2016年10月26日

映画『愛と哀しみのボレロ』20世紀を貫く交響曲/あらすじ・解説・実話モデル

映像の交響曲



個人的な評価:★★★★★ 5.0

クロード・ルルーシュ監督1981年の、個人的に愛して止まない作品です。
愛と哀しみのボレロあらすじ
1930年代から1960年代にわたり、パリ、ニューヨーク、モスクワ、ベルリンを中心とするフランス、アメリカ、ロシア、ドイツにおいて交錯する、2世代4つの家族の人生を描く。
1936年モスクワ、バレリーナのタチアナ(リタ・ポールブールド)は、オーディション選考委員のボリス(ジョルジュ・ドン)と恋に落ち二人は結婚する。夫は戦死し、残された幼い息子をボリショイ・バレエ団の名ダンサー、セルゲイ(J・ドン二役)へと育てるが、彼は西側に亡命する。
1937年、パリのキャバレー“フォリー・ベルジェール”のバイオリニスト、アンヌ(ニコール・ガルシア)はピアニスト・シモン(ロベール・オッセン)結婚したが、ユダヤ人収容所送りとなる。二人は赤ん坊を助けたいと、ある駅に赤ん坊を置きざりにする。シモン死んだが、生き延びたアンヌは、子供の行方を探す。捨てられた赤ん坊は、牧師のもとでダビッド(オッセン二役)として育てられアルジェリア戦争に参加し、パリで作家として成功。
ナチス占領下のパリ、歌手エブリーヌ(エヴリーヌ・ブイックス)は、ナチスの軍楽隊長カール(ダニエル・オルブリフスキ)の子を妊娠するが、戦後ナチスに媚びた女と非難され、パリ追放となり故郷で出産する。生まれた娘エディット(ブイックス二役)は成長し、TVのニュース・キャスターになる。
その父カールは、1938年ヒトラーに認められナチスの軍楽隊長となるが、戦後ベルリンにいる妻マグダ(マーシャ・メリル)の元に戻り指揮者として成功する。
1939年、ニューヨーク。人気ビッグ・バンド・ジャズを率いるミュージシャン、ジャック・グレン(ジェームズ・カーン)は、妻のスーザン(ジェラルディン・チャップリン)を交通事故で失うが、娘のサラ(チャップリン二役)は歌手として成功し、息子ジェイソン(カーン二役)がサラのマネージャーを勤める。
19881年、パリではユニセフ・チャリティ・コンサートが開催され、そこにはTVアナウンサーのエディットとバレエダンサーのセルゲイ、歌手のサラとダビッドの息子パトリック(マニュエル・ジェラン)が、一同に会した。そしてラベルの“ボレロ”が流れ出した・・・・・・

(フランス/1981年/184分/監督・脚本クロード・ルルーシュ)

ルルーシュ監督といえば『男と女』で鮮烈に示されたように、音楽と映像の美しい調和が素晴らしく、本当に音楽的な感性に長けた人なのだと思う。
クロード・ルルーシュ【男と女】予告

そしてその才能の結実としてこの映画が有ると信じている。
この映画では遂に、ストーリー、俳優、演出、モンタージュの全てが音楽的なパートを構成し、響きあい、混然一体となって、映画全体が楽器になり壮大な交響曲を響かせることに成功したと思うのだ。

セルゲイのモデル「ルドルフ・ヌレエフ
ルドルフ・ヌレエフ(Rudolf Khametovich Nureyev, 1938年3月17日 - 1993年1月6日)は、ソ連生まれのバレエダンサー。本名ルドルフ・ヌレエフ。17歳で名門校ワガノワ・キーロフバレエ学院にて、バレエを学ぶ。名教師プーシキンに師事し、ソリストとしてキーロフ・バレエ(現マリインスキー・バレエ)に入団しニジンスキーの再来とまで言われる。1961年に、海外公演の途中に亡命。(下/ヌレーエフ「白鳥の湖」)

大変長い物語であるし、冗長に思えるクダリも見えるかもしれないが、それもラストの「歓喜の歌」に匹敵する最終楽章に向かって必要な要素として、なければいけないのだと信じる。

なぜなら、この映画の表わす交響曲とは、人間の運命を音楽として描くという壮大な試みだと考えるからだ。

カールのモデル「 ヘルベルト・フォン・カラヤン
ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan, 1908年4月5日 - 1989年7月16日)は、オーストリアの指揮者。1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督などのクラシック音楽界の主要ポストを独占し、多大な影響力を持つに至った。20世紀のクラシック音楽界において最も著名な人物のひとりであり、日本では「楽壇の帝王」と称されていた。また、その独自の音楽性と自己演出は「カラヤン美学」と謳われ時代の寵児にもなった。(wikipediaより引用)(下/ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮:ベートーベン交響曲第3番)


