2017年04月17日

映画『麗しのサブリナ』再現ロードショー/ストーリー・あらすじ・感想・オードリー作品紹介

麗しのサブリナ(ストーリー・あらすじ 編)


原題 Sabrina
製作国アメリカ
製作年1954年/113分
監督ビリー・ワイルダー
脚色ビリー・ワイルダー、サム・テイラー、アーネスト・リーマン
原作サム・テイラー


評価:★★★★  4.0点



ヘップバーンの映画出演2作目は、ボギー、ハンフリー・ボガードを相手に、鮮烈な魅力を見せています。
『ローマの休日』の時はノーブルな輝きを発していましたが、この映画では等身大の20歳の瑞々しい美しさで、見るものを魅了します・・・・・・・・・・・

『麗しのサブリナ』紹介動画


麗しのサブリナあらすじ


大富豪ララビー家では、今晩もパーティーが開かれ、華やかな音楽で人々が踊っていた。
sub-moto.gif
その様子を木の上から見ているのは、ララビー家のお抱え運転手フェアチャイルド(ジョン・ウィリアムズ)の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)だった。

彼女の眼差しの先には、ララビー家の次男デビッド(ウィリアム・ホールデン)がいた。
テニス・コートで美しい女性と踊るデビッド、サブリナは彼に恋心を抱くも相手にされない。
絶望して車のエンジンを全て掛け、ガレージの扉を閉め自殺を図る。
sub-garre.gif
そこにララビー家長男ライナス(ハンフリー・ボガート)が来て、救い出した。

sub-pari.gif彼女の父フェアチャイルドは身分違いのデビッドへの恋を忘れさせるため、サブリナをパリの料理学校に留学させる。
サブリナは料理学校で学びながらも、デビッドの事が忘れられない。


そして2年後、パリから戻ったたサブリナは、洗練されたレディーになっていた。
sub-david-car.jpg
サブリナが駅で父を待っていると、そこを通りかかったデビッドが声をかけた。
(右上サブリナ:おいで、デビッド/右中デビッド:デビッド?その犬の名前はデビッドかい?/サブリナ:ええそう/右下デビッド:こりゃ笑える、僕の名前もデビッドだよ。)

そして、サブリナと気づかずに家に送り届けるほど、華麗な変身を遂げていた。

そして、婚約者の実業家タイソンの娘エリザベス(マーサ・ハイヤー)いるにもかかわらず、その晩のパーティーで、サブリナの美しいドレス姿を見たデビッドは完全に恋に落ち、サブリナに夢中になった。
sub dance.gif
サブリナとダンスを踊るデビッドは二人きりで会おうと約束する。

しかしエリザベスとの結婚は、ララビー家とタイソン家の会社事業合併がかかっていた。
サブリナしか目に入らないデビッドに、父オリヴァー・ララビーは、運転手の娘をどうするのだと一喝した。
それを見ていた、兄ライナスは弟の尻ポケットにワイングラスがあるのを知り、デビッドの味方を装って座って話そうと促し、デビッドの尻に数週間の裂傷を負わせた。
実は会社経営を一手に引き受けているライナスは、弟と実業家タイソンの娘エリザベスを結婚させ、会社合併による事業拡大しか考えてなかった。
その障害となるサブリナを自らが誘惑するため、弟はベッドから動けない方が都合が良かったのだ。
【大意】ライナス:ミルウォーキーのビール工場?/サブリナ:ええ、ミルウォーキは有名だから好きよ。/ライナス:乾杯!/サブリナ:このメロディー、私が出発する前の晩に流れていた。デビッドはここにいて、他の女性と踊ってた。今晩は私と踊って欲しかったなあ。/ライナス:家族として。/父親:どうやって、全ての破片を取り除いたか分かるんだね?/医師:簡単ですな。破片でシャンペングラスを作る。君に痛みを与えてないがね、ここは麻酔が効いてる。/デビッド:アンタじゃない。この曲が・・・/ライナス:サブリナ、もしデビッドがここにいたら、君はキスしてもらいたいと思ったろうね?このキスはデビッドから。家族として。

その夜デビッドをテニスコートで待つサブリナの元にライナスが現れ、彼女と共に踊った。
subrina-yot.jpg
そして、次の日からデビッドから頼まれたと言い、レストランや観劇、ヨット遊びに映画と、ライナスは毎日のようにサブリナをデートに誘いだした。

最初は仕事ばかりの堅苦しいライナスを敬遠していたサブリナも、ライナスの元の彼女の話や、社長室から飛び降りたくなることがあるという話を聞くうち、その人間的な側面にじょじょに親しみを持つようになる。

saub-car.jpg
また、デートを重ねるうちに、事業の為にサブリナを欺く積りだったライナスも、心の中でサブリナを愛し始めていた。


sab-ship.gifそんなある晩、サブリナはライナスに傾く気持ちに混乱し、もう会わないとライナスに告げるため彼の社長室を訪ねた。

しかしライナスの机にあったのは、パリ行の客船のサブリナとライナスのチケットだった。
2人でパリに行けるのだと、サブリナは喜んだのだが・・・・・・・


Film2-GrenBar.png

スポンサーリンク


Film2-GrenBar.png

この映画はオードリーの美しさと、ロマンチックな曲が、その華麗な味わいを作り上げていると思います。
その名曲「ラ・ヴィ・アン・ローズ=バラ色の人生」を、紹介せていただきました。


またこの映画は『サブリナ』という日本名で、1995年ハリソン・フォードを主演にリメイクされています。
『サブリナ』予告



Film2-GrenBar.png


当ブログレビュー:オードリー・ヘップバーン作品集


『ローマの休日』
オードリーデビュー作
ロマンチックコメディーの不朽の名作
『昼下がりの情事』
パリのオードリーの恋
ビリーワイルダー監督作品
『ティファニーで朝食を』
都会のおとぎ話
妖精オードリーの代表作
『いつも二人で』
オードリーの結婚倦怠期
運命の恋の行方
『許されざる者』
オードーリーの西部劇
バート・ランカスター主演、 ジョン・ヒューストン監督


http://hirahi1.seesaa.net/article/440833662.html
スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 17:00| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄▽ ̄)サブリナパンツ発祥の映画だと聞いたような。今も普通に売ってますね。オードリーさんだから素敵なのであって(笑)リメイクはやめてもらいたいくらい嫌です(笑)はぁ〜美しい。
Posted by ともちん at 2017年04月17日 18:22
>ともちんさん
ありがとうございます((^^))そ〜ですサブリナパンツ発祥の映画でした。リメイクはキツイですよね〜オードリーの美しさは、バレリーナの鍛え上げた体に有るように思います🎵
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月17日 18:50
サブリナパンツ・・・(;゚Д゚)
なるほどそう呼ぶんですね〜。全然知らなかったです(^^;
嫁に聞いたら普通に知ってましたね(笑)
Posted by いごっそう612 at 2017年04月18日 15:24
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)サブリナパンツ男は知らないですよね~~七分丈っていって笑われたことがあります(^^;
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月18日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック