2016年08月01日

『自殺サークル』園子温監督が描く連鎖自殺をネタバレ解説

傷む人



評価:★★★★   4.0点

スイカの上の黒い縞が、ウゴめき続けている。
眩暈するほどの強い白光に、頭がボーっとしクラクラとする。
スイカは小刻みに間歇的に動き、ついには机の上で跳ね始める。押さえようと手を重ねた瞬間、スイカが真っ二つに割れ、中から漆黒の蟻がマグマのように吹出す。私の手を腕を肩を占めると、上半身は瞬時のうちに蟻に覆われ鈍く光る。皮膚を食い破った蟻が血管の中を這いずり回り、末端で生じた悪寒が波打つように頭に集まると、耐え難いほど頭蓋骨が重くなるのを自覚する。
その重みがいよいよ限界に達したとき、頭がボンと弾け、粉々に飛び散った。
その四散した頭骸骨の破片と脳髄と脳漿に群がった蟻は、全てを吸い尽くそうとして、地獄の亡者の如く互いを蹴落とそうと争い続けている。
それを見ながら「あ・・・・・私の頭はスイカだったんだ」と悟った時、眼が覚めた。


こんな夢を見たのは、強い日差しの下のスイカ割で、気分が悪くなった日の夜のことだった。


自殺サークルホーム.jpg

この園子温監督の映画も、現代の日本人が抱える問題を、悪夢に還元して語った作品だと感じた。
この映画はその悪夢的な混乱をテコに、見るものに一つの問いを突きつけるだろう「あなたはあなたの関係者ですか」

この映画は血と痛みと歪みと狂気に彩られている。

この映像が、ドギツイ表現をせねば成らない必然があると信じるが、その血と傷と死の場面を無差別に振りまくことは控えたいし、誰にでも薦められるという作品でもない
正直言って、YouTubeの映像もあまりにグロテスクなため、ドラマ的な文脈なしに刺激物を見せ付けられ、後味の悪さしか残らないという結果にもなりかねない。
それゆえ次に動画を掲示したが、血や傷、死に関わる映像に忌避感を持つのであれば視聴を避けたほうが良いと思う。



実際、この映画を見てしまったが何がなんだか分からないとか、こんな後味の悪い作品に何の意味があるのかとか、こんな映画はクソだとか、つまりは悪評と困惑や非難が多く目に付く。
このレビューは、基本的に、この映画に高い価値を見出した私が、この作品に対する個人的な弁護をしようと意図したものだ。
それゆえ、すでに鑑賞を終えた視聴者を想定しているため、コレ以降の文章は映画を見た後でお読み頂きたい。
=================================

以下ネタバレを前提にして、個人的な解説を書かせて頂きます。

=================================

自殺サークルホーム.jpg


自殺サークルあらすじ
夜の新宿駅プラットホームで、54人の女子高生が笑いながら手を繋いで投身自殺した。
その後には200人近い人間の皮をつなぎ合わせた帯が残された。
警察が捜査に乗り出し、黒田、渋沢刑事が真相を追い始めるが捜査は進まず、その後も、自殺者は後を絶たない。捜査員黒田の家族も自殺し、黒田本人も拳銃自殺を遂げる。
インターネット上に自殺者の数をカウントするウェブサイトがあったり、自殺クラブというサイトを主宰するジェネシスなる人物を捜査するが、結局自殺は止まない。
そんな時、女子高生・ミツコは自殺した恋人の部屋で、アイドル・グループDESERTが鍵を握っている事をしり、コンサート会場へ向かう。そこには、小学生低学年の少年少女たちが彼女を待っていた。その子供達は、ミツコに向かって尋ねる「あなたはあなたの関係者ですか」
ミツコは叫ぶ、「私は私に関係している!私は私の関係者だ!」


この映画は、人の痛みの刺激に満ち溢れている。
激烈に、混沌として、唐突に、無残に描かれる、痛みと血と死が描くものは、現代人が何を拠り所にして、自らを確認せざるを得ないかの答えだったろう。

最初のシーンで描かれる手をつないでの自殺シーンや、人の皮で作られた帯(サークル)は、現代人は他者との関連、他人と自分との関係性において、自分を認識するのだという真実を示すものだったろう。
それは、自分が何者か、自分にどういう意味があるのかを、他人との比較の上で決められる事を意味するだろう。

それは「自己存在=アイデンティティ」の喪失を意味し、さらにその傾向はインターネットを介して人とつながることによって更に拍車がかかるはずだ。
つまりは、自分が存在する証明は「他者の承認」によって社会とつながり生まれるのだとすれば、そのつながりがデジタル記号の上でのみ作られる時、そのコミニュケーションは人としての実感とは程遠いものになるはずだ。

「自分は自分の関係者」かどうかは、インターネットのバーチャル情報上で、他者との相対的な関係性を元に確認するしか方法が無いとすれば、本来生物である人間は真の意味での自己確認は不可能になるだろう。

それゆえ、現代人は自分が自分であることの実感を、生物としての痛みを通じてしか感じられない。jisatu-kuroda.png
自己確認のために、自傷行為による痛みが生成されなければならないのだ。

しかし、生物としての確認を経たとしても、自分が自分に関係しているかという問いに対して応えたことにはならない。
真に他者との関係性を離れて、自分が自分であったことの確認を成すためには、自ら死を選ぶことで己の意識が消滅するという、消去法による方法以外ありえないだろう。

結局、この映画で描かれる執拗な痛みと、一種空虚な自殺とは、現代において自分が何物かという証明が不可能であるがゆえに成されなければならない行為だと語られていると感じる。
それを裏付けるかのように、刑事の黒田はその家族が死んで行ったときに「自分が自分と関係している証明」としての家族を喪い、自殺する以外の道がなくなってしまう。


それでは、全ての現代人は必然として自死し続ける運命にあるのだろうか?

この映画では、その設問に対してNOと答える。
ミツコという少女に仮託して、新たな存在証明を提示する。
彼女だけは「私は私に関係している」と明快に言い切る。

そう言い切れる理由は、ミツコが恋人の自殺の場面で、傷を負ったことによると考えられる。
それは、他者の死、他者の傷を、己の痛みとして刻み込むことを意味するだろう。

他者の痛みを我が事とすることで、自らの生物としての存在証明が可能だと告げているはずだ。
jisatu-kamon.jpg
それでは「私が私に関係している」という人間意識に関する事実を、どう証明するのだろうか。
彼女は自らの皮をはがれ、他者とのつながりの中に組み込まれ、冒頭の集団自殺と同様のシュチュエーションに立ったにもかかわらず、自殺はしなかった。

それは、この映画のエンディング・ソングの前に叫ばれる「勝手に生きろという」言葉が鍵であろう。
つまりは、自らを他者との関係によって、己たらしむるのではなく、自分自身の価値を自ら確立せよというメッセージであったろう。

つまりは人から認められなくとも、他者との関係が断ち切られていても、自らを愛することで人は生きていけるのだ。
そして、自らを愛する心は、必然的に他者を愛する心を生む。
他者を愛するということは、他者の痛みを知るということを意味するだろう。

これで全てが明らかに成りはしまいか。

つまりこの映画は「絶対的な自己=自己愛」を喪失した、現代人の傷の深さを示すために、かくも深く激しく生々しく血を流さねばならない。

この映画は現代人が自らを愛せないという真実ゆえに、その過激なビジュアルから受ける生物的な生理感覚に生じる痛みを媒介として、見る者にそのテーマを体感させるためであったに違いない。

それは、この映画のミツコが体験した真実を、映画を見た観客に追体験させるための、映像装置としてあるのだ。



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 22:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!「せ〜の!🎵」でブシャーーー!((((;゚Д゚))))動画観ましたが・・・これは気になる。南無阿弥陀仏を何回か言わないと・・・💦
Posted by ともちん at 2016年07月31日 17:26
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)昨日はご迷惑をお掛けしましたm(__)mようやく上げます!
Posted by ヒラヒ・S at 2016年08月01日 22:08
こんばんは!oh〜・・・難しい映画みたいですね(笑)私はリストカットの跡がうっすらと腕のかなり上のとこにある女性をハンバーガー屋さんで見たことがあります。スタッフの方ですが(´・ω・`)明るく元気に仕事されてました(半袖ポロシャツです)完全に乗り越えた人の笑顔でしたが・・・思い出しました。ええ話や・・・
Posted by ともちん at 2016年08月01日 22:21
>ともちんさん
二度のコメント本当に申し訳ありません(^^;)
今は難しい世の中で・・・ヤッパリ校内カーストとかありました?
刺激的な映画ではあります。
Posted by ヒラヒ・S at 2016年08月01日 23:04
3度目の正直・・なんつって(^ω^)私は公立高校でしたが管理教育がすごかったのと真面目で地味な生徒が多かったので平和でしたね。逆に?私立高校は自由で・・あるがゆえに(金も高い)いろんな問題を抱えてる気がします。公立は皆ビンボーなので(笑)このコメントに返事はいりません🎵どもども
Posted by ともちん at 2016年08月01日 23:43
待っていました。来ましたね〜園子温監督作品!
歴代ナンバーワンではないかという血の量でしたね(^^;
園子温監督のメッセージまで読み解き凄いです!
流石っすね(^^)v
Posted by いごっそ612 at 2016年08月02日 06:48
>いごっそ612さん
有り難うございます。(⌒‐⌒)血とか、傷とか、スゴイインパクトがありますよね。
you tubeで見ると本当に刺激がつよいですねぇ( ̄0 ̄;
Posted by ヒラヒ・S at 2016年08月02日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック