2017年03月08日

映画『アメリ』パリのメンヘラ少女の恋・ネタバレあらすじ・感想・ラスト

アメリ風レヴュ〜セルフィシュソース添え



評価:★★★★  4.0点

原題の "Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain" とは 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」という意味。

その題のように不思議少女のアメリが、パリ・モンマルトルを舞台に「コミ症・メンヘラ」状態を脱するまでの波乱万丈を、愛らしいガトーのように描いて大ヒットした。


アメリ・あらすじ


少女の頃から空想の世界で遊ぶのが好きだったアメリ(オドレイ・トトゥ)は、22歳となったが人との付き合いが苦手で、古いアパートで一人暮らししている。彼女はクレーム・ブリュレの表面をスプーンで割る、ameri skip.gifパリを散歩しサン・マルタン運河で石の水切りをするなど、
一人の密かな楽しみと空想にふける毎日を送っていた。

モンマルトルのカフェで働く彼女は、自らの存在を隠したまま、父親の庭の人形を密かに世界旅行をさせたり、戦場から戻らない夫の手紙を捏造し妻に届けたり、更には隣のアパートの意地悪な住人に嫌がらせするため不法侵入したりと、様々な悪戯をする。

ameri-nino.gifアメリはそんなある日、不思議な青年ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に出会い恋をする。彼は、スピード写真のボックス下に捨てられた、他人の証明写真を収集する趣味を持っていた。アメリはニノが置き忘れたスピード写真収集アルバムを手に入れ、これを返すことで彼に近づこうと計画する。しかしアメリは内気すぎて対面してニノと話すことがもきない。さて、二人の運命は・・・・・

(原題 Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain・英語題 Amélie/製作国フランス/製作年2001/121分/監督ジャン・ピエール・ジュネ/脚本ジャン・ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン)


========================================================

アメリ感想・解説

========================================================

映像イメージの     コラージュ。  
 
    モンタージュ百花繚乱

過去の 映画や 写真の アウトレット・ バーゲ ン セ ー ル
 
この映画の色彩ヌーヴェル・バーグ初期 → カラー作品の色に似せて。

ノスタルジア
    思い出の映画達。     
      POP、   エスプリ、  モノローグ
  など
     など 〜 フランス映画のトラディッション。  アムールっす(^^)

ことほどさように、この映画は
           過去の映像の断片コレクションパッチワーク。

ameri-janpoer.jpgジャン=ピエール・ジュネの映像作家ヌーベルバーグ宣言
  
    
    アメリカ体験=エイリアン4の反省?!

 ルイ・マル監督地下鉄のザジ』への、オマージュ
                  チラ 
                   ちら、
              ほろり
ルイ・マル監督『地下鉄のザジ』

ストーリー全体にオヴァーラップする、ヒッチコック監督『裏窓』

 現実
    直
     接
      ふれ合わずに、世界と対峙すること。

 映画と、イマージュの、共犯性
 
 映像===アメリの
               〜揺れる
                   〜心を映像化?
 
 心象風景を表す、移動カメラ、特殊効果FXCG
                 カット割りの嵐CM手法、映像内映像。

アメリ → 空想を現実に移し替える=幸福をもたらすいたずら?

 アメリ → 現実との接触は眺める視線=触れ合う事のない傍観者。

アメリ → 証明写真に写る謎の男の真実====想像世界の陳腐→ 
 
 アメリ → → → → 現実と直接抱擁 = ハグする覚悟
 
アメリ → → → 頑張れ が ん ば れ!
 
!!ガンバレ!!!アメリ(笑)
 
 ハッピーフィナーレ\(^▽^)/
 
・・・・がんばって一歩ススム・・・・・見えないセカイがミエル・・・カモ・・・・・

・・・ミンナシアワセニナレタライイネ・・・・・・・・FIN

ameri-cream.gif


========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降

アメリ・ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

(あらすじから続く)
内気なアメリは、宝探しじみた謎のメッセージをニノに送り、ニノはアルバムを探してモンマルトルの丘を右往左往し、アルバムを取り戻した。
どうしても、ニノの前に出ることができない彼女を、想像上の友人や、アメリを見守ってきたアパートの同居人らが、励ます。
ニノはアルバムに入っていたメッセージの送り主の写真を頼りにアメリを探し回り、アメリのばら撒いてきたヒントをたどって、アメリのアパートにたどり着く。

TV:私の可愛いアメリや・・・・お前の骨はガラス製じゃない、人生の扉を開けられるんじゃ。もしそれを変えなければ、最後はお前の心は、脆く干からびてワシの骨のようになってしまうぞ。行って捕まえろ!後生だから!(ドアを開けるアメリ、前にニノ)/ニノ:僕は、ア・・・

アメリはドアを開け、「彼=他人」と向き合い、そして迎え入れた。

========================================================

アメリ・ラストシーン

========================================================

アメリとニノは結ばれた・・・・・
ameri-bed.gif
そして二人は幸福を乗せて、現実を突き進むのだった。
ameri-scute.gif


リア充アメリ・・・ミンナシアワセニナレタライイネ・・・・・・・・FIN


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄▽ ̄)これ観なきゃと思ってるんですが。面白そうですね♪色が綺麗というか(笑)クレーム・ブリュレ食べたくなりますね。
Posted by ともちん at 2017年03月08日 18:19
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)なかなか面白かったです。当時女の子達に大人気でしたね〜(笑)グランドブタペストホテルのような絵作りですけど、こっちが先ですm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年03月08日 18:30
『アメリ』未だにファンが多い作品ですよね〜。
しかしいまだ未見・・
何か苦手な予感がします。
Posted by いごっそう612 at 2017年03月09日 10:02
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)女性陣には『アメリ』は絶大な人気を誇りますね。何か苦手な予感というのも、わかります・・・・・実際イタズラし続けるだけで、事件らしい事件もありませんしm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年03月09日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447712437

この記事へのトラックバック