2017年02月21日

『ティファニーで朝食を』オードリーの反資本主義・ラストあらすじネタバレ

ティファニーの幸福



評価:★★★★  4.0点

実を言えば、この映画はオードリーの役としては、けっこうキワドイものではなかったかと、思ったりします。
何せ14歳でテキサスの田舎で結婚させられ、自由を求めてニューヨークで娼婦まがいの生活をする、女性の役なのです。
しかし、そんな汚れ役であったからこそ、逆にオードリーの妖精力が際立って、この映画を都会のファンタジーとして輝かせたように思います・・・・・


ティファニーで朝食を・あらすじ

ニューヨークの早朝タクシーから降りた若い女性ホリー(オードリー・ヘップバーン)は、ティファニーのショーウインドウを覗きながらパンとコーヒーで朝食を取る。彼女は名前のない猫と、アパートの一室に住んでいるが、すぐ鍵をなくす癖があり、階上に住む日本人の写真家ユニオシ(ミッキー・ルーニー)に開けてもらう日々だ。ある日、ホリーのアパートの上階にポール(ジョージ・ペパード)という作家志望の青年が越してきた。彼は作家と言いながら、タイプライターにはリボンがついていず、インテリアデザイナーという夫のある中年女性をパトロンとしており、ベッドを共にすることで資金援助をしてもらっている。ポールはホリーと知り合い、徐々にホリーの自由奔放な生活や、複雑な性格に興味をおぼえはじまる。ホリーも、ポールを信頼し友達になろうと告げる。ホリーは夜の社交界で男達と付き合うことで、生活費を稼いでいたがすぐに浪費してしまうのだった。そんなホリーはマフイアのボス、サリー・トマトに週一回面会に、シンシン刑務所に行く仕事もしていた。
tiffe-nitebed.gifそんなある夜、しつこい男から逃れるため、ポールの部屋へ窓からホリーが逃げ込む。彼女は“ティファニー”のことや、入隊中の兄が除隊するのでメキシコで一緒に住むのだという夢を語った。ホリーは「わたしたちはただの友達よ」と言い、ポールのベッドにもぐり込んで寝た。
次の日お礼にとホリーの部屋のパーティーに呼ばれたポールは、バカ騒ぎの中でホリーがハンサムなブラジル男性よりも、見た目の冴えない大富豪ラスティにアプローチするのを見ていた。徐々に親しくなる二人だが、そんなある日ポールの前に、テキサスからホリーの夫だという男がやって来て、ポールを通じてホリーに帰宅するように働きかけて欲しいと依頼する。実はホリーは14歳で夫に嫁ぎ前妻の4人の子供を育てていたという。そしてある日家出をしたというのだ。夫は兄フレッドも戻るから一緒に家に帰ろうと求めたが、ホーリーは私は帰れないと夫だけをバスに乗せて自分は残った。
そんなとき、ポールの短編が50ドルで売れ、ホリーの部屋に報告を行く。彼女の部屋の前の新聞に大富豪ラスティーの結婚が報じられていたが、ホリーは大金持ちのクセに借金まみれだったと気にも止めていなかった。小説の採用の祝いにホリーはポールを“ティファニー”に誘い、ポールは10ドルで何かプレゼントをと、オモチャの指輪に名前を入れてもらうことにした。そして、その日デートの終わりにはキスを交わし別れた。
Tiffany-poul-love.gifしかしその翌日には、ホリーは南米の富豪ホセと結婚するためにポルトガル語を勉強していた。ホリーをすでに愛しているポールは怒りを覚え、二人は激しく言い争う。
その晩ホセと帰ってきたホリーは一通の電報を見て、パニックに陥った。そこには兄フレディーに関する驚くべき知らせが・・・・・・・・・

(原題 Breakfast at Tiffany's/アメリカ/製作年1961/115分/監督ブレイク・エドワーズ/脚色ジョージ・アクセルロッド/原作トルーマン・カポーティ)

========================================================

ティファニーで朝食を感想・解説

========================================================

この映画のホリー役が、最初マリリン・モンローにオファーがあったといいますが、それこそあるべきこの映画の姿だったように思います。
milion-Mari.gif
マリリン・モンローのちょっとおバカな可愛らしいキャラクターが、お金持ちが好きというのはどこか笑って許せる雰囲気があります。

たぶんマリリンだったら、アメリカ的な資本主義の象徴として「ティファニー」を信奉する姿とは、陰を感じさせない、愛らしい大らかさとユーモアーを生むドラマとして成立したと思うのです。

当ブログ関連レビュー:
『百万長者と結婚する方法』
マリリン・モンローが富豪との結婚を
目指すコメディー

ところが、イギリス生まれのオードリーには、「妖精」と呼ばれるように、どこか清潔さと、生命力の弱さがイメージとして付いて回るように思います。
tiffanys-audrey-2.jpgそんなオードリーが、貧しい少女時代から抜け出し、ニューヨークで成功を夢見て富豪と結婚しようと苦闘する姿は、どこか痛々しさや悲哀を感じさせるように思います。

事実オードリー自身も、ホリー役はミスキャストだと感じていたそうです。
しかし、この映画は、その娼婦役をオードリーが演じたからこそ名作になったのだろうと個人的には感じます。


tiffa-hat.gifやはりオードリーは、美しさと同時に儚さと影をまとった女優ではないでしょうか。
だからこそ、ティファニーの美しさを求め、男達と際どい綱渡りをするホリーの役を演じても、汚さや醜さを感じさせず、逆に成功の影にある虚しさや哀しみを、表現できたのだと感じます。

USA-flag.pngたぶん、マリリン・モンローというアメリカ資本主義の価値観を、そのまま信じて体現したような女優にあっては、欲望に生きざるを得ない女達の悲しみは出なかったように思います。
そうするとこの映画のラストシーンは、本当はお金が大事なんだけど、男なんか好きになっちゃった私って「おバカねぇ〜」という、陰影に乏しいコメディーになったのではないでしょうか?

やはりオードリーが演じたことで、お金に執着する「貧しさの悲哀」が表現されたように感じます。
そしてそれは、貧しさゆえに富を求めざるを得ないアメリカ合衆国の建国基盤、貧しさゆえに移民してきたアメリカ国民の持つトラウマの切なさを表現しているようにも思うのです・・・・・


tifa-moon.jpgつまりこの映画のオードリーが表現していたのは、アメリカ資本主義に対するアンチテーゼであり、それはオードリーだからこそ表現できたように感じられてなりません。

やはり妖精に、お金は似合わないようで・・・・・・

もっとも、現代で「お金より愛」を選ぶ姿は、ファンタジーとしてしか成立しないという事も、オードリーの現実離れした美しさが表していたようにも思いました。

========================================================

ティファニーで朝食をテーマ曲「ムーン・リバー」

========================================================

この映画にはコマーシャルな要素が、実にふんだんに取り込まれていると思いますが、その一つがこの映画のテーマ曲「ムーン・リバー」にあることは間違いないと思います。
ヘンリー・マンシーニ作曲の、美しく、それでいて、どこか哀愁を帯びたメロディーは、都会の揺らぐ大人達のファンタジーを華麗に彩っていると思います。
オードリー・ヘップバーンの歌う「ムーン・リバー」

ムーン・リバー歌詞和訳
Moon River, wider than a mile, (月の川、一マイル(1.6Km)より広い)
I'm crossing you in style some day. (私はいつか堂々と、月の川を渡る)
Oh, dream maker, you heart breaker, (ああ月の川、夢紡ぐ者、夢奪う者)
wherever you're going I'm going your way. (どこでも月の川が進む所、私も進む)
Two drifters off to see the world.(二人の漂流者は、世界を見る)
There's such a lot of world to see. (世界には多くの見るべきものが)
We're after the same rainbow's end (私達は虹の終わるところへ)
waiting 'round the bend, (角を曲がった所に待ち受ける)
my huckleberry friend, (私のハックルベリーの友=最高の友)
Moon River and me.(月の川と私)

女優さんの歌ですね・・・・・
因みに、映画完成後の試写会で、就任したばかりのパラマウント映画の新社長が、歌のシーンに対し「ワシが思うに、まず第一に、この馬鹿な歌をカットすべきだ」と言い、オードリーは立ち上がり「私が死んだらカットして!(Over my dead body!)」と叫んで、死守したシーンだったそうです。
この歌がなければ・・・・・・魅力半減ですけどねぇ・・・・
更に因みに・・・・
作曲家のヘンリー・マンシーニは、オードリーのためにこの歌を書き、その後多くの歌手が歌ってもオードリーの歌が一番良いと語っていたそうです。

一応他の歌手のムーン・リバーもご紹介・・・・・興味のある方は聴いて見てください。

ムーン・リバーと言えばこの人アンディー・ウイリアムス


ジャージなルイ・アームストロングのムーン・リバー


変り種、エリック・クラプトンとジェフ・べックのムーン・リバー


エルトン・ジョンのムーン・リバー(1分辺りから歌)


最後に一番沁みた、ジャズ歌手・アンドレア・ロストの素直なムーン・リバー

========================================================

宝飾店ティファニーとは?

========================================================

映画の中でホリーは、嫌な事があるとティファニーに行くと語っています。
そんな女性を虜にする宝飾店ティファニーを、今更ながらご紹介。
ティファニー(英称:Tiffany & Co.)は、世界的に有名な宝飾品および銀製品のブランドである。
1837年9月18日にアメリカで創業され、今日では、ロンドン・ローマ・シドニー・東京など世界20カ国にブランドショップを持っている。
<下:ティファニーのダイヤの紹介>

[ティファニーの歴史]
1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立した。
一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれた。この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いており、文房具や装飾品などを扱っていた。
1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出した。この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がる。
1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始。アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用した。(wikipediaより引用)

<レディーガガの語るティファニー>

私はニューヨークで生まれ、ニューヨークで育った。そして生まれながらにしてティファニーが1番だと知っている。もしあなたが最も真実で価値ある瞬間を得たいなら、ティファニーの店に行ってショーウィンドウを見ればいい。私は平凡だった、でも19歳になってアーティストとなって純粋に反逆者となる理由を得て、生まれ変わったといいたいの。それはもっと力強いセンスを感じた。私はいつでも現状のステータスに挑戦し続けたい。私は変化を愛する。変化は私に活力を与える。私は不思議すぎ、あまりに違い、私は、飛び抜けすぎて、芸術的すぎる。あら、あまりにも思い上がった言葉かしら。でも分かる、創造的であるという意味。私には結局それ以外の道は無い。私は思うの。創造性に権限を与え重要性を持たせるべきだって。私があなたを迎えに行くわ
[ティファニーの歴史]
1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称した。そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置された。ティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用する。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立する。
1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせた。このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されている。
1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流とされている代表的なものである。
1967年にタンザニアで発見された青色のゾイサイトをタンザナイトと名付け売り出した。タンザナイトの産出は年々減少している。
本店は1940年にニューヨークの5番街・57丁目に移転した。この店はオードリー・ヘプバーンが主演した映画『ティファニーで朝食を』のおかげで観光名所の一つとなっている。(wikipediaより引用)

『ティファニーで朝食を』のティファニー店内シーン
長いですが名シーンです・・・・・

【大意】ポール:ポールこのレディーのプレゼントを探しているんだが/店員:承知しました。何かお心にお決まりの物がございますか?/ポール:そう、ダイアモンドも考えたが、君を怒らせたくはないんだが、でもこのレディーはダイアは品がないと感じてるようでね。/ホーリー:そうねそう思うわ。ご年配のご婦人には素晴らしいけど、でもダイヤは私には合わない、お分かりかしら。/店員:かしこまりました。/ポール:正直言えば、それは第二の問題と言うべきで、第一に経済的な問題があるんだ。私が使える金額が・・・・限られてて。/店員:いかほどかお尋ねしても?/ポール:$10。/店員:$10。/ポール:それが払える金額。/店員:承知しました。/ホーリー: $10で買えるもの何かある?/店員:率直に申し上げまして、奥様、その金額ですと品揃えが限られておりまして。しかし、何か有るはずで御座います・・・・判りました・・・・この商品などは珍しくて、物を持ち飽きた方などに。お分かりでしょうか、紳士淑女や全ての方々がお使い頂ける、純銀の電話ダイヤル回しです。税込み$ 6.75でございます。/ホーリー:純銀の電話ダイヤル回し。/店員:さようでございます。$ 6.75連邦税込みでございます。/ポール:そう、価格は良いけど、でも言わせてもらえれば、もっとなにか他のものを望みたいな・・・・何て言うべきか・・・・ロマンチックな感じのモノを/ホーリー:ダイヤル回しも役に立つけど、どうかしら?/ポール:そうだ、何かに字を刻んでくれないか?/店員:ようございますが、その何かをお買い求め下さいませんと、字を刻むのは無理かと存じますが。いかがです。/ポール:これはどうだろう。ちょっと賢くないか。/店員:ティファニーの製品ではございませんね?/ポール:いや実は買ったんじゃなくて、コーンキャンディーの箱に入っていたおまけなんだ。/店員:なるほど。まだおまけが付いているのですな?/ポール:そう/店員:それを知って嬉しい心持が致します。めまぐるしく移り変わる世の中で、変わらないものがあるのはホッとします。/ホーリー:ティファニーは本当にそれに字を刻んでくれる?/店員:さよう、いささか異例ではございますが、ティファニーは大変物分りがよいとご承知いただけるかと。イニシャルをおっしゃって下されば、翌朝には準備できているかと存じます。/ホーリー:ね、ステキな所だって言ったでしょう?
注:ティファニーの公式サイトによると、「ティファニー商品以外の文字入れは、承っておりません」との事です。玩具の指輪を持ち込まないように注意しましょう・・・・・・・

全てのブランドの価値とは、付加価値だと言えます。
それは希少性であったり、優雅さであったり、特別なデザインであったりしますが、ミモフタも無い言い方をすれば、物自体の原価価値に様々な意匠を加える事でバブル的価値を生んでいると定義すべきでしょう。
移民の国アメリカにおいては、ヨーロッパの王侯貴族が存在せず、従って王族を相手にし成長してきたヨーロッパの宝飾ブランドと、ティファニーは若干違う色を持つように思うのです。
それは、庶民的で、どこか権威主義的な色合いが薄いように感じられます。
そのブランドの趣は、アメリカ庶民がいつか手に入れる成功の象徴として、ちょうど良いバランスのブランド価値を保持していたと、この映画を見て思ったのでした。
これが例えば"エルメスで朝食を"って題名だと、何かイヤらしい響きが・・・・・・
それゆえ、テキサスの貧しい娘、ホリーが頑張って幸福になることの象徴として、ティファニーは見事な輝きを発していたように思います。

tiffany-rogo.jpg

そういう意味ではティファニーとはアメリカ的なブランドであり、この映画はアメリカ的な物語だったんだなぁと感じたのでした。

========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降

ティファニーで朝食を・ネタバレ

ティファニーで朝食を・ラストシーン

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

(あらすじの続き)
電報はフレッドの事故死を伝えるものだった。駆けつけたポールはホリーを押さえ、泣き崩れる彼女をホセに託し部屋を出る。

ホリー:今晩はポール/ポール:今晩は/ホセ:今晩は/(部屋から叫び)ホセ:お願いです/ポール:彼女に何をした?/ホセ:何も、電報を見たら急に、気が狂ったようになった。人に知られたら困る家名に傷がつく。また警察が来るだろうか?/ポール:部屋で暴れても法律には違反しない。電報はどこだ”フレッド死亡。ジープ事故。君の夫も子供も深く悲しんでいる。至急ドク”兄だ/ホセ:仲が良かったんだね?どうしよう・・・/ポール:彼女を慰めてやれ。俺ではダメだ。ブラジルに牧場を?/ホセ:ああ/ポール:それは良かった。彼女は気に入るだろう。さあ、行ってやれ。

ポールはパトロンと別れる事を決心し、彼女が家賃を払っているアパートを出ていく。
そんなポールがホリーの部屋を訪ねたのは、ホリーがホセとの結婚のためリオデジャネイロへ行くので、お別れをしたいと言ったからだった。その夜食事から帰った2人は、麻薬科の警官数人に手錠をかけられ連行された。刑務所に面会の際サリーは、ホリーに知らせず暗号を伝えさせ麻薬の密輸に加担させていたのだった。
texifani- police.png
ホリーは、警察に留置されるが、ポールの奔走でホリーのボーイフレンドの一人に彼女の保釈金を用意させ、明朝ポールは彼女の飼い猫と共に、タクシーで警察に保釈されたホリーを迎えに行く。
ホリーはリオへ向かおうとするが、ポールはホセからの別れの手紙を読み、ニューヨークに留まるように言う。
それでも南米に行って富豪を探すと泣き出すホリーに、愛を伝え、共に暮らそうと言うポール。
ホリーは檻に入れられるのは嫌だと拒絶し、土砂降りの雨の中へ猫を捨ててしまう。
ポールは、ホリーは既に自分で作った檻に入っている、そして自分という檻はどこへ行っても付きまとうと言い、ティファニーの指輪をホリーに渡し、猫を探しに土砂降りの雨の中を去っていく。

ポール:僕は君を愛してるんだ。/ホーリー:それが何?/ポール:それが何かって?十分な理由だろ!愛してるんだ。僕のものだ。/ホーリー:いいえ。誰も誰かのものじゃない。誰も私を檻になんか入れさせない。/ポール:愛して欲しいだけだ。/ホーリー:それは同じ事よ。/ポール:違う。それは違うよホーリー!/ホーリー:私はホーリーじゃない。ルーラでもない!私が誰か分からない!この猫と一緒よ。名無しのノラ猫。私と猫は誰のものでもないし、誰も私達のものにしない。私達はお互いでさえ、どちらのものでもない。タクシーを止めて。/ポール:何を/ホーリー:あなたのようにタフな猫は、行きたいところに行くのが正しいわ。行きなさい!消えて!出して。運転手さん・・・・/ポール:ここで止めろ。君の何が問題か分かるか、君はミス・フーバーだろ?君は臆病者だ。君は根性なしだ。君は"人生の事実"を認められない。人は恋に落ちれば、お互いに相手のものになる。なぜなら、それが他の人間と真に幸福になる、唯一のチャンスだからだ。君は自分を自由な魂と言ったが、乱暴なだけだ。君は誰かに檻に入れられると恐れているが、だがね、君はすでに檻の中だ。君が檻を作っているんだ。その檻はチューリップに囲まれてなんかいない、テキサスかソマリランドだ。どこでも行けばいい。どうせ、どこに君が逃げようと、最後には自分に行き着くんだ。ほら、一ヶ月近くずっとコレを持ってたけど、もう僕には必要ない。(猫を探すポール。ホリーもやってくる)ホリー:猫はどこ?/ポール:分からない(ホーリー猫を探し、見つける)

路地の廃棄された箱の片隅で、ホリーは猫を見つけ、ポールと抱き合いキスを交わす。
この路地裏で震えていた猫こそ、ホリーそのものだったように思います・・・・・・
彼女がお金ではなく、愛で幸せを感じられると良いのになと祈っております・・・・・・

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:13| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

映画『Ray/レイ』レイ・チャールズの伝記・あらすじ・ネタバレ・ラスト・感想

映画で伝記は難しい



評価:★★★   3.0点

この映画の見所は、何といってもジェイミー・フォックスの本人と見間違うかのような演技です。
また、レイ・チャールズって誰?というソウル・ミュージックに今まで興味がなかった方にとっては、レイの人生を上手くまとめたガイドブック、入門書的な映画として優れていると思います。

しかし、個人的には、もっと別の描き方もあったのではないかと、少々残念に感じたのも事実です・・・・・

Ray/レイ・あらすじ

17歳のレイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、ジョージア州で生まれ、フロリダ州のセントオーガスティンで黒人にピアノを教えられて育った。1948年、17歳の時バスでシアトルに移り、小さな酒場Rocking Chairで歌い、同時にヘロインも覚える。翌年、マクソン・トリオとして人気が出て、バンドとツアーに出るようにもなる。
しかしレイは幼少期にトラウマがあり、水に浸かる感覚に襲われ、弟を熱湯で溺死させた後悔があった。そして、7歳のときに緑内障で視力を失っていた。
バンド活動の後、レイはソロとして活動を始め“Baby,Let Me Hold Your Hand”でデビュー。ナットキングコールやチャールズ・ブラウン の二番煎じといわれながらも、“Mess Around”1954年 “I Got a Woman”がヒットする。ゴスペル 歌手のデラ・ビーと結婚もし、長男も生まれる。同時に愛人メアリー・アンと関係を持ち、さらに1957年女性ボーカル・グループのレイレッツ(Raelettes)のマージーを愛人にする。1959年「ホワッド・アイ・セイ」が大ヒットし、愛人マージーと共にロスに移住した。アトランティックレコードからABCレコードに移籍し、1960年「我が心のジョージア」でグラミー賞を初受賞。「旅立てジャック」(Hit the Road Jack)がヒットした。公民権運動が盛んになり、ジョージア州での公演を差別を理由にキャンセル。「アンチェイン・マイ・ハート」(Unchain My Heart)を歌った後、警察に逮捕されるがかろうじて釈放される。欧州ツアーも成功しヒットも出るが、男児を生んだ愛人マージーはヘロインで死亡する。さらに1965年ボストン空港で麻薬密輸で逮捕される・・・・・・・

(原題 RAY/製作年2004/アメリカ//監督テイラー・ハックフォード/脚本テイラー・ハックフォード、ジェームズ・L・ホワイト)

Ray/レイ出演者

レイ・チャールズ(ジェイミー・フォックス)、デラ・ビー・ロビンソン(ケリー・ワシントン)、マージー・ヘンドリクス(レジーナ・キング)、ジェフ・ブラウン(クリフトン・パウエル)、メアリー・アン・フィッシャー(アーンジャニュー・エリス)、ジョー・アダムス(ハリー・J・レニックス)、アレサ・ロビンソン(シャロン・ウォーレン)

Ray/レイ受賞歴

第77回アカデミー賞・主演男優賞
2005年ゴールデン・グローブ賞最優秀主演男優賞(ジェイミー・フォックス)


第77回アカデミー賞・主演男優賞ジェイミー・フォックスのスピーチが感動的

プレゼンターはシャーリーズ・セロン。
【大意】ワォ、ワォ、ワォ。もう一回やらなきゃ!うぉ〜(観客も答える)あ〜〜〜(観客も答える)イヤ〜準備は良いか。これがレイチャールズだ。レイ・チャールズと彼の美しい遺産のために拍手を送りましょう。
私は今日多くの人々に感謝を捧げたい(関係者に対する賛辞)
私は、この経験により、多くの人々と知り合う機会を得ました。そして、他の人々にも感謝したい。私の妹4フィート11しかないが、純粋な愛を持っている。私の娘にも感謝したい、私がここに立つより前に「もし勝てなくっても、お父さん、ずっといかしてるから」と言ってくれた。
私はオプラ(ウィンフリー?)とハル(ベリー?)に会ったので、名前を言わせて欲しい。後で二人と話したい。
オプラはシドニー・ポワチエと呼ばれる人物に会わせてくれた。そしてシドニー・ポワチエは言いました「前に見たことがあるよ。君の目を見たら、そこにつながりを見出したよ」そして彼は「私は君に責任を上げよう」と言いました。それで、私は今夜その責任を果たせました。ありがとうシドニー。
これから話す事はこのスピーチの中でも最も難しい部分でしょう。私の娘は私の祖母の名前マリーを共有しています。私の祖母の名前はエステル・マリー・タリー。そして今夜彼女は来ていません。それこそが困難な部分です。しかし彼女は私の最初の演技の師でした。彼女は私に言いました「真直ぐ立って。肩を後ろに引く。何らかの感覚を掴んで演技する」私達はいろんな所に行き、私が乱暴な事をすると彼女は言いました。「行動はどこででも自分らしく」そして、私が馬鹿なことをすると、彼女は私を叩きました。彼女は私を折檻し、そして偉大な彼女は、折檻する事でオスカーへの道を示したのです。彼女は折檻のあと「お前を南部の紳士にしたい」からとその理由を語りました。そして今でも彼女は私と話します。今では彼女は私の夢の中でしか語りかけませんが。でも、今夜は寝るのを待ちきれないぐらい、いっぱい話すことがあります。愛してます。

========================================================

Ray/レイ・チャールズとは?

========================================================

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。
盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。
「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。(wikipediaより)


<レイチャールズ名曲集>

Georgia On My Mind (LIVE)


サタデーナイトライブの"Hit the Road Jack"


若き日のレイ・チャールズ(1964年)"Unchain my Heart"


レイ・チャールズ、サントリーウィスキーのCM曲"いとしのエリー"


========================================================

Ray/レイ・感想・解説

以下の感想には当映画に対する否定的内容が含まれています。
========================================================


間違っていない。
歌っている。
踊っている。
時代も描かれてる。
苦悩もある。
盛り上がりもある。

ジェイミー・フォックスの本人と見間違うかのような演技も必見の価値がある。

でも、浅い。

この映画より、レイの唄のワンフレーズを真剣に聞くほうが、ソウルが、ブルースがある。

レイを知らない人向けの、カタログのように感じた。
映画で伝記を描くのはホントに難しいと思う。

例えば、この映画に黒人がブルースを生む根源的理由が描かれているだろうか。
人種差別問題を抜きに、アメリカの不公平な社会の実体を描かずして、麻薬に溺れるわけも、成功すればするほど苦しまざるを得ない、アフリカ系アメリカ人の現実を理解できるはずはない。

しかし、そこまで描けばハリウッド映画として流通が難しいと思った、製作者側の意向が反映されていると思わざるを得ない。

結局のところ伝記は文章・言葉の方が、正確に深く伝えられると思う。

・・・・・・・・・・・という事で、レイ・チャールズ自伝『わが心のジョージア レイチャールズ物語』より
彼の言葉を

「ことさら世間に宣伝するつもりはないが、私が差別問題に最初に反対した音楽家の一人だった」

「どんなにささやかな名声しか得られなくても、私は黒人の前で演奏して稼ぐ道を選んだろう。私を支え続けてくれたのは彼らであり、その彼らを辱めるようなことなど決してできなかった」

「私に関して重要なことは”私は変わらない”ってことだ。絶対に変わらないんだよ。50年代、私がゴスペルの曲をリズム&ブルースに変えた時、私は地獄を味わった。牧師たちは私を汚い犬と呼んで、地獄で腐ると言ったんだ。私はそのころ、まったく金が無かった。馬鹿みたいに極貧だったが、でもあのころのレイと今のレイはまったく同じなんだ。自分がすべきことをするだけだ。私は音楽を変えたかった。金も稼ぎたかった。神様の精神を汚したから私を殺すって言うなら、どうぞ勝手にしろ、ってね」

「私がデトロイトでコンサートをした時のことだ。プロモーターがやってきて、スティービー・ワンダーという10歳の少年をステージに上げて歌わせていいかと訊いてきた。私は了承したがそのステージを聴いた瞬間、その子供が驚くべき才能の持ち主だと分かった」

「みんなは、私がカントリー・ミュージックをやることに困惑しているようだ。(中略)たまに、友人や記者から、私が商業主義に走ったという声を聴くことがあった。その意味がまったくわからなかった。私はそれ以前もずっと商業的だったと思っていたからだ。私はお金のために演奏するまさにその音楽業界に身を置いているのである」

「私は自分がアメリカを愛いしてないなどと嘘は言わない。アメリカを愛してはいる。だがこの国の何にいらだつのかをはっきり言おう。それは偽善だ」


残念ながら、レイの深さを感じられなかったのが、寂しくてチョット厳しくなりました。

許してください。

映画自体は、手際よく音楽的業績やヒット曲も網羅して、うまくまとめています。
この映画を見て、レイ・チャールズの曲を好きになる人が増えれば、レイも天国で喜んでくれることと思います・・・・・


ご興味のある方は当ブログの下の記事をご覧頂くと、人権問題、ブラックミュージックについての問題の根深さが、至らない文章ながらも、若干は伝わるかと思います・・・・・・・・
当ブログ関連レビュー:
『招かれざる客』
黒人差別の歴史を書いています。


当ブログ関連レビュー:
『キャデラック・レコード』
ブルースの歴史を書いています。


当ブログ関連レビュー:
マイケル・ジャクソン『ムーン・ウォーカー』
マイケル・ジャクソンの受けた黒人差別を書いています。


当ブログ関連レビュー:
『ブルース・ブラザース』
レイ・チャールズ本人も登場する最強ブルース・ギャグ映画。


当ブログ関連レビュー:
『クラッシュ』
現代アメリカにある人種間の摩擦の真実。



========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降

Ray/レイ・ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

妻ビーの説得で麻薬更生クリニックに入り、禁断症状に苛まれるが麻薬から足を洗った。
弟の溺死事故からのトラウマも克服した。


【意訳】
ハック医師:あなたは、身体的な反応の最悪の事態を切り抜けました。我々は、精神療法セッションを開始しなければなりません。/レイ:あー、それ、忘れてください。頭はスッキリしてますよ先生。もうコントロールできてます/ハック医師:チャールズさん、あなたは私が関わった、最初の有名人ジャンキーではないんです。/レイ:ジャンキー?何だって・・・/ハック医師:誰も私を騙す事はできない。いくら払おうとね。/レイ:そんなことしてません/ハック医師:あなたが私がその裁判官に肯定的な報告を出して欲しいならば、それに見合う事をしなければなりません。/レイ:先生!ハック先生!先生(水に浸る)/母:レイ、さあ、レイ、私と遊んで・・・・彼は、そこにいません。坊や私と話して・・・・私は悪夢よ・・・・どんな麻薬だって、私を遠ざけることはできない・・・・/レイ:ママ、約束を守ったよ。/母:あなたは、ちゃんと強くなった。私が思いもしないところまで行った。でも、あなたはまた障害を持った・・・・・坊やここにおいで・・・・ここに/弟:レイ・・・・兄さんの失敗じゃない/母:ここで、私達に約束して・・・・・・あなたは、もう決して他の人間にならないって。そして何があっても、あなたはもう二度と障害を持たないって。そしていつでも自分の二本の足で立つって/レイ:約束するよ・・・・


========================================================

Ray/レイ・ラストシーン

========================================================

そして79年、ジョージア州は、かつてコンサートの契約違反で永久追放を宣告したレイの名誉を回復し、『我が心のジョージア』を州歌と認めた。
Ray-Last.png


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 18:35| Comment(4) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

『プライベート・ライアン』地獄の戦場の理想・ネタバレあらすじラスト

ライアン二等兵を救う意義



評価:★★★★  4.0点
この映画の冒頭30分のノルマンディー上陸作戦の戦闘シーンの激しさは、露悪的とすら言いたいぐらい血と肉に満ち溢れている。
そのシーンの最後には海が血で真っ赤に染まり、肉塊が海岸のそこかしこに転がる凄惨なものだ。

しかし、この映画にはそのドギツイ描写が必要不可欠だったと思われる・・・・・

プライベート・ライアンあらすじ

第2次世界大戦の1944年。米英連合軍はフランス・ノルマンディ上陸作戦を決行し、オマハビーチでドイツ軍の防衛陣からの銃撃を受け、多くの兵が命を落とす。中隊を率いるミラー大尉(トム・ハンクス)に、軍首脳部より命令が下る。「4人兄弟のうち3人の兄が戦死した家族の、生き残り末っ子のジェームズ・ライアン2等兵を探し出し、故郷の母親の元へ何としてでも帰国させよ」というものだった。ミラーは古参軍曹のホーヴァス(トム・サイズモア)、2等兵のレイベン(エドワード・バーンズ)、カパーゾ(ヴィン・ディーゼル)、メリッシュ(アダム・ゴールドバーグ)、名狙撃手ジャクソン(バリー・ペッパー)、衛生兵のウェード(ジョヴァンニ・リビジ)、ドイツ語とフランス語が堪能だが実戦の経験が無いアパム(ジェレミー・デイヴィス)を選び、敵地の中を突っ切り前線へと探しに向かう。進軍する中で、ひとり、ふたりと倒れていき、なぜライアン1人に8人が命をかけるのかと、兵の間で怒りが蓄積されていく。隊長のミラーは任務を果たし家に帰るのが誇りだと語り、兵達も戦争の中に何か意義を見出そうと前へと進む。前線でミラーの隊は空挺部隊と合流し、その中にライアン2等兵(マット・デイモン)がいた・・・・・

(原題 SAVING PRIVATE RYAN/製作年1998年/アメリカ/170分/監督スティーヴン・スピルバーグ/脚本ロバート・ロダット/製作イアン・ブライス )

プライベート・ライアン出演者

ジョン・H・ミラー(トム・ハンクス)/マイケル・ホーヴァス(トム・サイズモア)/リチャード・ライベン(エドワード・バーンズ)/ダニエル・ジャクソン(バリー・ペッパー)/スタンリー・メリッシュ(アダム・ゴールドバーグ)/エイドリアン・カパーゾ(ヴィン・ディーゼル)/アーウィン・ウェイド(ジョバンニ・リビシ)/ティモシー・E・アパム(ジェレミー・デイビス)/ジェームズ・フランシス・ライアン(マット・デイモン−青年時、ハリソン・ヤング−壮年時)

プライベート・ライアン興行成績

1998年の全米年間興行成績1位を記録するヒット作。全世界年間興行成績では『アルマゲドン』に1位を譲ったものの2位を記録。全米の2億1000万ドルの興行収入は、2014年に『アメリカン・スナイパー』が記録更新するまでは戦争映画として歴代最高の全米興行収入を記録。

プライベート・ライアン受賞歴

第71回アカデミー賞 5部門受賞(監督賞、撮影賞、編集賞、音響賞、音響効果編集賞)
第56回ゴールデン・グローブ賞 2部門受賞(作品賞、監督賞)
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2部門受賞(作品賞、監督賞)


1999年アカデミー賞・スティーヴン・スピルバーグ監督賞受賞スピーチ

【大意】ありがとう。言うことが許されるなら、私は本当にこれが欲しかったんです。これは素晴らしい。Mrハンクスに眼を転じれば、本当に本当に最初の時から私に言ってました。これは何か驚異的な作品になると。
私達はこの映画について語ったことは無いです。我々が話したのはライアン二等兵を救うという体験についてです。そして彼は正しかった。我々の人生の中で、そして我々家族にとっても、最も素晴らしい事件の一つになりました。我々はずっと一緒に居たのです。(以下妻と子供達に感謝の言葉)
これは驚くべき経験で、そして私は第二次世界大戦でご子息を喪った、親愛なる御家族ただただ感謝をしたいと思います。私はナイランド家(ライアンのモデル:下に説明)とサリバン家(兄弟5人が同時に戦死:下に説明)、そして、私はこれらの大変な損失を受けたすべての家族に感謝を申し上げます。我々は、この戦争のそんな家族の物語を描こうと努めました。そして、それは不幸な事に多くの家族で起きたのです。そして父へ。あなたは最も偉大です。私に過去を振り返りそして過去を尊敬するという名誉を示してくれた。私はあなたをとても愛しています。ありがとう。

========================================================

プライベート・ライアン感想

========================================================

最初にこの映画を見た時には、本当にこの血生臭い映像が必要なのかと、疑問だった。
しかし、映画を見続ける中で、その激しい残虐シーンが無ければこの物語のメッセージ性が落ちてしまうと分かった。
※閲覧注意※
以下には、暴力的でグロテスクな表現が含まれていますご注意下さい。

正直言って、このシーンは過剰だと思わざるを得ないが、しかしこの映画にとってはこの戦闘シーンの血生臭さと残虐性を描くべき必然性が間違いなくある。
なぜなら、戦場という現実がいかに暴力的で無慈悲な一瞬のうちに人を破壊しつくす場所かという事実を、観客に恐怖と共に知らしめなければならないからだ。

Privat-sol1.jpgつまり、そんな一瞬のうちに命を喪う危険が偏在する状況なのだ。
そんな中を、一人の二等兵の救助のために、八人の精鋭が救助に向かうことの危険性や、異常さが、より強く見る者の心に沁み込むからだ。

しかもその理由が、4人の兄弟のうち3人の兄弟を同時に戦争で喪った母親が哀れだからだという、軍上層部の温情からなのだ。

当然、死が傍らにある前線を歩く兵達は不満を漏らさざるを得ない。
privat-sol2.jpg
「俺達にだって親兄弟が居る」
「一人の命のために8人の命を危険に曝すのか」
「俺達はどうなってもいいのか」

ノルマンディの闘いを見た後では、当然の憤懣だし、認めざるを得ない怒りだと、観客側も感じるはずだ。


しかし、中隊長のミラー大尉は、自分自身手が震えるPTSD症状を生じ、今までに98人の部下を死なせ、さらにこの危険な任務で部下を失うリスクを知りながらも、忠実に任務を果たそうとする。

まるで理不尽な行動だと思えるのだが、元教師だったという彼は「正義」をこの命令の内に見出したのだ。
それは、この戦場で唯一正しい行いがこの任務で、その任務を果たせば誇りを持って故郷に帰れるのだという言葉が全てを物語っているだろう。
ミラー大尉の理想主義

(ミラー大尉に納得がいかないという兵に対し、命令を聞けなければ射殺すると軍曹が迫る)
ミラー大尉:マイク?今(ミラー大尉の出身に対する賭け)掛け金はいくらだ?どのくらいだ、300ドルぐらいか?300ドル?俺は学校の教師だった。俺は英作文を、ペンシルベニアのアドレーという小さな町で教えていたんだ。11年間、おれはトーマス・アルバ・エジソン高校で教えていた。春の間は野球チームのコーチをしていた。/ミラー大尉:家に帰れば、皆が私が何の仕事をしていて、善良だと分かっている、今もそうだ。でも、戦場では、大きな、俺は大きな謎だ。それで俺は自分が何か変わったのかと考えた。時として俺は、妻の元に返ったとき、妻に俺だと分からないんぐらい変わってしまったんじゃないかと、不思議な気分になる。それで俺は、たとえば今日のような日のことを、妻に伝えることができるだろうか。ライアン・・・ライアンの事は何も知らない。俺には関係ない。そいつは俺には何の意味も無い。それはただの名前だ。でも、もし・・・・・分かるか・・・・もしラメールに行って、彼を見つけて、彼が家に帰れたら、それは俺が妻の元に帰る権利を得たと言う事だ・・・・・そう、そのとき、そのとき、それは俺の使命なんだ。
/ミラー大尉:隊を離れたいか?お前は離れて戦争を戦いたいのか?いいさ。いいよ、止めない。書類にもサインしてやる。俺が殺した全ての人間が、俺を家から遠く引き離すと知っている・・・・

つまり、彼ミラー大尉は、この地獄のような戦場においても、決して人間性を喪わないのだと語っていると思える。
privat-mira.jpg
つまり、8人の兵の命を的にしても、子供全てを喪う母親の悲しみのほうが重いのだとミラーは信じている。

それは「人間性=ヒューマニティー」が、命の喪失よりも勝る場合が有るのだという、「理想」を語った瞬間だったろう。

そして、史実を紐解けばアメリカ軍は「ソウル・サヴバイバー・ポリシー(唯一の生存者政策)」として後に法制化される、子供全てを喪う家族の悲しみを救うための善意に基づく慣例があったのである。
ソウル・サヴバイバー・ポリシー
ソウル・サヴバイバー・ポリシー、国防総省指令1315.15「生存者のための特別な分離政策(唯一の生存者政策)」は、米国の軍事行動により既に家族構成員がほとんど失われた家族に対し、その残りの生存者を戦闘義務から解放し保護する目的で制定された。
[制定の経緯]
第2次世界大戦中に海軍軽巡洋艦ジュノー(CL-52)が沈没した時、5人のサリバン家の兄弟が全て戦死し、世論を喚起した事から、規制が作られることになった。この政策は1948年に法律として制定された。ベトナム戦争中の1964年まで名目上平時の制限はなかった。議会は1971年、生存している唯一の息子または娘だけでなく、家族内で戦闘に関連して息子または娘が死亡した場合も含む形に法律を改正した。それ以来、軍の各支部は、独自の政策として、家族を直ちに戦闘行為から分離し配属を行ってきた。
[参考例]
ソウル・サヴバイバー・ポリシーが1948年に正式に実施される前にも、唯一の生存者が戦闘義務を免除された事例がいくつかある。
第二次世界大戦中、ボーグストローム兄弟、エルマー、クライド、そして双子のローロンとルーロンは1944年の数ヶ月でそれぞれ戦死した。彼らの両親は、彼らの息子ボイド、彼も兵役義務を持っていたが、兵役から免除させることに成功した。
ニューヨークのべスページ家、チャールズ、ジョセフ、ヘンリーの3人のべスページ兄弟は、すべて第二次世界大戦中に徴兵されました。1944年にチャールズがフランスで行動中に戦死し、1945年にジョセフが太平洋で戦死、イタリアの陸軍空軍に従軍していたヘンリーは、国防総省によって帰国を命じられた。
(wikipedia英語版より意訳)

privat-mat.jpg
この映画のライアン二等兵も、この「ソウル・サヴバイバー・ポリシー(唯一の生存者政策)」を適用され、当時は法制化されていなかったものの、軍上層部の意向により適用されたのである。

この政策は、アメリカ的なフェア精神とキリスト教的な善意に基づく、人道的な理想を具現化したものだったと感じる。
当映画のライアン救出の根拠となった「ソウル・サヴバイバー・ポリシー」を生んだ"サリヴァン兄弟"
サリヴァン兄弟(Sullivan brothers)とは、第二次世界大戦中にアメリカ海軍軽巡洋艦「ジュノー」 (USS Juneau, CL-52) に乗り組み、1942年11月13日の第三次ソロモン海戦直後に「ジュノー」が日本海軍潜水艦伊号第二六潜水艦(伊26)の攻撃によって沈没した際に全員戦死した5人兄弟である。
pura-suliivan.jpg兄弟はアイオワ州ウォータールー在住のトーマス・サリヴァン(1883年 - 1965年)とアレータ・サリヴァン(1895年 - 1972年)の子であり、構成は以下のとおりであった。
ジョージ・トーマス・サリヴァン(George Thomas Sullivan):1914年12月14日生まれ、27歳。二等掌砲手(1941年5月に三等掌砲手から昇進)/「フランク」フランシス・ヘンリー・サリヴァン(Francis "Frank" Henry Sullivan):1916年2月18日生まれ、26歳。操舵手(1941年5月に一等水兵から昇進)/「ジョー」ジョゼフ・ユージーン・サリヴァン(Joseph "Joe" Eugene Sullivan):1918年8月28日生まれ、24歳。二等水兵/
「マット」マディソン・アベル・サリヴァン(Madison "Matt" Abel Sullivan):1919年11月8日生まれ、23歳。二等水兵/「アル」アルバート・レオ・サリヴァン(Albert "Al" Leo Sullivan):1922年7月8日生まれ、20歳。二等水兵

privat-pos2.jpgつまり、この「ソウル・サヴバイバー・ポリシー(唯一の生存者政策)」に共感する、ミラー大尉の姿に、アメリカ的な理想主義を見る。

かつてのハリウッド映画が持っていた人間の理想、キリスト教的な「真・善・美」がベトナム戦争や湾岸戦争、アルカイダ戦争を経た、現代の過酷な現実の中にあっても高く「理想を掲げ」られる事を表現したと思えてならない。

つまりは、この映画は現実の過酷さ悲惨さを戦闘シーンによる凄惨な光景で描き出し、その現実を前にしても人は理想を生きるべきで、そのため命をも捧げるべきだと語った映画だと思う。

当映画のライアンのモデル”ナイランド兄弟”
本作のストーリーは、ナイランド兄弟の逸話が基になっている。
nilanBrot.jpgライアン二等兵のモデルとなったフレデリック・ナイランド三等軍曹には、エドワード、プレストン、ロバートの三人の兄がいた。フレデリックはDデイ初日に、輸送機パイロットのミスで予定の降下地点からかなり離れた内陸地点に降下してしまい、なんとか原隊に復帰したところ、部隊の従軍牧師から3人の兄全員が戦死したと告げられた。国防省のソウル・サバイバー・ポリシー(巡洋艦「ジュノー」に勤務していたサリヴァン兄弟が、ジュノー撃沈によって全員死亡したことを受けて制定されたルール)に基づいてフレデリックは前線から引き抜かれ、本国に送還されることとなった。
フレデリック本人はそれほど帰国したかったわけではなかったらしく、しばらくは部隊と行動を共にしていたが、従軍牧師が書類を提出してしまったため、上層部に認可された後は帰国するしかなかった。帰国後、彼は終戦までニューヨーク州で憲兵として勤務している。
映画と違いフレデリックが原隊に自力で復帰した事からも分かるように、救出隊が組織されたという事実はない。また、母親のナイランド夫人は実際には未亡人ではなかったが、息子3人の死亡通知を同時に受け取ったというのは史実らしい。なお、長兄エドワードの戦死は誤報で(実際には作戦中行方不明)、ビルマの日本軍捕虜収容所に収監されていたところを英軍に救出され、帰国後に母親との再会を果たしている。(wikipdiaより)

しかし、後に続く映画を見る限り、戦闘シーンの激しい描写が一人歩きを始め、より凄惨であれば興行的に成功するという方向に流れているのではないかと危惧する。

それはまた、対テロ戦争を考えた時「理想=大義」のために命を捨てても戦う価値があるという解釈も可能かと思い、満点を付けるのを躊躇せざるを得なかった・・・・・・・・
========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================
以降の文章には

プライベート・ライアンのネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================
========================================================

ライアン二等兵は兄たちの死亡と帰国命令を知ったが、戦友を残して自分だけ帰国することはできないと固い決心を語った。
ライアンの意思の強さを見て、ミラーは闘いが終わるまで帰らないだろうと悟り、橋の防衛戦に共に参加しドイツ軍と一戦を交えることにした。
privat-tank.gif
ドイツ軍戦車を破壊したものの、ミラー大尉も瀕死の傷を受ける。
ミラー大尉の最後の言葉

【大意】衛生兵!衛生兵!衛生兵が必要だ!
ライアン:対地攻撃機P-51だ/ミラー大尉:天使が肩に/ライアン:何ですか?/ミラー大尉:ジェームズ・・・犠牲を無駄にするな・・・・見合った人生を。
(手紙)親愛なるライアン婦人
ご子息ジェームズ・ライアン二等兵が壮健で、近々欧州戦線から帰国するとお伝えできる事に、深い喜びを覚えるものです。
前線からの報告では、世界から専制政治と抑圧を除くための、この大事において貴殿の家族が被った悲劇の損失を知らされたあとさえ、ジェームズが偉大な勇気と不抜の献身を持って、戦闘において彼の義務を果たした伝えています。
アメリカ合衆国陸軍の国防長官として、また一市民として謝意を表し、あなたの健康とジェームスと共に末永く幸福である事をご祈念できることに大きな喜びを感じるものです。
最愛の息子の安全な帰還を持ってさえ、この悲劇的な戦争で大きな損失を被った貴殿、または何千もの他の家族に補償することはできません。私は、損失と心痛の長い暗黒の夜に、私を支えたある言葉をあなたと共有したいと思います。以下、引用します。
"願わくは天にまします我等が神が、あなたの悲しみを和らげ
幸せな思い出だけをあなたに残すことを
自由の祭壇に捧げた尊い犠牲、それを誇りとして下さい。
エイブラハム・リンカーン"
心より謹んで敬意を込めて、将軍、参謀総長、ジョージCマーシャル。

そしてライアンに「しっかり生きろ」と言い残して、ついにミラーも死んでしまう……
========================================================

プライベート・ライアンのラストシーン

========================================================

時を経て年老いたライアンは、ミラーの墓を参り彼の言い残した言葉を、かみしめる。

ライアン:今日は私の家族も一緒です。彼が望んで来てくれたのです。・・・・あなたに対して誠実であったろうかと、ここに戻るまでに自問自答して来ました。毎日あの橋であなたに言われた言葉を、考えてきました。そして出来うる限り最善の人生を生きるよう努力してきました。十分な人生だったら良いんですが。あなたから見て、あなた方全員が私に対して払った犠牲に見合う、人生だったら良いのですが・・・・/妻:ジェームズ/ライアン:ジョンHミラー大尉は私に良い人生を送れと言った。善き人になれと・・・・・/妻:え?/ライアン:教えてくれ、私は善き人だったろうか。/妻:善き人だわ。


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 16:06| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする