2017年07月17日

『レヴェナント:蘇えりし者』ディカプリオ・オスカーへの道/ネタバレ・ラスト・結末感想

『レヴェナント:蘇えりし者』(ネタバレ・ラスト 編)



原題 THE REVENANT
製作国 アメリカ
製作年 2015
上映時間 157分
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本 マーク・L・スミス、
   アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影監督 エマニュエル・ルベツキ
音楽 坂本龍一

評価:★★★★  4.0点



この映画は、アメリカの伝説上の人物を描いた、レオナルド・デカプリオのアカデミー賞受賞作です。
この映画の持つ迫力はオスカーを求める、ディカプリオの壮絶な演技が見る者を圧倒し胸に迫ります。
その甲斐あって、見事にディカプリオが受賞し、他にも監督賞、撮影賞の三冠に輝いた。
========================================================

『レヴェナント:蘇えりし者』予告

========================================================

『レヴェナント:蘇えりし者』出演者

ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)/ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)/アンドリュー・ヘンリー(ドーナル・グリーソン)/ジム・ブリッジャー(ウィル・ポールター)/ホーク(フォレスト・グッドラック)/アンダーソン(ポール・アンダーソン)/マーフィー(クリストッフェル・ヨーネル)/ポワカ(メラウ・ナケコ)/ヒュー・グラスの妻(グレイス・ドーヴ)
========================================================
========================================================
========================================================
以降の文章には

『レヴェナント:蘇えりし者』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================

(あらすじから)
2人はフィッツジェラルドを見つけ、挟み撃ちにするために二手に分かれた。

rev-henry-fitz.jpg
ヘンリーが先にフィッツジェラルドの元へ辿り着き、殺人罪で裁くため連れ帰ろうとした。

抵抗するフィッツジェラルドはヘンリーに銃を向け、ヘンリーを射殺しその場を去った。
そして、グラスを待ち伏せしたフィッツジェラルドが発砲し、両者の間で銃撃戦が始まった。
しかし激しい戦いは、銃撃戦でも決着がつかず、遂にお互い刃物を振るう壮絶な格闘戦になった。
【意訳】 フィッツジェラルド:復讐をするために、はるばる来たのか?楽しむがいいさ、グラス。もう息子はもどらん。

その時グラスは小川の反対側に、敵対的な先住民アリカラ族を見つけた。
グラスは「復讐は神の手にある。俺の手にはない。」と復讐を神の手に委ね、フィッツジェラルドを川へと落とすと、フィッツジェラルドはアリカラ族の方向へと流れていった。
するとアリカラ族長はフィッツジェラルドをつかみ、持っていたナイフで彼を殺した。
そして彼らはグラスに近づく。
rev-arikaraend.png

しかし、グラスの横を通り過ぎた。
rev-waka.png
旅の途中でフランス人ハンターから助け出した先住民の女が、アリカラ族長の娘パワカ(メウラ・ナケコ)だったからだ。


グラスは再び1人になり凍える大地に一人残された。
グラスは妻が笑顔で去る幻影を見る。

彼は妻を、魅せられたように見つめ続けた・・・・・・・・

========================================================
スポンサーリンク

========================================================


『レヴェナント:蘇えりし者』ラスト・結末感想



このラストシーンとは、グラスの人生が「喪われた幸福」の代償として「復讐」を胸に生きてきて、しかしそれが果たされた時に決して満たされないのだと、語られているように思います・・・・・・・・・・

しかし、くどいようですが・・・・・・・・・・・

oscar.jpg
この当時のディカプリオはオスカーに対する執念を喧伝されていたため、どうしてもそういう目線で見てしまいます。

それゆえ、このラストの喪われた妻を見つめる視線が、ディカプリオのアカデミー賞の結果を祈るような眼差しに感じられてしまいました。
どこか、運命の女神にすがりつくような・・・・・・・・・・

こういう見方になってしまうのは、映画にとっても、ディカプリオにとっても良いことではないと、個人的には反省してます。

========================================================
========================================================

『レヴェナント:蘇えりし者』受賞歴

第36回ボストン映画批評家協会賞:主演男優賞レオナルド・ディカプリオ
第73回ゴールデングローブ賞:映画作品賞・ドラマ部門/映画作品賞 ドラマ部門 主演男優賞レオナルド・ディカプリオ/監督賞アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/作曲賞・坂本龍一
第21回放送映画批評家協会賞:主演男優賞レオナルド・ディカプリオ
第22回全米映画俳優組合賞:主演男優賞レオナルド・ディカプリオ
第68回全米監督組合賞:長編映画部門アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
第69回英国アカデミー賞:作品賞/監督賞アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/主演男優賞レオナルド・ディカプリオ/撮影賞/音響賞
第30回全米撮影監督協会賞:映画部門アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
第20回サテライト賞:主演男優賞レオナルド・ディカプリオ
第88回アカデミー賞:監督賞アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/主演男優賞レオナルド・ディカプリオ/撮影賞エマニュエル・ルベツキ


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451466636

この記事へのトラックバック