2017年02月15日

『バベル』悲劇が対話を奪う映画・ネタバレ・あらすじ・ラスト・意味

残酷な世界を生きる者達



評価:★★★★  4.0点

映画の題名「バベル」の塔の物語は、旧約聖書の「創世記」11章にあらわれる。
ノアの子達は天に届く高い塔を作ろうとしているのを見て、それを見た神は人間が一つの民で一つの言葉を使っているからだと考えた。
主がそこで、全地の言葉を乱し、そこから人を全地に散らされた。
この映画は、そんな言葉が乱れ、各地に人が分散したがゆえに発生した、コミュニケーションの断絶による悲劇を描いた映画だ。

バベルあらすじ

モロッコに住む、幼い兄弟のアフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)は、親からジャッカル退治用に一挺のライフルを手渡される。遠くまで届くと聞いていたので、ユセフは山道を走るバスを狙って一発の試し撃ちをした。その観光バスには、子供を失って関係が険悪になった、アメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、夫婦の絆の修復のためツアーに参加していた。ユセフの放ったライフルの弾頭はスーザンに命中する。リチャードはスーザンを抱え医者がいる村へたどり着く。夫婦にはアメリカに、兄のマイク(ネイサン・ギャンブル)と妹のデビー(エル・ファニング)が留守宅に、メキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラッザ)と共にいた。リチャードとスーザンが帰国できなくなり二人の世話を求められたアメリアは、息子の結婚式を控え、是が非でも出席したいので、子供たちを連れてメキシコ国内に行くことにする。モロッコでは犯行に使われたライフルの所有者が、日本人の会社員ヤスジロー(役所広司)だと判明し、その娘の聾唖である高校生の娘チエコ(菊地凛子)も警察の聴取を受けた。会社員ヤスジローと娘チエコは最近母が自殺したことで気分が落ち込み、溝が深くなっていた。チエコは友人たちと渋谷で遊び回り、自宅に若い刑事(二階堂智)を呼び出した・・・・・・・
息子の結婚式を済ませ乳母アメリアは、国境を越えようとした時、飲酒運転がバレた甥のサンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)が、強引に検問を突破し逃げ回った挙句、アメリアと子供たちを砂漠に置き去りにして逃走してしまう・・・・・

(原題 Babel/製作国アメリカ/製作年2006/上映時間143分/監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ /脚本ギジェルモ・アリアガ)

バベルあらすじ


2006年カンヌ国際映画祭 監督賞
2006年ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門)


========================================================

バベル感想・解説

========================================================

babel-brado.jpgこの映画に登場する人々は、多かれ少なかれ断絶を抱えている。

例えばアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)は、子供を喪いお互いに対して信頼を持てなくなったように見える。


Babel-kids.jpgそのアメリカ人の妻をライフルで撃ってしまうのは、モロッコに住む幼い兄弟の悪戯からだった。
この二人の少年の間にも、聖書「カインとアベル」の兄弟のように、弟のライフルの腕前が上であったり、妹が弟に好意を示している姿に、兄の嫉妬をもとにした確執があった。
その悪戯の発端には、兄弟間の小さな言葉の応酬があったのであり、つまりは、二人の間のコミュニケーションの摩擦が元だと言うこともできる。


babel-buraTel.jpg撃たれたアメリカ人夫婦はモロッコの田舎町で、他のツアー客と揉めながら何とか救援を待とうとするが、テロ事件を恐れるバスが出発し、その言葉も通じない町でひたすら援助を待つ。
アメリカ大使館はモロッコ政府との話し合いに手間取り、モロッコ政府は救急車を出す筋合いは無いと突っぱねる。

babel-ameria.jpgそんなストレス下にあるアメリカ人の夫リチャードが、息子の結婚式だから世話できないと主張する乳母アメリアの話を聞きもせず、幼い姉妹の世話を押し付けたのは致し方ない成り行きだっただろう。
そして、幼い子供の世話を押し付けられたアメリアが義務と権利を行使する方法が、幼い姉妹を伴ってメキシコ国境を越えることしかなかったのも事実だ。


Babel-yaku.jpg
事件に使われたモロッコ人の兄弟が持っていた銃は、役所広司演じる会社員ヤスジローがモロッコで狩猟をした時、そのまま現地のガイドにプレゼントしたものだった。

そのヤスジローは妻を自殺で亡くし、娘の聾唖者、女子高生のチエコとも上手く心が通じ合わない。

結局、アメリカ人夫婦と、日本人の親子は、裕福で容易に安全に生活を積み重ねて来ても、家族の一つの命の喪失がお互いにコミュニケーションを不可能にしてしまう。

そして、モロッコとメキシコの家族は貧しくとも、密なコミニュケーションを持っていたが、偶発的な事故によって命の危険に曝される。

babel_Burapi.jpg
この映画は、そんな一組のカップルに生じた事件・事故は更に、別の家族に波及し、波紋が広がるように歪みが大きくなっていく様を描いて、「人の世」と言うのが連関し、摩擦は摩擦を生む様を世界的なスケールで描いた秀作だと感じた。


つまるところ、バベルの神話ではないが、世界は一つの民族一つの言葉でなくなり、分断と分散が人と人の間にあるのが当たり前になった。

そんな他者との境界線を生きる人類に対する、哀しい運命を描いて力が有る。

そしてまた、最後にヤスジローと娘チエコに仮託して描かれたのは、間違いなく言葉を超えてつながる「魂の結びつき」であったように思えてならない。

========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降の文章には映画を見なければ判らない細部を語っています。

バベル・ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

翌朝、メキシコ国境近くの砂漠で灼熱の太陽に意識が薄れていく子供達、泣きながら助けを求めるアメリア。
babel-ameria2.jpg
結局子供達は救助されたが、アメリアはアメリカに居られなくなった。

リチャードは衰弱しているスーザンと、久々に語らい病院へと向かう。
Babel-BraPi.jpg
スーザンは無事退院しアメリカに戻る。


モロッコの兄弟は追い詰められ、兄が警官の手で射殺されてしまう・・・・・
babel-moro-bro.png

そして、娘チエコは全裸で呼び出した刑事に求愛をするが、拒否された。
babel-cry.gif

========================================================

チエコの母の自殺


babel-pos.jpgこの映画の核心は日本人家族、父ヤスジローと娘チエコ、そして自殺したヤスジローの妻、チエコの母が、その鍵を握っているように思えてならない。

映画自体で語られた情報として、娘はバルコニーから自殺したと言い、夫は銃で自殺したと言う。
夫が警察にも何度も説明したと言うところを見れば、間違いなく銃による死であるだろう。

そして、その第一発見者は娘のチエコだったにもかかわらず、チエコはバルコニーからの投身自殺だと刑事に嘘を言った事になる。

たとえば、可能性として父親か娘が銃で母を殺害して、ライフルを証拠隠滅のためにモロッコの猟の際置き去りにしたという可能性もある。だから、チエコが投身自殺だと嘘を付いたというものだが・・・・・
正直、警察の事情聴取も終わっていて、銃とライフルを取り違えるはずはない。仮にライフルで死んでいてその凶器の行方を探さないはずはないし、更に父と娘の間に共謀が有ったとしても、ライフルを持った猟の写真をわざわざ飾っておくのも不自然だと思える。

更に想像すれば、父と娘の間に性的な関係が有って、それを知った母が自殺したとも考えられる。母に死なれたチエコはもう父とは抱き合えず、父と同年代の男たちに性的な関係を迫るというものだ。
しかし、映画の描写としてこの父と娘の間に、性的関係の影を個人的には感じなかった。この娘は、傷つき、混乱してはいるが、それはむしろ母の死を契機として生じた精神的苦悩から生じたと見る方が自然だろうと思われる。

そう考えてきたとき、多分、母はなにも言わず唐突に死んだのではないか。
前触れもない死は、その周囲の人間に、自らに非が有りはしなかったかという問を突きつけるはずだ。
babel-monster.gifしかも聾唖者で子供の頃から面倒を見てもらった母娘の間に、強い依存関係があったと思えば、娘は自責の念を深く激しく感じたのではなかろうか・・・・・・
そして、第一発見者でありながら、母の死を納得できず、父と話し合うこともできず、そんな苦悩の中で母が突然ベランダから飛び降りたという情景として記憶されたとしても、彼女を責める事もできまい。(上:私たち(聾唖者)のこと怪物だと思っているんだ)

個人的には、母の自殺は突然で周囲の者にもその原因は明確に分からないがゆえに、この映画のテーマ「コミュニケーションの不在」が際立つのだと感じた。

チエコの手紙


それでは上記の母の自殺を踏まえて手紙の内容を推測して見たい。
手紙とは、刑事が彼女を諭し、それにたいして手紙をチエコは渡す。その内容は、劇中では語られないので、観るものの想像に任されている。
この手紙を読んだ後に、刑事がそのまま酒を飲み続ける事から、事件に対する真相を打ち明けた内容というより、今現在のチエコの精神状態、なぜ刑事に抱かれたかったかを語った内容だったと思われる。
以下は手紙の内容を想像し書いたものだ。

突然ふしだらな事をして申し訳ありませんでした。
最近の自分は、母が自殺してからの自分は、自分でもどうなってしまったのか分かりません。
あの母が何も言わずに居なくなって、その理由がいくら考えても私には分かりません。
私の障害の為に苦しませたのだろうか、私が遊びすぎたのが原因なんだろうかと考えても答えは出ません。
そんな事ばかり考えているうちに、人と人が本当に理解しあう事が可能なのかと思えてきました。
私は孤独に苛まれ、誰も信じられなくなって、誰かが本気で私を求め、つながりたがっているという確信が欲しくなったのです・・・・・・・だから、誰かにSEXをとおしてでも、私を求めて欲しかったのです。
しかし、刑事さんを求めた時に、私には本当に求めているものが分かったような気がします。
本当に話し合いたい、本当に解り合いたいのは父だったのだと。
父と母の事を話したくとも、父はそのことを避けて語ろうとしません。
でも、そのことを避けていれば、私達は生涯お互いを許せないでしょう。
だから、父と話して見ます・・・・刑事さんの前に裸で立った勇気を持って。
それ以外に私達二人も、そして母も救われる道はないと思えるのです。

========================================================
バベル・ラストシーン
========================================================

そして日本では、チエコをヤスジローが抱きしめるのだった。
静かに、互いの温もりを分かち合うかのごとく・・・・・

分断された人のつながりを如何に再生すべきかの希望を描いた良い映画だと思う・・・・・・

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:23| Comment(4) | TrackBack(1) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(´・ω・`)お〜これちゃんと観てないですね💦何か深い(笑)すごい人たちが出てますよね。ちゃんと観ないと。ケイトさんだったんですね。
Posted by ともちん at 2017年02月15日 18:29
昔これ観て???になりましたわ(*‘∀‘)
そこそこ年齢行った今観たら評価も変わりそう〜。
今更ながら豪華俳優ですね(*‘∀‘)
Posted by いごっそう612 at 2017年02月15日 20:20
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)なかなかヘビーな内容でしたが・・・この監督の実力が遺憾なく発揮された一本ではないでしょうか・・・謎は残りますが(^^;
Posted by ヒラヒ・S at 2017年02月15日 20:24
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)謎は残りますよね〜スッキリ明快ではないだけに後を引くという・・・・・しかし名作だと思いましたm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年02月15日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446564124

この記事へのトラックバック

『バベル』
Excerpt: 『バベル』 こんな夜中に、こんな映画を観てしまった・・・・・。 ただひたすら絶望感を与え続けられたような2時間。 時間軸をずらした構成は面白かったけれども、 テーマが重すぎた。..
Weblog: 観・読・聴・験 備忘録
Tracked: 2017-02-15 20:10