2017年03月23日

『椿三十郎』詳しいストーリー・あらすじ/黒澤時代劇のルーツを求めて

椿三十郎(ストーリー編)


評価:★★★★★ 5.0点

実は黒澤監督の時代劇とは、過去のチャンバラ映画とは隔絶した表現がされていました。
そのルーツはハリウッドの西部劇にあるのではないかと個人的には思えます。
この作品『椿三十郎』は、最もそんな西部劇的な要素が象徴的に出ていて、見過ごせない一本だと思います・・・




椿三十郎あらすじ


夜の神社、薄暗い社殿で、九人の若侍が腐敗した藩の改革に熱い議論を交わしている。

sanjyurou-jinjya.jpgその時、物陰で寝ていた、薄汚れた中年の浪人者(三船敏郎)が表れ、若侍たちは色めき立つ。それを制して、話を聞いていた浪人が言うには、若侍達が頼りにしている大目付の菊井(清水将夫)が藩の不正の黒幕だといった。

若者達は怒りだすが、社殿は大目付の配下によって包囲されていた。
sanjyuurou-nakadai.jpgこの上は斬り死にするという9人を制して、その浪人一人が外に出た。たちまち数人を叩き伏せ、これ以上まだ続けるかと啖呵をきった。
それを見た大目付側の懐刀、室戸半兵衛(仲代達矢)は捕り方を下がらせ、浪人の腕をほめ仕官がしたければ訪ねて来いと言い残して去った。

sanjyurou-jinnjya.jpg


浪人は、意気消沈している若侍を見て、「危なくて見てられねぇ」と助太刀をすることにした。


藩では大目付が不正を糊塗するために城代家老を拉致し行方がわからない。
sanjyuurou-sijyuurou.jpgその家老の夫人(入江たか子)と娘・千鳥(団令子)が監禁されていたのを救い出し、若侍・寺田(平田昭彦)の家に庇護した。寺田の家の隣家は椿屋敷の別名を持つ、黒幕の黒藤のものだった。
浪人は家老夫人に名を尋ねられ、椿を眺め
椿三十郎と名乗った。

一同は、捕らわれの城代家老の居場所を探し、黒藤(志村喬)か菊井か竹林(藤原釜足)の家のいずれかに監禁されていると目星を付けた。
sanjyuurou-sake.jpgしかし意見が割れてるのを見て、三十郎は敵の参謀・室戸を直接訪ね、情報を得ようと酒を酌み交わす。
室戸は三十郎を味方につけようと、菊井、黒藤の汚職の実態を話し、自分の相棒になればこの藩を好きにできると誘った。

そんな時、若侍の保川(田中邦衛)、河原(太刀川寛)は、三十郎を信用できず、三十郎の後をつけ、またその保川、河原が何をするか心配だと、井坂(加山雄三)ともう一人とともに出かけた。
しかし、室戸に見つけられた若侍は捕縛された。
sanjyuurou-hobaku.jpg

sanjyuurou-kiri.jpg三十郎は四人を救うため、隙をみて番人を斬り殺し、自分を縛らせ四人を逃がした。
室戸は怒り三十郎の仕官を白紙に戻す。
若侍の元に帰った三十郎は、いらぬ殺生をしたと怒鳴りつけた。

sannjyurou-syouko.jpg
家老探しが振り出しに戻り困っていると、椿屋敷から通じる川の流れに家老母娘が証拠の紙片を見つけ、家老は黒藤の家にいると思われた。

しかし黒藤の警備が厳重で手を出せない。
三十郎は一計を案じ、光明寺の山門で寝ていると若侍と反対勢力が集ってくるのを見たと、黒藤家に嘘を言い警固の一隊は光明寺に向わせた。
sanjuro-mituke.jpg

上手く事が運んだと、合図の赤い椿を流そうとした。
しかし、光明寺には門が無いと気付いた黒藤家の者がいて、三十郎は捕われの身となる・・・・・・・・

椿三十郎予告





椿三十郎・出演者

船敏郎:椿三十郎/仲代達矢:室戸半兵衛/加山雄三:井坂伊織/平田昭彦:寺田文治/田中邦衛:保川邦衛/太刀川寛:河原晋/久保明:守島隼人/波里達彦 :守島広之進/江原達怡:関口信伍/松井鍵三:八田覚蔵/土屋嘉男:広瀬俊平/小林桂樹 :見張りの侍A(木村)/伊藤雄之助:城代家老睦田/入江たか子:睦田夫人/団令子:睦田娘千鳥/清水将夫:菊井(大目付)/志村喬:黒藤(次席家老)/藤原釜足:竹林

(製作国・日本/製作年1962/95分/監督・黒澤明 /脚色・菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 /原作・山本周五郎/英語題 Sanjuro)


========================================================
スポンサーリンク

========================================================

この映画の前作にあたるのが『用心棒』です。


この映画も、マカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』に無断盗用されたほど、強いインパクトを世界に与えた作品でした。


当ブログ関連レビュー:
セルジオ・レオーネ『荒野の用心棒』
映画の伝播と拡散について




またこの映画をリメイクというよりはコピーした、森田芳光監督の椿三十郎もありました・・



当ブログ関連レビュー:
森田芳光『椿三十郎』
リメイク映画の壁




スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄▽ ̄)スターウォーズってチャンバラですね。昔の映画をパクってる作品って多いんだなぁ〜と。荒野の七人と似たシーンがありますね(笑)歴史は繰り返すのでしょうか・・・加山雄三さんだけ知ってました💦散歩の番組やってる人(笑)
Posted by ともちん at 2017年03月23日 18:05
>ともちんさん
ありがとうございます((^^))スターウォーズもろですね。なにがしかの映画をパクってますよね〜パクってパクられて(^^;・・・加山雄三と、田中邦衛もモノマネで(笑)
ところで今後は、ストーリー、感想、ネタバレに分けてあげてこうかと思っておりますm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年03月23日 19:12
新たな試み来ましたね〜読んでちょどいい長さだと思います。
どうなるかまた結果を教えてくださいね〜。
Posted by いごっそう612 at 2017年03月23日 19:39
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)こんなにあっさりで良いんでしょうか・・・・ちょっと不安です(^^;
Posted by ヒラヒ・S at 2017年03月23日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック