2017年08月04日

『リリイ・シュシュのすべて』岩井俊二監督の中二病レクイエム/ネタバレ・ラスト・結末感想

『リリイ・シュシュのすべて』(ネタバレ・ラスト 編)



英語題 all about lily chou chou
製作国 日本
製作年 2001
上映時間 146分
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
音楽 小林武史

評価:★★★★  4.0点



岩井俊二監督作品の映像美と叙情性が、透明な光となって全編を覆い、一種宗教的な荘厳さを生んでいると感じる。
あたかも、この映画の陰惨な、悲劇的なドラマを救うためにために垂らされた、天上からの一条の糸のように。

14歳の市原隼人が映画初出演で演じ、蒼井優も当時15才で私物の携帯を作中で使うなどして、作品世界にリアリティーを与えている。
========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』予告

========================================================
========================================================
========================================================
以降の文章には

『リリイ・シュシュのすべて』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================

(あらすじから)
lili-enko2.png星野修介から援助交際を強いられている津田詩織は、監視役として共に行動する雄一と遠慮なく話せる中になっていた。
雄一は、詩織がクラスの男子の告白を断ったのを知って、「あいつなら星野から守ってくれるのに」と言うが、詩織は自分を卑下し取り合わない。

そして、星野達に暴行を受けた、雄一が思いを寄せる久野について、詩織は「久野さんは強いから大丈夫」だと語った。lili-skin.jpg
暴行を受けてから久野は、学校を休んでいたが、ある日、頭を丸刈りにした久野陽子が登校した。


クラスメイト達はそんな彼女を、茫然と見つめるのだった。

そんな中、リリイの掲示板『リリフィリア』では「雄一=フィリア」が救いを求め叫び、それに「青猫」が呼応し、両者は互いに共感し深く強く結びついていった。

lili-dive.png


しかし、冬の夕暮れ津田詩織が投身自殺した。


雄一は授業中に嘔吐し、運ばれた保健室で「耳の中の音がうるさい」と呟いた。


そんな時、リリイ・シュシュのライブが開催され、雄一もライブへ向かった。
lili-conc.png
そこで雄一は予期せず星野と出会い、チケットを奪われ、コンサートを見れなくなった。
そんな星野は青林檎を持っていた。
掲示板『リリフィリア』で青林檎は青猫がライブ会場で目印に持って行くと言っていたものだった。

青猫は星野だったのだ。
lili-blue.png
雄一は星野にチケットを取られ、リリイのライブ会場の外で立ち尽くしていた。
ライブが終わって星野が出て来て「まだいたのか」と雄一を嘲笑し、立ち去ろうとした。
その時、雄一は大声で「リリイがいた」と叫ぶ。
群衆はリリイを求めて混乱し、押し合いへし合いのすえ、怒号が飛び交った。
lili-.png
雄一はそんな中、星野の背後に回り、ナイフで彼の背中から刺し殺した。

ネット上では「誰がエーテルをよごしたのか」「騒動のせいでリリイには、不吉な女というレッテルが貼られてしまった。」「犯人はまだ捕まっていない。」と文字が明滅した。


時は流れ、雄一中学3年の春。
lili-indian.png
彼は陽だまりの中ピアノを弾き、母親に頼んで髪を茶に染めてもらった。
学校では担任教師による的外れな学習指導が有る。

音楽室では、久野陽子が弾くピアノの音が、静かに響いていた。
lili-piano.png

========================================================
スポンサーリンク

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』ラストシーン

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』結末感想



この映画は、14歳を生き延びて、15歳になる2人の姿でエンディングを迎える。
エンディングの前には、担任教師による面談シーンで、彼ら14歳の事情を何も知らない大人達の無知が露呈している。
この主人公の少年は、事件をどう思っているのかと想像してみる。
多分後悔はないだろう。lili-pos3.jpg
なぜなら、彼が殺したのは、自分自身だった。
反抗を禁じられ、仮想空間に裏切られ、救世主リリイ・シュシュも幻想だと知った14歳は、自らの「14歳という現実=リアル」に現実世界で向き合い、自らの過去を葬ったのだ。

この自分自身との対峙とは、この映画の14歳達が共通して持つ戦いだった。

よくよく見てみれば、投身自殺した津田詩織は、現実世界をより良く生きるチャンス(男子生徒の告白)を放棄した。
また、いじめの首謀者星野にしても、自らを現実世界に置くことの忌避が、いじめという一種の自傷行為を生んだように感じる。
そう思えば、津田詩織にしても、星野にしても現実世界にいる事を拒否し、自らを現世から消したかったのだろう。

それに対し、雄一はギリギリの所で、現実世界にその身を留めるため、現実と戦う気力が残っていた。
久野にしても、その命をつなぎとめたのは現実に対して、自らスキンヘッドにするという反撃を見せたからだ。
つまりは14歳同士の、共食いは「現実世界により関与」した者が生き残ったのだ。
lili-pos5.jpg
再度問いたいのだが、こんな14歳同士がお互いを傷付け合うような事態に、誰がしたのか。
この映画の14歳達は、仮想世界や、幻想世界では、最早救い得ない。
この少年少女達を救う責任は、間違いなく大人にあると信じる。
しかし、今となってはこの国の、脆弱な大人達は彼らを救い得ないのではないかと、自嘲と共に思う。

もはや希望は、この14歳の地獄を生き延びた少年少女達が成長し、この現実世界に関与し変革せしめること以外に、救われる道はないかもしれない。
あたかも久野が、醜い現実世界を自らの清澄なピアノで浄化する、この映画のラストのごとく・・・・・・

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』サントラ集


飛べない翼

飽和

ドビュッシー、アラベスク1番



スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

『リリイ・シュシュのすべて』岩井俊二の仮想と現実/感想・解説・中二病

『リリイ・シュシュのすべて』(感想・解説 編)



英語題 all about lily chou chou
製作国 日本
製作年 2001
上映時間 146分
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
音楽 小林武史

評価:★★★★  4.0点



現代という時代を最も反映する世代とは10代、さらに言えば思春期の、いわゆる「中二病」の少年少女達に特徴的に表れるのではないだろうか。
そんな鋭敏な感性を持った中学生の、震えるような、過敏な、剥き出しの、研ぎ澄まされた神経に刺さった「今」が、痛々しくも、美しい輝きとなって、この映画に定着されていると思う。
========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』予告

========================================================
========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』感想

監督岩井俊二


この映画で語られる物語は、中学2年生の男女生徒たちの悲劇だ。
見終わっても爽快感も幸福感も感じられない、暗く辛いドラマだ。
イジメられた経験を持っている人間は、見るのが耐え難いだろうと思われるので、お勧めできない。
lili-iwai.jpg
しかし、そんな救われないストーリーを見続けさせる力が、この映画の監督・岩井俊二(右:写真)の映像美にはあると、個人的には感じる。

岩井俊二の映画を見るとき、その映像の透明感、空気感の鮮烈さに打たれる。
その映像詩とでも呼ぶべき、ヴィジュアルの美しさが彼の映画の基調にあると思う。
そんな映像詩的な特徴が、最も端的に表れた作品として『四月物語』がある。
この愛らしい短編作品を見れば、この作家のスタイルが自分の嗜好に合うものか、見極め易いのではないだろうか。
関連レビュー:岩井俊二監督作品
『四月物語』
北海道から上京した女子大生の春
松たか子主演の映像抒情詩

しかし美しい映像を撮る作家は、ややもすればビジュアルを優先し、物語ることが不明瞭になる傾向があるだろうし、それは岩井作品にも共通する特徴だと感じる。
lili-pos2.jpg
そしてまた、この映画は他の岩井作品と較べて、明確なメッセージとストーリー性がある映画でもある。
それゆえこの映画を見ると、ストーリーの説明の省略や、映像に説明を仮託しすぎていたりし、その結果として物語が不明確で、作品時間が長くなっているとの印象を持った。

ややもすると、この映画のビジュアルに美を感じない観客や、「ハリウッド的」なストーリー展開を中心にした映画を求める観客には、この表現スタイルに違和感や不充足を感じるかもしれない。
しかし、この映像の持つ美しさに心打たれ観客にとっては、間違いなく大事な作品として胸に刻まれる一本となると思う。

個人的な意見を言わせて頂ければ、岩井作品の中ではこの『リリイ・シュシュのすべて』が、今現在、最も愛する映画である。

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』解説

思春期「中二病」



この映画を見て、14歳・中学二年という年代の危うさを思った。
Film2.jpgいきなりだが、動物の世界では、親が成長した我が子を自らの縄張りから追い出す「子別れ」を経る。
子を自立させるため、育て始めてから一定の期間が経過すると、親が子に憎悪を覚えるようにプログラムされてるらしい。
人間においては、親から子が独立し大人になる時、自分なりの価値観を構築するのがが14歳前後の思春期であり、その時期は親の価値観を検証し、自らの価値観を構築する時期としてある。

そして、人間の場合は動物と違い「子が親」を憎む「反抗期」という形で、精神的自立を勝ち取らなければならない。
この時期の主要な目的は、親の価値観からの離脱、ひいては社会規範からの離脱によって、子が自主的な判断を下せるよう「自己の価値観の確立」をすることにある。

従って、思春期における反抗期とは基本的には人の精神的成長過程の表れとしてあったのであり、それは現代において「中二病」と名は変えても共通してある過程のはずだ。
従って、この映画の「14歳の苦悩」という事象は、人間という生物の成長過程に必然として、過去も存在し、そしてたぶん未来にも存在するだろう。
lili-pos5.jpgしかし、同時にこの「14歳の苦悩」は時代や社会の条件によって、その現れる姿が違うようにも思う。
例えば、1970年代の中学生は対教師暴力が多く、生徒間暴力が少ないという。
それは権力者に対し反抗するという形で自己確立を目指したと推測する。

これが、1980年代に入ると、対教師暴力と生徒間暴力の両方が増え、殺人が起こり、いじめが多くなり、家庭内暴力が事件となるなど、その内容が変化する。
勝手に解釈すれば高度成長期を経て、社会矛盾が解消されるにつれ、その反抗の対象が曖昧になり拡散していいくような印象がある。

そしてこの1980年代を通じて、校内暴力が吹き荒れ、窓ガラスが割られ、教室が破壊され、遂には警察が学校に介入する事態にまで至る。
その対抗策として文部省は「生活指導の強化」を打ち出し、生活指導の場に体育会系教師の強権的な取締まりが多くなり、従わない生徒に対しては体罰も辞さず、教師が閉めた学校の門扉に挟まれ生徒が死亡する事件まで起きる。
そして、この校内暴力に対抗した強引な「管理強化」は、校内暴力を鎮静化させはしたものの、イジメの増加と不登校を生み、遂には自殺者を出す事態に至る。
lili-pos4.jpg
すると1991年、文部省は偏差値制度の廃止と「新しい学力観」と銘打ち、生徒の全人格を学校が評価する仕組みを作る。
この「新しい学力観」によって、日ごろの授業態度や、道徳観、生活習慣が、教師の価値観を元に点数化され、その点が高校進学の際の評価に関わる以上、生徒は学校の顔色を見て「いい子」にしている事を強いられる。
こう見てくればこの映画に出てくる、現代の生徒間暴力、いじめ、不登校、殺人、自殺の、陰惨で悲劇的な事件が発生するようになった原因は、1980年代から始まった管理強化の強さに比例して増えたと見たくなる。
単純に言えることではないだろうが、個人的な印象では、本来14歳は「親・教師」という権威に反抗し、自己を証明すべきであるのに、その「新しい学力観=全人格的評価」によって、学校に対する反抗の道を奪われストレスを募らせていった結果ではないかと思えてならない。

Film.jpg最近の10代にとって「空気を読む」事が生きて行く上での必須要素となったのも、常に他者からの評価を気にせざるを得ない「思春期の学校評価制度」の変容に、原因の一端があるのではないだろうか。
いずれにしても、この映画の少年少女達の悲劇は、彼らの罪ではなく大人達の責任であったろう。
この映画に登場する14歳は、加害者にしても被害者にしても、結局ある種相似形の犠牲者として存在しているように思えるのだ。

そういえば、この映画を傑作だと書いている小説を思い出した。
その小説は朝井リョウ著『桐島、部活やめるってよ』であり、作中で映画部の前田涼也が『リリイ・シュシュのすべて』を絶賛するのである。

これは想像だが、この映画が描きだした14歳のリアリティーは、高校生達のスクール・カーストを必死に生きる、朝井リョウの小説の原型として存在しているように思う。
関連レビュー:高校生のリアル
『桐島、部活やめるってよ』
現代の青春を描いた小説・映画
スークールカーストの生存圏


========================================================
スポンサーリンク

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』解説

仮想と現実


この映画の救いの無い14歳の姿が、上で述べた大人達の所業の結果だとすれば、それは子供たちが解決する筋合いのものではない。

彼らを救う責任は大人にある。

Film-camera.jpg
つまり、この映画の14歳がどうしようもなく悲劇的なのは、彼らの苦悩を救う大人が不在だからだ。

この映画は、そんな大人たちが救わない結果として、14歳の現状がどうなったかを世間に知らしめるために、安易に彼らが希望を見出す描写を拒絶し、物語を漂うような絶望のうちに終わらせている。
またここでは、現実世界の苦悩を、仮想世界で解消しようという試みが語られる。

主人公の雄一は打つ『リリイ・シュシュだけがリアル』と、そしてそれに呼応するネット上の声が交錯する。
しかし結果的に、ネット世界で彼は救われなかった。
さらに言えば仮想世界と一体となった、歌手リリイ・シュシュに求めた救いも破綻する。

この「リリイ・シュシュ=アート=創作物」が無力だという描写に、個人的には強い衝撃を受けた。
しかし、映画の冒頭「彼女が生まれたのは1980年12月8日、ジョン・レノンが射殺された日と同じ。この偶然の一致に意味はない。僕にとって意味があるのは、彼女が誕生したという事だけ。」と語られる。
lili-pos3.jpg
つまり、リリイ・シュシュというアーティストは、かつて世界を歌で変革したジョン・レノンのように、現実に関与する力を持ち得ていない存在だと、宣言されているように思える。
このアーティストが現実を救い得ないという表白は、現代を生きる作家・岩井俊二にとっても苦い刃となって自らに返ってくるだろう。


だが間違いなく、映画を見る限りこの美しく透徹したリリイシュシュの歌声も、彼ら中学生を救い得なかった。
仮想世界でつながり、作品世界で輝いた存在は14歳の彼らに生きる力を与えなかった。
この表現が示すのは、やはり仮想世界と現代アートの限界を語ったものだったろう。

lili-aoi.jpgだとすれば、この映画の持つ美しさとは、大人が原因で傷つき血を流し続ける、現代の中学生たちのための鎮魂の歌であり、これまで犠牲になって来た「中二病」患者に対する懺悔であるように思えてならない。
彼ら14歳が、自らの罪に因らず苦しみと絶望の果てに命まで投げ捨てるとき、その魂に捧げられた美しい献花のように、この映画は静謐な輝きを放っていると感じる・・・・・


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

『リリイ・シュシュのすべて』痛みの仮想と現実/詳しいストーリー・あらすじ・出演者

『リリイ・シュシュのすべて』(ストーリー・あらすじ編)



英語題 all about lily chou chou
製作国 日本
製作年 2001
上映時間 146分
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
音楽 小林武史

評価:★★★★  4.0点



この美しさと痛みが共存した映画をどう語ればよいだろう。
岩井俊二監督作品に通底する溢れる叙情性が、この映画では思春期の少年の痛みにシンクロして、マゾヒスティックな美を生んでいるように思う。
この作家の感性によって描かれた、現代日本の美学が「滅びの予兆」としてある事が証明されたようで、胸苦しさと切なさを覚える。
========================================================
========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』あらすじ



コンピューターの画面に流れる、チャットの文字。
歌手リリイ・シュシュのファンサイト『リリフィリア』で管理人フィリアが打ち込む。
「彼女が生まれたのは1980年12月8日、ジョン・レノンが射殺された日と同じ。この偶然の一致に意味はない。僕にとって意味があるのは、彼女が誕生したという事だけ。」

lyly-itihara .jpg

そう仮想世界に発信したフィリアとは、現実世界では中学二年生の蓮見雄一(市原隼人)という少年だった。

蓮見雄一は悪友2人と電車で鞄を盗んだり、CDショップでCDを万引きしたりしていた。
その盗品を仲間達と、中古ショップに持ち込み換金していた。
Lily-erot.jpg

その中古ショップで、リリイ・シュシュのポスターを見つけ、そのポスターを貰う。
実は中学校で級友からいじめにあっている雄一にとって、リリイ・シュシュだけが彼の救いだった。
そんなある日掲示板『リリフィリア』に青猫というハンドルネームの参加者が増えた。
フィリアは青猫を歓迎し、交流は徐々に深まり、信頼し共鳴するようになる。

lili-yobidasi.png
しかし現実では、雄一はリリイ新譜CDを万引きしようとして、店員に捕まる。
中学の女性担任が店に謝罪し、学校に戻ると母親が呼び出されていた。

lili-hosino.pngその夜雄一は、イジメの首謀者の星野修介(忍成修吾)に呼び出された。
取り巻きを連れた星野は、学校に密告しただろうと雄一を責め、リンチにかける。
これまでも星野に金を渡すために、雄一と彼の仲間2人は盗みや万引きをしていたのだった。


雄一が中学一年の時に、物語は遡る。
lyly-nyubu.jpg
中学に進級した星野と雄一は同じ剣道部に入部した。

星野は小学校の時いじめられていた過去を持っていたが、しかし雄一とはウマが合い、自宅へ泊まるような間柄になる。
そして剣道部の5人は2年へと進級し、夏休みの沖縄旅行を計画するが、費用のあてはない。
そんな彼らの前で、他校の不良達が大金をカツアゲしている場に遭遇し、星野がどさくさまぎれにそれを横取りした。その金で5人は沖縄へと向かった。
lili-oki.png

沖縄の島巡りを楽しむ5人は、ガイドの中年男と4人の娘と、そして行く先々で顔を合わせる高尾(大沢たかお)という青年と共に、旅行を楽しんだ。
lili-drown.png
そんな旅行の最中、星野が海で溺れ高尾の人工呼吸で九死に一生を得る。

しかし高尾青年が自動車事故に合い、意識のない彼を救急ヘリで病院へ搬送した。
そして海を渡る船の上、星野が突然立ち上がって盗んだ金を海へばらまき、1人で異様な笑みを浮かべる。
「1999年の夏休みを境に、世界が灰色になった。」と、フィリア=蓮見雄一は書き込んだ。

lili-cut.png新学期になり星野は、クラスを牛耳っていた不良とケンカし、勝利する。
以来、星野は不良達を従え、学校を支配しだした。

雄一たちも星野の命令には絶対服従を強いられていた。
そんな星野の犠牲者の1人が津田詩織で、暴行され淫らな写真を撮られたため、援助交際を強要されその稼ぎを星野に納めさせられていた。
そんな彼女の監視役として、雄一は彼女と共に行動するよう命令された。

援助交際を終え2人家に帰る途中、詩織は雄一に金を投げ、雄一を蹴り殴った。
そして川へと飛び込んだ詩織は、ずぶ濡れになりながら泣いていた。

雄一は、フィリアとして書き込む「僕にとってリリイだけが、リアル」だと。
そして青猫に呼びかける「リリイの物語を聞かせてくれ」と。


lyly-piano.jpg
中学では、合唱コンクールがあり、クラスごとに練習が始まっていた。

雄一のクラスでは、彼も思いを寄せているクラスのアイドル的存在の久野陽子(伊藤歩)がピアノを弾く事になった。
lili-kannzaki.pngしかし、日ごろから久野を敵視している、クラスを仕切る女子・神崎すみか(松田一沙)とその仲間達が練習を拒否した。
久野は曲をピアノ無しでアレンジし好評価を得るが、ボスの神埼はその編曲が久野の手によると知って、敵意を募らせた。


lili-tandem.pngそんな時、合唱コンクールのリーダーを務めた佐々木と一緒に帰った陽一は、佐々木が津田詩織が好きだと打ち明けられ、詩織との仲を取り持った。

また雄一は、星野から久野陽子を工場跡地へ誘い出し、罠にかける手引きをしろと命令を受けた。
lili-Fact.png

そこには神埼がおり、工場内で不良達にレイプされる久野陽子の姿を、窓から嘲るように見ていた。
神埼はその工場が星野の父のもので、夏休みに会社が倒産し、彼の家族が離散したと話した。
雄一は好きな久野が犯されている工場の外で、ただ泣いていた。
lili-cry.png

「無限のループを堕ちていく。誰か助けて」とフィリア=雄一は、書き込んだ。
それに対し「僕も同じ痛みの中にいるから」と、青猫は呼応した。


14歳の少年少女達には、更なる過酷な運命が待ち受けていた・・・・・・・・・・・

========================================================
スポンサーリンク

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』予告

========================================================

『リリイ・シュシュのすべて』出演者

蓮見雄一(市原隼人) /星野修介(忍成修吾)/久野陽子(伊藤歩)/津田詩織(蒼井優)/佐々木健太郎(細山田隆人)/神崎すみか(松田一沙)/多田野雅史(郭智博)/清水恭太(笠原秀幸)/飯田待典(五十畑迅人)/寺脇仁志(勝地涼)/仲貝弘和(内野謙太)/犬伏列哉(沢木哲)/池田先輩(高橋一生)/蓮見静子(阿部知代)/島袋(市川実和子)/高尾旅人(大沢たかお)/星野いずみ(稲森いずみ)/レストランの中年男(杉本哲太)/小山内サチヨ(吉岡麻由子)/恩田輝(田中要次)/中古CDショップ店長(上田耕一)/パーマ屋の客(鷲尾真知子)/黒崎大(ジャイアント茶所)/津田の客(武発史郎)/シーサー(カッチャン)/オタク(樋口真嗣)/岩崎(藤井かほり)/ふゆ(中島唱子)/神田先輩(南イサム)/クリオネ(中村太一)/辻井影彦(西谷有統)/黒崎伸一(山内秀一)/加藤(田中丈資)/フィリア派(久我未来)/リリイ派(原田優一)/笹野涼香(児玉真菜)/生田恵(相坂真菜美)/磯川良子(吉川明)/東海林真澄(北原ヨリ子)/井沢紀子(伴杏里)/村上奈津美(田口未央)/杉沢弥生(宇野まり絵)/遠藤佐知 (馬場喬子)/マリン海遊従業員(広田愛)/マリン海遊従業員(ヘレナ)/マリン海遊従業員(中村綾乃)/三味線奏者(大枡美穂)
========================================================


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする