2016年09月19日

『パリ、テキサス』ヴィム・ヴェンダースの見果てぬ夢・ネタバレ解説あらすじ

一人一人が持つ「パリ、テキサス」



個人的な評価:★★★★★5.0

テキサスの荒野に、実在する町パリ。
人はこの題名のように、荒れた荒野の小さな町にすら、夢の都の幻影を冠せずにはいられない。

この物語も同じ。
主人公の美しい夢「美しい妻と可愛い子供のいる家庭」それは主人公の嫉妬で崩壊してしまう。
しかし主人公は廃人となっても、自らの心の中に美しい幻影を持ち続け、その幻影ゆえに益々自らを追い込んでいく。

パリ、テキサスあらすじ
テキサスで、4年前に失踪した一人の男トラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)が行き倒れとなって、病院にかつぎこまれた。医者(ベルンハルト・ヴィッキ)は男の弟ウォルト(ディーン・ストックウェル)に連絡を取った。トラヴィスは記憶を喪失して、妻ジェーン(ナスターシャ・キンスキー)や、ウォルトと妻のアンヌ(オーロール・クレマン)が預かっている息子ハンター(ハンター・カーソン)を忘れていた。ロサンゼルスのウォルト家に着き、アンヌと7歳に成長したハンターと再会したトラヴィスは、そこで暮らすうちに徐々に記憶を取り戻す。トラヴィスは今は行方不明の妻ジェーンがヒューストンにいることを知りジェーンを探しに行く決心をする。それを聞いて、ハンターは自分も行きたいと言い、そのまま共にヒューストンに旅立った・・・・・・・・

(西ドイツ・フランス/1984年/147分/監督ヴィム・ヴェンダース/脚本サム・シェパード)

この映画を見れば、人は夢を見なければ、生きていけない生き物なのだと思わざるを得ない。

そして繰り返し繰り返し見る夢、それは完璧な理想郷として構築されていく・・・・
現実を超えた美しき夢は、その過剰さゆえに我が身を傷つけることは知っているはずなのに・・・・

心の中の「都」はあまりにも完璧で美しすぎるがゆえに、現実の存在に投影された時、その虚像と実像のギャップがナイフとなって心にささる。

監督ヴィム・ヴェンダースも同じ経験をしたはずだ。wenders.jpg
ドイツの実績を自信に、ハリウッド映画界で成功を夢見てアメリカ上陸をしたが、この映画の前作「ハメット」は失敗だった。
たぶんハリウッドシステム(監督の権限の制限や、編集権を持てない等)を前に途方に暮れ、出来栄えに傷ついたに違いない。
彼は思ったのではないか。
憧れの存在(ハリウッド)が、そのまま現実でも答えてくれるとは限らないと…それゆえ、この映画「パリ、テキサス」は西ドイツ・フランス合作作品とし、アメリカから距離を置いた形で撮影されたのである。
しかしヴェンダースの凄いところは、自身の中の「ハリウッド映画=パリ、テキサス」をきっちり提示し、彼自身にとっても代表作となる最高の一本に仕上げている所である。
この映画がヴェンダース作品の中で飛び抜けて理解しやすいのは、たぶんハリウッド映画=アメリカ映画へのオマージュであるからだろうと、個人的には想像している。

そしてこの映画を通じて、切ない事だが・・・・・・過剰に、深く、完璧に、心の中に理想郷を成立させてしまえば、その像はもはや現実に我が物とする事は不可能であると語られているように思える。
それは、映画という理想世界を愛する者にも、決して人事ではないだろう。

========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降の文章には

『パリ、テキサス』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================


この映画のラスト、主人公トラヴィスは妻と話す。
永遠に越えられない壁を隔てて。
この、越えられない障壁とは、人が心に描く「夢」と「現実」の境界であっただろう。

そして、トラヴィスは「妻の夢」である子供を彼女のもとに残し、妻の夢をかなえた。
しかしトラヴィスは、「妻と子」の幸福のためには、自分がそこにいてはいけないことも知っていた。
なぜなら、自分の「理想・夢」、妻に対する「過剰な愛」によって、妻も自分も傷つき苦しむことが判っていたから・・・・・・・・・

やはり、トラヴィスと言う存在は「夢」の持つ残酷さと、それでも「夢」を見なければ生きられない「人間の性(さが)」を象徴する者として、彷徨を続けなければならないのだろう。
paris-texas.jpg

考えてみれば人類は「夢」を見て、「夢」に裏切られ、それでも見果てぬ夢に導かれてここまで進んできたのだろう。

その過程で幾千幾万の者達が、「夢の都」を我がモノと出来ずに、失意の中に朽ちていったはずだ。

そして、そのどうしようもない悲しみ、絶対に取り戻せない「夢の都」に対する惜別の情を、黒人=アフリカ系アメリカ人は「ブルース」として歌い継いできたのではなかったか・・・・・・・・・

この映画のメインテーマ、スライド奏法ブルースギター
名手ライ・クーダのギターの響きが切ない「Paris, Texas」



この映画の主人公の最後を見てほしい。
これがブルースだ。



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 18:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ドイツ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

『バグダッドカフェ』デブ専カルト映画のあらすじ・感想・解説

カオスと融合の黙示録



評価:★★★★★  5.0点

このアメリカを舞台とした、ドイツ映画をどう表現すべきだろうか。
この映画がカルト的な人気を誇るのは、決して「デブ専」の趣味趣向をもつ人たちからの支持だけではない・・・
バグダッド・カフェあらすじ
ドイツローゼンハイムからアメリカに旅行に来た、ミュンヒグシュテットナー夫妻はラスヴェガスに向かう車中で夫婦喧嘩し、夫(ハンス・シュタードルバウアー)は妻のジャスミン(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)を車から蹴り落とす。重いトランクを提げてジャスミンがたどりついたのは、モーテル兼カフェ兼ガソリンスタンドの「バグダッド・カフェ」。そこには、女主人の黒人ブレンダ(CCH・パウンダー)が長男サルJr(ダロン・フラッグ)長女のフィリス(モニカ・カローン)ノロマな亭主サル(G・スモーキー・キャンベル)と暮らしていた。しかしブレンダはダメ亭主サルを追い出してしまう。その“バグダッド・カフェ”にはバーテン(ジョージ・アキラー)女刺青師デビー(クリスティーネ・カウフマン)、画家ルーディ(ジャック・パランス)、エリック(アラン・S・クレイグ)などが入り浸っている。ブレンダは泊めては見たものの、ジャスミンが気に入らず追いだそうと、毎日のように文句を言うが・・・・・・・・・

(西ドイツ/1987年/監督パーシー・アドロン/脚本パーシー・アドロン・エレオノーレ・アドロン)

ヤスミンは、アメリカのモハーヴェ砂漠で夫とケンカをし、車を降りてしまう。bagu-jyasu.jpg
このヤスミンは、中年のオデブなのだが、違和感と愛嬌を共に兼ね備えたユニークなキャラクターで、ホンとにいい味を出している。

そして、一人でトランクを引っ張りながら歩く場面に、ジェヴェッタ・スティールが歌うテーマ曲「コーリング・ユー」が流れる。
このシーンだけで、見ているコチラはナゼカ痺れる。
ヤルセなく、ケダルイ、どこか歪な、荒涼たる風景・・・・
そこにノスタルジックで切ない女性ボーカルが呼びかける。

I am calling you(私はあなたを呼んでいる)
Can’t you hear me(聞こえないの)
I am calling you(私はあなたを呼んでいる)


このバグダッド・カフェを経営する、この映画のもう一人の主人公がブレンダ。bagu-bur.jpg
黒人女で二人の子の母でもある。
彼女は、金切り声を上げながら、ガムシャラに、ストレスに爆発寸前になりながら、シャカリキに生きている。
そんな彼女はダメ亭主を、映画の冒頭で叩き出す。

つまらないコトを言えば、この映画は男を拒否した二人の中年女が、対極に位置するキャラクターを融合させ、ついにはシアワセになる物語だ。
それは、ハートウォーミングなファミリードラマでもある。

しかし、実際見て見れば上の要約はホンとに陳腐だ。
あらすじで書いたようなストーリーは、この映画にとってただのベクトル、道があるというだけの事だ。

この映画が持つ魅力は、その一場面、一シークエンスに籠められた違和感にこそある。
それは、語るものと語られるもののギャップであるとか、時間的な間であったり、ヒシャゲタ構図であったり、演技の不整合であったりするが、映画を見終わったあとに受ける印象はカオスの果てに新しい命の誕生を見たかのような、満足感と疲労を共に感じたりした。

I am calling you(私はあなたを呼んでいる)
Can’t you hear me(聞こえないの)
I am calling you(私はあなたを呼んでいる)


結局この映画の全てが、この歌詞に表わされているように思う。
この映画はドイツ人監督がアメリカで取った、ドイツ映画だ。
ここには、映画の聖地アメリカで映画を撮りたいという、映画人としての思いが有りはしなかっただろうか。
しかしそこで出来上がったこの作品は、ハリウッド的な映画文法とはまるで違う、さながら異星でエイリアンによって撮られたような肌触りがある。

I am calling you(私はあなたを呼んでいる)
Can’t you hear me(聞こえないの)
I am calling you(私はあなたを呼んでいる)


例えば、二人の主人公のキャラクターの、極端さはどうだろう。
二人とも男に去られていながら、一人はジッと蹲り、もう一人は金切り声を上げながら走り回る。
この水と油の混ざることは不可能だと思える。

I am calling you(私はあなたを呼んでいる)
Can’t you hear me(聞こえないの)
I am calling you(私はあなたを呼んでいる)


それでも、この映画が訴えているのは、ストーリーや作品作りも含めて、異質なモノ同士が「Call=呼びかける」姿勢の重要さだ・・・・bagu-pa.jpg
あまりにかけ離れて、とても伝わりそうも無いのに、それでも、時にのた打ち回りながら、虚しい試みに心折れそうになっても・・・・・・・
それでも静かににじり寄るように、あくまで相手に
「Call=呼びかける」姿は、あまりに痛々しい。
しかし、それでも諦めずに、休むことなく「Call=呼びかける」声が、真実の訴えに満ちていていればこそ・・・・・・

いつしか心が、「Call=呼びかける」存在に共鳴しだす。
その反応は最初、戸惑いや怒りの姿として現れるかもしれない・・・・・・・
しかし、そんな異質な存在に対する拒否反応を、相互に、交互に、何度も繰り返す果てに・・・・・・

ついに、異なる二つの物質が、磁石の極が回転するように・・・・・
Can’t you hear me(聞こえないの)
核融合を起すかのように・・・・・・・
I am calling you(私はあなたを呼んでいる)
一つに溶け合ったとき・・・・・・


そこには元のAでもBでもない、まるで異種のCという「新たな個性」が出来上がる。
そんな異文化の「せめぎあい」の果てに生まれたものを、「ユニーク=特異」と呼ぶのではなかったか・・・・・
bagu-hug.jpg

この映画自体、「人種」「文化」そんな独立し確立した強固な形を持つものが、異種同士で対話することの困難と、その困難に打ち勝った時の無限の可能性を描いた、異文化衝突の「カオスと融合」のドキュメンタリーなのだ。

そんな、こんなを、描いてスゴイです。

Can’t you hear me・・・・・・・・アナタニモ、キット、ワカルヨ・・・・・コノ、エイガヲミレバ・・・・・・キット

ジェヴェッタ・スティール「コーリング・ユー」



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:13| Comment(8) | TrackBack(0) | ドイツ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

映画『ベルリン・天使の詩』人間にさわれない天使/あらすじ・感想・解説

想像と現実の「はざ間」



評価:★★★★   4.0点

この映画の持つ詩情が、胸を打つ。

ここに積み重ねられた映像と人々の独白の集積には、人々に対するする大きな慈愛を感じる。
この映画の主人公である、天使とは「天上=神」と「地上=人」の間に、位置する存在だったろう。
そして、この映画に登場する主人公を含めた天使の役割は、人に直接力を行使せず寄り添い、人々の喜怒哀楽をそっと記録する者として描かれている。

<『ベルリン・天使の詩』あらすじ>


天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)は、人間界で様々な人々の心の呟きを聞き記録するのが仕事だった。下界に降りて人々の傍らにいながら、彼は人間界に直接語りかけることも、触れることもできなかった。そんなある日空中ブランコを練習中のマリオン(ソルヴェーグ・ドマルタン)に恋をする。しかし、人間に恋をした天使にはある運命が待ち受けていたのだ・・・・・・・・・・・・・・



こう書くと「ディズニーファンタジー」的な、甘く優しい映画を想像するかもしれない。
実際の物語もそのテーマとして、人々に対する「神の慈愛」というメッセージは優しく響く。
しかしこの映画には、人間の愚行や罪悪という苦い現実も描かれ、結果として人間と人間社会の罪をも表現せざるを得なかったのは、東西分割時代のベルリンであれば、当然の事だったかも知れない。

結局、ベルリンという町はナチスドイツの中枢として世界に対する混乱の元凶としてあり、同時にナチスが崩壊してからは、東ベルリンはソヴィエト連邦の影響下に置かれ、西ベルリンは西洋資本主義陣営として、二つに裂かれ存在した。

結局この数奇な運命を持つ町は、そこに住む人々に対しても混乱と苦難を与えざるを得なかった。
それゆえ、この映画で語られるベルリンとその人々は、喜びや幸せだけではなく、悲しみと苦しみも他の都市にも増して受けざるを得なかった。

そんな人間の持つ現実世界の「苦難」を思うとき、この主人公の天使が感じざるを得ない無力感に納得がいく。

結局のところ、天使は現実世界から遊離した存在として人々の経験や事件を収録し続けても、現実を決して改変し得ないという「焦燥」をそこに見出す。

子供が無垢であることは、罪ではない。

しかしこの映画の主人公のように、人の世を知って無垢ではなくなった者は、人の世の現実に働きかけなければならないと、この映画は語っているように思う。
この主人公がサーカスの空中ブランコの少女に恋をしたのは、もう現実を生きるべき段階に至ったことを意味していただろう。

しかしまた個人的には、この現実と関わらない天使が意味したものは、人の世を映し出す「映画=虚像=想像」のアナロジーのように感じた。

監督ベンダースは「映画」が現実の物語や感動を描くにしても、その「映画」が現実世界を「救済」し得るのかと自らに問うたのではないか。

人の世の出来事を映画として描き出しても、その物語が現実世界から遊離していることに哀しみを覚えたのではなかったか。

そんな「物語としての映画」に限界を感じ、映像作家として社会の中に直接向かうのだという宣言が、この映画の本質だったのではないかと個人的には感じられてならない。

これ以後のベンダースの映画が、ドキュメンタリーの色を強くするのは、やはり現実に直接向き合い関わりたいという証明だったろう。

それは、それとして、そ〜だったのか「コロンボ」!!!
映画を見れば、ピーター・フォークの秘密が分かる!!!(笑)


スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする