2016年10月25日

『シザーハンズ』ファンタジーの傑作映画のあらすじと感想

欠けたピースという運命



個人的な評価:★★★★★ 5.0

ティム・バートンとジョニー・デップ。
映画史に残るであろうコンビの記念すべき初顔合わせ作品。
この映画はジョニー・デップの無色透明な個性と、ティム・バートンの演出力により、ファンタジックでありながらリアリティがある、そんな説得力を感じます。

シザーハンズあらすじ
山の上の屋敷に住む老発明家(ヴィンセント・プライス)は人造人間エドワードをつくりだしたが、彼の両手をハサミのままで絶命してしまった。その麓町に住むボッグス一家の妻ペグ(ダイアン・ウィースト)は化粧品セールス中に、山の上の屋敷で出会ったエドワード(ジョニー・デップ)を、夫ビル(アラン・アーキン)、高校生キム(ウィノナ・ライダー)、小学生ケヴィンと共に暮らす家に連れ帰る。
エドワードは両手のハサミで庭木を動物の形に剪定し評判を呼び、近所の犬や、近隣の奥さんの髪も斬新にカットし人気者になる。しかしキムのボーイフレンド・ジム(アンソニー・マイケル・ホール)が、エドワードを盗みの実行犯として利用し、警察に逮捕される。この事件から町の人々はエドワードを白眼視するようになり、エドワードは追い詰められていく・・・・・・

(アメリカ/1990年/105分/監督ティム・バートン/脚本キャロライン・トンプソン/原案ティム・バートン,キャロライン・トンプソン)

この美しくも悲しいおとぎ話。

ここで語られるのはエドワードのハサミのように、
人は一人一人生まれ持った差異(個性)があり、
その個性によって、人は幸福にも、不幸にもなる

・・・・・そんな運命を持った存在なのだということかと思います。

ハサミという個性によって生み出された美が、皆からの称賛を受け
またハサミという個性が人を傷つけてもしまう


一つの個性は、賞賛を生み、非難を呼ぶ、諸刃の剣なのでしょう。

 

すべての人々が、お互いに違う性格を持ち、個性を持つがゆえに
必ず生れてしまう、摩擦やすれ違い。

もし・・・・人に違いが無ければ、痛みも傷も負わずにすむのに・・・・・

主人公のエドワードは好意を寄せるキムと、一つになりたかったに違いありません。
エドワードにはない美しい指と、太陽のような心・・・・
キムがそれを持っていたから・・・・
siza-hand.jpg
エドワードはキムを他者として愛するというより、
キムそのものになりたかったのでしょう。


そんな子供のような純粋さゆえに、自分を傷付け、
キムを傷つけてしまう

人が人としてあることとは・・・
自分と他者が違うという現実を知ること・・・・・


そこから人は、自分に足りないモノ、
自分に欠けたピースを永遠に捜し求め、
さまよい続けるのでしょう・・・・

その運命を受け止めるには、エドワードはイノセント過ぎ、純粋すぎたのです・・・・

それゆえ愛する者の前から去り、互いに傷つかないよう隔たりながら、永遠の愛を歌うのです。

 
このエドワードの純粋さを見て、その切ない運命に胸を打たれたならば

あなたの心の奥底に、エドワードと同様、イノセントな魂が眠っていたことに気付くのではないでしょうか・・・

robertsmith.jpgところで、ティム・バートンは当初この映画の音楽を「キュア」のローバート・スミス(右)に依頼したのですが、ロバート・スミスが「Disintegration」のレコーディング中で、しかも(新人監督の)ティム・バートンを知らなかったので断ったそうです。
実を言えば、この映画のエドワードの髪型やイメージはロバート・スミスを参考にしているんじゃないかと思っています・・・・・・・・・・・
それはともかく「キュア」の曲とこの映画の世界観は、お互いに響きあう素晴らしいマッチングをめせただろうな〜ということで「Disintegration」より「ピクチャーズ・オブ・ユー」





スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄ー ̄)しかし❗実際に危険です。ハサミ✂ではなく凶器です👽どんなに心が美しかろうと、、この映画観ましたけど忘れてますね(笑)義手にするとか、申請してみればいいのに👼
Posted by ともちんと at 2016年10月25日 17:54
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)
いやそれは、実際に危険ですが、、それを言っちゃあおしまいです(^_^;) 個人的には、このハサミとは飛び抜けた才能の象徴で、その才能ゆえに傷つくというように解釈しましたが・・・・・
Posted by ヒラヒ・S at 2016年10月25日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック