2017年04月01日

『パッセンジャー』宇宙のタイタニック・ストーリー・結末・ネタバレ感想

宇宙のタイタニック


原題 PASSENGERS
製作国 アメリカ
製作年 2016
上映時間 116分
監督 ロバート・クローズ
脚本 マイケル・アリン



評価:★★★   3.0点

この映画は、『タイタニック』の世界観を宇宙空間で繰り広げた、壮大なラブ・スペクタクル映画だと思います。
宇宙船の作り込み、SFの道具立てはなかなか説得力がありました。


『パッセンジャー』あらすじ



pass-pod.jpg
豪華宇宙船アヴァロン号が新たなる殖民惑星を目指す5000人のパッセンジャー(乗客)を乗せ、航行していた。
到着まで120年、その間冬眠装置で眠り続ける予定だったが、船が流星群に突入し船は損傷を受けた。
エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)の睡眠装置が、そのショックで開いてしまう。
pass-hunmer.gif
一人起きた彼は、船の中で一人死んでいく運命に納得できず、船内で救済策を探すが、乗組員(クルー)のIDを持たない彼には限界があった。


pass-arter.gif彼は1年の間アンドロイドのバーテンダー・アーサー(マイケル・シーン)だけを相手に過ごしていた。
しかしジムは、冬眠ポッドを見ているときに、作家のオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)を見つけ惹かれる。
ジムはオーロラを眠りから覚まさせたいとの衝動を覚えるようになった。
pass-o-rola.png
そして罪だと知りつつ、ついにオーロラを起こしてしまう。
しかしオーロラには、それを事故だと思わせた。
それから二人は、船内ただ二人の人間として徐々に親しくなり、恋人同士になった。
しかしオーロラの誕生日、アンドロイドのサムは、ジムが人為的にオーロラを起こした事を話してしまう。
オーロラは、人生を奪った、殺人者だと、ジムを責めた。
以後オーロラは、ジムが仲直りの努力をしても寄せ付けず、関係は冷え切った。

Pass-gus.jpgしかしある日、乗務員ガス(ローレンス・フィッシュバーン) も、冬眠ポッドの故障で眼を覚まし二人の前に現れた。ガスはこの船が故障をし始めていて、このままだと船は破壊されると警告し、船内のシステムを三人で直すしかないと語った。

船が暴走を始める中、ガスの体は冬眠後遺症で死が迫っており、ついにガスは死んでしまう。
残された、二人に船を救う任務が託された。
pass-bust.png
二人は原子炉のコンピューターシステムが、隕石の影響で損傷を受け、原子炉が加熱し爆発寸前である事を突き止める。原子炉のベントを開き熱を排出するためには、宇宙空間に出て、手動で弁を開かねばならない。ジムは宇宙空間で弁を開こうとするが、手で開き続けなければ弁は直ぐ閉鎖してしまう。
灼熱の炎の通りすぎる場所で、ジムは中で操作するオーロラに炎を排出しろと告げるが、オーロラはあなたが死んでしまうと反対し「あなたが死ぬときは私が死ぬときよ」と叫ぶ・・・・・・



『パッセンジャー』出演者


オーロラ(ジェニファー・ローレンス)/ジェームス・プレストン(クリス・プラット)/アーサー(マイケル・シーン)/ガス・マンクソー(ローレンス・フィッシュバーン)

========================================================

『パッセンジャー』感想・解説

以下の文には本映画に関する悪評が含まれます。ご注意下さい。
========================================================

1億1千万ドルの制作費をかけたこの映画。
Film-katinko.jpg
世界収益2億7千万ドルを2017年1月で売り上げた、バリバリのハリウッドブロックバスター映画です。

もう元を取りましたかね・・・・・
まだまだロードショウ中、もっと儲かりそうでスモンね。

じゃ〜言っちゃいます。

この映画基本的には、タイタニックを宇宙船に置き換えたラブストーリーです。
pass-Titanic-GIF.gif

たぶん製作者の目論見としては、SF要素とパニック要素で「ゼログラビティー」のように、男性客を取り込み、更に恋愛要素で女性客も取り込み、その相乗効果で、大ヒットを狙ったものかとも想像します。

ところが、個人的に思うのは「SF」と「恋愛」の組み合わせって、実に「喰いあわせ」が悪いという・・・・
pass-long.jpgどーも宇宙空間という未来世界では恋愛が身につまされないというか、真実味がないというか・・・・・・・
たぶん、「恋愛ドラマ」は現実を背景にしないと、見るほうに強く訴えないじゃないかと思うんです。


タイタニックだって歴史劇だと言われるかもしれませんが、歴史劇とは過去の現実という意味ですから、本当にあった恋愛ドラマとして心に響くと思うんです。

そもそも、「恋愛劇」は恋する世代が我が事として感情移入が出来なければ、成功が難しいジャンルでしょう。

しかも、出来れば女性が素直に自分を仮託出来るシチュエーションが望ましいわけで・・・・・
それゆえ、最近ヒットした恋愛劇は「ブリジットジョーンズの日記」とか、日常を背景にした形が多いのでしょう。

その対極にSFはあるはずです。
Film.jpg
つまりSFとは、非日常であり、その未来に起こる「恋愛」とは、まだ発生していない、「幻の恋」だと、映画側が発信しているのです。

それは、この映画のように未来世界のデザインが優れていればいるほど、より非現実性が強くなると思うのです。

さーそこで、タイタニックです。
コチラも非日常の歴史劇だと思われるでしょうが、実はこの作品が描いたのは「古典的恋愛劇」で、それは歴史を舞台にしなければリアリティーを持って描けないのです。

なぜなら、古典的恋愛劇とはロミオとジュリエットのような「運命の恋」「神の定めた愛」であって、そういっちゃ〜なんですが現代でこんな古典的恋愛劇を描こうものなら、相当へんてこな思い込みの強い女の子を主人公にしなければ、成立しないんじゃないでしょうか。

つまり「恋愛劇」は、現実的に発生し得る「現代恋愛劇」か、歴史的に発生した「古典的恋愛劇」でなければ、成立し難いと思うのです・・・・・・

pass-oloa.jpgけっきょくこの映画は、「古典的恋愛劇」をSFで描けるかという挑戦の果てに、あまり上手く行かなかった作品だと個人的には思えてなりません・・・・・・

たぶんそんな「古典的恋愛劇」を強める為に「眠りの森の美女=オーロラ姫」の名を冠し、目覚めたあと「船の故障=龍と格闘」をさせたのでしょう。


しかし、ほんといろいろ、矛盾も、物語の感情的な流れの不整合もあって上手く行っていない・・・・・・

一番問題なのは、寂しいからって起こしちゃだめでしょっていう・・・・・・・

こんなワガママな男だったら、いっそ女性目線にして・・・・・・
ここから私の妄想映画館ですおヒマな方はお付き合い下さい
起きたら彼がいた。
冬眠装置の故障で彼も起きたらしい、何も知らない私を優しく助けてくれ、恋に落ちた。
しかしある日バーテンダーのアーサーが言った。
あなたで5人目です。
皆さんキレイな方でしたが・・・・飽きっぽいんでしょうか・・・・
気が付くと、後ろに冷たい眼をしたジムがいた
きゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜

pass-syco.jpg

当ブログ関連レビュー:ヒッチコック『サイコ』
サイコ・ホラー元祖映画
あらすじとネタバレ・ラスト


失礼。
SFデザインは好みです。

映画「パッセンジャー」日本語吹替版テーマソング JUJU「Because of You」

========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降

『パッセンジャー』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

(あらすじから)


原子炉排気口から火柱が奔流し、ジムに襲い掛かった。船の原子炉の暴走は収まり、危機は去ったが、ジムも船の外に吹き飛ばされ宇宙空間に漂った。オーロラは必死に宇宙服を身にまとい、船外へと飛び出した。
ジムにあと少しというところで、オーロラの命綱が伸びきり手が届かない。
pass-catch.png
これまでかと思ったとき、ジムの命綱が横切ったのを必死に掴み船に戻った。しかしジムは心肺停止状態で、オートドク(自動医療施術装置)でかろうじて命を救った。

========================================================

『パッセンジャー』ラストシーン・結末

========================================================

元気になったジムとオーロラは、バーで酒を酌み交わし、プールに入りながら「hell of a life(地獄のような生活)」といいながらも、幸せな微笑を交わした。
そして、ジムはオートドク(自動医療施術装置)に冬眠機能があり、オーロラ1人だけならその装置で眠りにつけると説明する・・・・・・・オーロラの決断とは・・・・・・・
pas-las-doc.png
88年後目的の惑星に近づき、乗務員が目覚めた。
そこにオーロラのナレーションが流れる。
私は彼と共に素晴らしい人生を歩んだと・・・・・・・
pass-green.png

それを示すかのように船内は、彼らが生み出した緑の自然に満ちていた。


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 20:18| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おこんばんは〜(^◇^)これテレビで予告観ました。起こされて正解だったわけですね(笑)船内が清潔で無機質なのがいいですね〜おもしろそうです。
Posted by ともちん at 2017年04月01日 17:57
おおっと上映中映画観に行ったんすねヽ(・∀・)ノ
これは評判悪いけどどうかなあと思ったけど、読んでいたらやっぱちょっとそんな感じみたいですね(^^;
『タイタニック』の世界観を宇宙空間で繰り広げるのにはちょっと惹かれますが・・
レンタル待ちで・・
Posted by いごっそう612 at 2017年04月01日 18:05
>いごっそう612さん
ありがとうございます(^^)
スミマセン中途半端で上げてしまいました・・・・恋愛ドラマの新機軸ですが、SF恋愛映画で成功したのって・・・・「ブレードランナー」も恋愛じゃないし、ムずカしいですね(笑)
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月01日 21:13
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)予告スゴイですね。SF期待していったら見事に外されたという(笑)恋愛劇として女性目線なら楽しめるかもしれません。
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月01日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448635624

この記事へのトラックバック