ここで語られている登場人物の物語を総合すれば、20世紀の激動の歴史が語られている事に気づくはずだ。
そして20世紀こそ、世界が一つの「連環=運命」のもとに、歴史を刻む事になった人類初の世紀であった。
この、全世界が国家を軸にして自国の利益のために争った世紀にあっては、国家を構成する全ての国民と名づけられた個人の運命は、強制的に国家によって支配された。
この世紀の個人は、一般的な自由・権利の拡大と引き換えに、国家から強制的な献身・犠牲を強いられざるを得なかった。
エディットのモデル「 エディット・ピアフ
エディット・ピアフ(Édith Piaf, 1915年12月19日 - 1963年10月11日)は、フランスのシャンソン歌手。
フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の讃歌 Hymne à l'amour」 (1949年)、「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je ne regrette rien」 (1960年)などがある。(wikipediaより引用)(下/エディット・ピアフ:「愛の讃歌」)


従って20世紀とは、そこを生きた者たちに多かれ少なかれ、「歴史の激流にたいし個人として如何に対峙したか」という一つのテーマの変奏曲を奏でさせる事となったのだ。

その全人類に共通の歴史の奔流を基調メロディーとして、そのメロディーに流されるか、その流れに抵抗するかという、個々人の選択の違いをハーモニーとして、その人生のぶつかり合いや明滅という、ひとりひとりの幸・不幸の集積の果てに、ついには人類愛というテーマを奏でる壮大なクライマックスに至る。

この、個人が不可避的に負う運命に対し、否応なく人生の決算を刻まざるを得ないと考えた時、歴史の幾多の人々も、また、多かれ少なかれ全て上記の構図の繰り返しだと思えるのだ。
ジャックのモデル「 グレン・ミラー
オルトン・グレン・ミラー(Alton Glenn Miller、1904年3月1日 - 1944年12月15日?)はアメリカのジャズミュージシャン(トロンボーン奏者、作曲家、アレンジャー、バンドリーダー)。グレン・ミラー・オーケストラ(Glenn Miller Orchestra)を結成。カウント・ベイシー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントン等と共にスウィングジャズ、ビッグ・バンドの代表奏者に挙げられる。(wikipediaより引用)(下/グレン・ミラー楽団:「茶色の小瓶」)

そう思えばルルーシュは、20世紀の人々に仮託して、歴史上無数の人々が繰り返してきた決断というドラマをこの映画の登場人物に集約し、そして同じ旋律の繰り返しである「ボレロ」という曲で、全人類が連綿と紡いできた運命のうねりの重複を表したのであろう。

 
最終的に人々と運命の相克は、ヌーレエフにも匹敵する映画公開当時の名ダンサー、ジョルジュ・ドンの踊る「ボレロ」よってこの映画で象徴され、大いなるクライマックスを迎える。
 
ジョルジュ・ドン(Jorge Itovich Donn, 1947年2月25日 - 1992年11月30日)はアルゼンチン出身のバレエダンサー。ブエノスアイレスのロシア移民の子として生まれ、5歳でバレエ学校に入校し、1963年モーリス・ベジャールのバレエ団公演を見て渡仏、ベジャールに師事する。(wikipediaより引用)



それゆえ、この映画の「ボレロ」を前にしたとき、人々が自分の人生と対峙せざるを得ないのである。

ちなみに、この「ボレロ」を振付した振付家はモーリス・ベジャール。
モーリス・ベジャール(Maurice Béjart, 1927年1月1日 - 2007年11月22日)は、フランスのバレエの振付家。マルセイユに生まれる。父は哲学者ガストン・ベルジェ。スイスのローザンヌでベジャール・バレエ・ローザンヌを主宰。(wikipediaより引用)



彼もまた、20世紀を生き抜いた運命の男である。
近代に苦悩する人々の姿をダンスとして投影したような、彼のバレエ団の名を「20世紀バレエ団」というのは、決して偶然ではないだろう。
モーリス・ベジャール振り付けジョルジュ・ドンによる「ボレロ」



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄ー ̄)確か戦争に翻弄された4家族が数奇な運命によって集結する話だったような。踊りが前衛的?で驚きましたね〜👽芸術系もいいですよね😃なんつって、、
Posted by ともちん at 2016年10月26日 17:46
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)長いですけど、見ごたえはあります!
でも、長い(^_^;)
Posted by ヒラヒ・S at 2016年10月26日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック