2017年04月18日

『麗しのサブリナ』ネタバレ・結末・ラスト/オードリーとボギーとピアフ

麗しのサブリナ(ネタバレ・ラスト 編)


原題 Sabrina
製作国アメリカ
製作年1954年/113分
監督ビリー・ワイルダー
脚色ビリー・ワイルダー、サム・テイラー、アーネスト・リーマン
原作サム・テイラー


評価:★★★★  4.0点



ヘップバーンの映画出演2作目は、名監督ビリー・ワイルダーによって、優れた演出力でドラマに軽快さと華やかさを生んでいます。
この映画の脚本も複雑になるところを、うまく説明してダレない明快さ、都会的なコメディーの味わいは、本当に上手いなと思います・・・・・・・・・・・

『麗しのサブリナ』紹介動画

========================================================
========================================================
以降

『麗しのサブリナ』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

しかし、ライナス(ハンフリー・ボガード)もサブリナ(オードリー・ヘップバーン)に心惹かれながらも、会社経営こそ彼の人生だった。
sub-gone.pngライナスは、パリ行の船にはサブリナだけが乗るのだと告げた。自分はここに残ると。
サブリナは、そのライナスの言葉で全てを悟り「私は邪魔ものね」とつぶやき、パリに行くことを決めた。

その寂しげな後ろ姿を見て、サブリナが好きなのは弟デビッド(ウィリアム・ホールデン)だと信じているライナスは、デビッドをパリにやる決心をする。
それは、タイソン家との結婚、事業合併の約束を破棄するという事だった。
sub-shipgone.png重役会議の席で合併の書類を前にした、ライナス。
パリ行の客船が出航したのを見届け、「デイヴィッドは来ない」と口を開いた。
会議の場が騒然となる。

その時、会議室の扉が開いてデビッドが入ってきた。
彼は驚くライナスに「ライナスとサブリナが結婚と」書かれた新聞を見せた。
怒ったライナスが殴ると、デビッドは本当にサブリナが待っているのは兄貴だと言った。
sub-beat.png

今すぐタグボートで追いかけろと、埠頭にサリナスを走らせた。
================================================

麗しのサブリナ・結末・ラストシーン

================================================

パリ行の船で悲しげな顔を見せるサブリナ
そこに客室乗務員が、帽子を持ってきた。

船員:ご乗客の紳士が帽子を直して頂けないかと、ご所望でございます。/サブリナ:これを。

サリナスは、サブリナが言ったパリで傘は持っちゃダメという言葉に従った。

================================================

麗しのサブリナ・ラストのネタバレ感想

================================================

この映画がそれまでの恋愛映画と違っているのは、「運転手の娘=下層階級の娘」が「大富豪=王子様」を追いかけないところです。
sub-torio.jpg
それは、自分の状況を理解して、自ら「恋ではない人生=パリ行」の選択をする姿に、象徴的です。
sub-pants.jpg
つまりこの映画は、女性たちに恋ばかりではない、別の人生もあるのだというエールだったと思えます。


それは第二次世界大戦後の、経済的に発展する社会に登場した「職業婦人=働く女性」の、凛とした女性像だったと感じます。

そして、自分の人生をしっかり生き、自己実現が叶えば、恋だってついてくるというお話かと・・・・・

やはり、当時の時代が求めていた、モダンな女性像を演じさせたら、オードリー以上の存在はいないでしょう。

関連レビュー:オードリー・ヘップバーン『ローマの休日』
オードリー・ヘップバーンのデビュー作
モダンな女王の威厳

そして、この映画のオードリー「自己実現に向かう女性」とは、今日的なテーマでもあると思います。
関連レビュー:アン・ハサウェイ『プラダを着た悪魔』
自立した現代女性の生きる道とは?
アン・ハサウェイとメリル・ストリープの戦い



スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは( ̄▽ ̄)サブリナパンツスタイルが素晴らしいですね〜日本人と全然違う(笑)永遠のオードリーさんですわ♪
Posted by ともちん at 2017年04月18日 20:01
>ともちんさん
ありがとうございます(^^)ネタバレからみずらくてスミマセン〜ネタバレは、もしなんならパスでもm(__)m実はこのオードリーが一番スキかもしれません・・・・
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月18日 23:12
全然この映画と関係ないのですが、レビュアンさんWordpressより【はてなブログ】という選択肢もありますよ。もちろん有料プランを進めますが、Wordpressより簡単だと思います。アクセスアップもWordpressより簡単そう、昨日の質問は自分のブログに返信は書いていますが、今思いついたのでこっちに書いときます。
Posted by いごっそう612 at 2017年04月19日 06:14
>いごっそう612さん
師匠ありがとうございますm(__)m、【はてなブログ】ですね。調べてみます(^^)Wordpressより簡単だというのは魅力ですね〜アクセスアップも簡単とは眼から鱗でしたm(__)m
Posted by ヒラヒ・S at 2017年04月19日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック