけど、戦時下のロンドンの子供達の生き生きとした様子や、イギリス田園風景の映像も美しいし、これ同年代の英国人が見たら、たまらないでしょうね・・・・ノスタルジーで死んじゃうんじゃないでしょうか。

な〜んかノスタルジックで輝いていて、世代や時代を超えて共通する、子供時代・少年時代の持つ栄光とでもいうべきものが、ここに有るように思います。

それともう一つ思ったのは、困難に際しても冗談に紛らわせながら決して折れない、イギリスの「ジョンブル魂」とはこういうことなのかと想像したりしました・・・・・

実はこの映画の原題「ホープ・アンド・グローリー」は戦時中に歌われた英国の「愛国歌」らしいんです。

でも、これもしゃれが効いていて「願いは栄冠に」何て意味だと思うんですけど、まんま最後のオチになっていて、で、スンご〜いキレのいいオチで、ミゴトに大笑いして・・・・・・・・ホントにイギリス人てばって、思ったわけでした。

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック