2017年08月07日

映画『或る夜の出来事』1934年製作ラブ・コメディーの古典/詳しいストーリー・あらすじ・出演者

『或る夜の出来事』(ストーリー・あらすじ編)



原題 It Happened One Night
製作国 アメリカ
製作年 1934
上映時間 105分
監督 フランク・キャプラ
脚色 ロバート・リスキン
原作 サミュエル・ホプキンス・アダムス

評価:★★★☆  3.5点



この映画は、映画史上初のラブ・コメ、ハリウッドで言うところのロマンチック・コメディーだと断言しちゃいます。
ハリウッドを代表するスター、クラーク・ゲーブルのキャラクターが最も活かされた作品だとも思います。
第7回のアカデミー賞でオスカー史上最多受賞を果たした、ハリウッド黄金期の歴史的古典作品です。

film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg


『或る夜の出来事』あらすじ



マイアミ港に係留された豪華ヨットの上では、銀行家の大富豪アンドルース(ウォルター・コノリー)が、一人娘エリー(クローデット・コルベール)に困り果てていた。
It hap-inship.png

エリーは父の承諾を得ずに飛行家キング・ウェストリー(ジェームスン・トーマス)と結婚をしたため、船に監禁し説得をしていた。
しかしエリーは、頑として受け付けずハン・ストさえ始めたのだ。
it hap-ship.jpg
ついには、娘はヨットから海に飛び込み、逃亡してしまった。

エリーは追跡者を避けるため、庶民が旅行に使う長距離バスに乗った。
it hap-bus.jpg
そのバス発着所には、本社とケンカしクビを言い渡された新聞記者ピーター・ウォーン(クラーク・ゲーブル)がいた。

ピーターとエリーはニューヨーク行きのバスに乗り、隣り合わせに座ることになったが、お互い好感を持てずギクシャクしていた。
そのバスが休憩で停車した時、エリーはトランクを盗まれてしまい、持っているのは切符と4ドルを残すのみとなった。
ピーターは親切心でいろいろアドバイスをするが、エリーは騒いで見つかることを恐れ、私に関わらないでと彼に言い怒らせた。
バスは夜を通して走り続け、早朝ジャクソンビルに到着し30分の休憩になった。
お嬢さん育ちでワガママのエリーは、私が戻るまで待っていてとドライバーに言って、50分後に戻ってきた時にはバスは出発した後で、次の便は夜8時だと言われ途方にくれる。
そんなエリーに、ピーターが声をかけた。
彼はエリーがバスの切符を座席に忘れてるのに気付き、渡そうと待っていたのだった。
そしてピーターは、エリーの父アンドルースが、1万ドルの懸賞金をかけ娘の行方を捜索させていると教えた。
it Hap-back.jpg
ピーターはプレイボーイの飛行家キング・ウェストリーは最低の女タラシだと言い、父の元に帰れと薦めるが、エリーは拒否した。
そして去ろうとしたピーターに、エリーは「1万ドルを私があげるから父に連絡するな」と言った。
それを聞いてピーターは怒り、「甘やかされて何でも金で買いたがる。人間性のかけらもない。」とエリーに怒鳴った。

しかし、そう言いながら、ピーターは自分をクビにした編集長宛に電報を打ち、エリー発見のスクープ記事があると連絡した・・・・・・・・・

その、夜に出発する大陸間バスには、エリーとピーターの姿があった。
しかし、大雨で道路が塞がれバスが立ち往生し、ピーターは金のないエリーのために夫婦と偽って近くのモーテルに一部屋借りた。
しかしエリーは同じ部屋で寝ることに文句を言うと、ピーターは下心は無い、ただ記事を書かせてほしいと言い、もし断るなら父親に連絡すると脅した。
エリーは外の大雨を見てついに諦めて、同じ部屋に泊まる事になった。
it hap-gelico.gif
ピーターは、部屋にロープを張りシーツで目隠しをし、ジェリコの壁だと言った。(聖書に出てくる絶対崩れない壁。ただし最後にはトランペットの音で崩れたという)

翌朝、朝ごはんを作り服にアイロンをかけてくれたピーターに、エリーは素直に感謝を覚えた。
it hap-police.gif
そんな所に父の追っ手の探偵が探しに来たが、ケンカ中の夫婦を装って誤魔化した。

見つからない娘に焦燥を募らせる父は、更に新聞・ラジオで大々的に告知し、ついにバスの乗客の一人が気付く。
ピーターは、ギャングのふりをしてその男を追い払ったが、バスで旅することは危険だと知り、エリーと共にバスを降りた。
しかし、手持ちの金を使い果たした二人は、干草をベッドに野宿した。
it hap-strou.gif

そんな二人は、共に行動するうちに反発しつつも、惹かれあうようになる。
翌朝、ピーターは畑から抜いたニンジンを生のままかじり、エリーにも薦めたがエリーはイヤだと食べなかった。
二人は、車をヒッチハイクしてニューヨークを目指した。


しかし、乗せてくれたドライバーは、親切なふりをした泥棒だった。
ithap-blod.jpg
ピーターはドライバーを倒し、逆に車を奪いニューヨークにエリーと向かった。

その頃、娘を心配した父親は結婚を認める決心をし、飛行家キング・ウェストリーと和解し、それを新聞でも報じた。
エリーはその新聞を見たが、ニューヨークまで3時間の所で泊まると言って、ピーターを困惑させた。
it hap-jericoNo2.jpeg
その晩モーテルの一室で、ジェリコの壁を挟みながらエリーとピーターは、恋について語った・・・・・・・

ピーターは愛する女性を太平洋の島に連れて行きたいと語る。

it hap-buckbed.png
するとエリーはジェリコの壁を越え、私をそこに連れて行って、あなたを愛しているとピーターに訴えた。

しかし、ピーターは抱きつくエリーに「ベッドに戻れ」と言った。

しかし、涙ながらに寝入ってしまったエリーの顔を見ながら、ピーターはある決心をしていた・・・・・・・

film1-red-ue.jpg
スポンサーリンク

film1-red-ue.jpg

『或る夜の出来事』予告

film1-red-ue.jpg

『或る夜の出来事』出演者

クラーク・ゲーブル(ピーター・ウォーン)/クローデット・コルベール(エリー)/ウォルター・コノリー(アンドリュース)/ロスコー・カーンズ(シェプリー)/ジェムソン・トーマス(ウェストリー)



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:32| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]