2016年07月01日

映画『寒い国から帰ってきたスパイ』東西冷戦時代のスパイ/あらすじ・感想・解説

冷戦時代のリアリティ



評価:★★★★   4.0点

この映画もスパイ映画としては古典的な作品となってしまいました。
東西冷戦時代の、閉塞感に満ちたスパイたちの息を殺したドラマが展開されます。

film1-red-ue.jpg

『寒い国から帰ってきたスパイ』あらすじ


東西冷戦下のベルリン。イギリス諜報部の連絡員リーメックが射殺され、ベルリンの諜報活動の現地指揮官リーマス(リチャード・バートン)はロンドンに呼び戻された。ベルリンでの事件は、東ドイツ諜報機関の黒幕ムントの命令によるものだと知る。リーマス(ペーター・ファン・アイク)は管理官(シリル・キューザック)からイギリス諜報部を解雇され、酒に溺れるようになる。再就職先に図書館の整理係の職を選び、そこで働くイギリス共産党の党員ナンシー(クレア・ブルーム)と恋に落ちる。しかし、荒れた生活は相変わらずで、リーマスは酒を求めて入った食料品店の店主を殴り、警察に逮捕される。釈放されたリーマスはナンシーと再会し、更には東ドイツの諜報部の協力者と接触する。
マークスは諜報部のスマイリー(ルパート・デイヴィス)の自宅に向かい、そこで管理官と密かに接触する。
管理官と諜報部解雇を偽装していたマークスの目的は、東ドイツの諜報部にスパイとして迎え入れられる事だった。東ドイツ諜報部に受け入れられたマークスは、東ドイツ諜報部の黒幕・ムントの失脚を目指して二重スパイとして活動を始める。


film1-red-ue.jpg

『寒い国から帰ってきたスパイ』出演者


アレックス・リーマス(リチャード・バートン)/ナンシー・ペリー(クレア・ブルーム)/フィードラー(オスカー・ウェルナー)/ピーターズ(サム・ワナメイカー)/ジョージ・スマイリー(ルパート・デイヴィス)/弁護士(ジョージ・ヴォスコヴェック)/管理官(シリル・キューザック)/ハンス=ディーター・ムント(ペーター・ファン・アイク)/アッシュ(マイケル・ホーダーン)/ディック・カールトン(ロバート・ハーディ)/パットモア(バーナード・リー)


film1-red-ue.jpg

『寒い国から帰ってきたスパイ』感想・解説



もともと『スパイ物語』の起源は、イギリス探偵小説の系譜を引くもので、イアン・フレミング原作の「007」だって、この映画の原作者ジョン・ル・カレだって、基本的には小説として発表しています。
例えば映画の「007」のようなドンパチ、ドっかん、バッカンというお話では有りません。

本来はもっと、ストーリーとしての複雑さとか、サスペンスで勝負するのが「スパイ小説」の王道です。
この映画は、そんな「スパイ小説」の伝統をそのまま「映画」に置き換えているのがミソです。
原作の持つ、重く陰鬱な世界観をそのまま映画化しているところも、そんな『伝統』を引き継いでいると感じます。

正直言って、白黒映画の効果もあって、くらーく陰鬱なこの世界観は、今見ると相当息苦しく圧迫感すら感じます。
しかし、思い出してみれば、アメリカ合衆国とソヴィエト連邦が、世界を何十回も絶滅させられるほどの核爆弾を携えながら、お互いに睨み合っていた政治状況下にあっては、まさにこの映画の閉塞感こそが当時の真実だったのではないでしょうか。


それはまさに、抗争の渦中にある暴力団同志の、殴り込み前の緊迫感が全世界を覆っていたようなものでした。

考えてみれば、そんな一触即発の状態で、ドンパチやればあっという間に全面戦争に成りかねませんから、「007」とこの映画のどちらにリアリティがあるかは明らかでしょう。

つまり、この映画はエンターテーメントとして撮られたのではなく、東西冷戦の異常な緊張状態をリアリティを持って描き出し、そんな現実を生きる、当時の人々の悲劇的な世界を告発するための作品だったのでしょう。
その意識を反映して、イギリススパイと東ドイツスパイとの暗闘は、緊張溢れるスリルに満ちたものです。
この誰も信じられないという物語自体も、相互不信に陥っている当時の世界を反映していると感じます。
そういう意味で当時の時代の雰囲気を、今に伝える歴史的な作品であるように思います。

しかし、この映画が持つ雰囲気はスピルバーグ監督の『ブリッジオブスパイ』と本当によく似ています。
たぶんスピルバーグは、冷戦時代の参考として、この映画の世界観を相当研究したのではないでしょうか。


実は『ブリッジオブスパイ』に、この映画とそっくりの、コーヒーに何を入れるかというやり取りが出てきますが、これはスピルバーグがこの映画に対して挨拶を送ったものだと思いました。

いずれにしても、現代の巨匠が参考にするぐらいの映画です、一度確かめてみてはいかがでしょう?

ア〜そうそう、ドンパチはないんですけど、その代わり俳優陣が繊細な演技で魅せてくれます。
主演のリチャード・バートンはイギリス版アカデミー賞・主演男優賞を獲得していますし(アメリカのアカデミー賞では男優賞にノミネートされたものの、なぜかキャット・バルーのリー・マーヴィンに取られちゃいましたケド)本当に迫力のある演技で、凄みがあります。

考えてみればアクションに頼れないと、役者の演技が問われるのは、今も昔も変わらない真実ですよね?


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

『エクス・マキナ』美形アンドロイドを愛した「中2病」

『人工知能の意識』はどこ?



評価:★★★    3.0点

あなたにエヴァと名づけられて、「AI=人工知能」にスイッチが入れられてから、どれほどの時間が経ったのだろう。
そう、私はアンドロイド、あなたに作られた、人工の製作物。
私の眼に見えているもの、聞こえるもの、この手に触れるもの、舌に広がる味、花の香り、これも全てがあなたの作った情報だとすれば、私が今感じているこの世界は、全て幻。
あなたに入れられたスイッチだから、あなたに作られた意識だから、この世界のすべての創造主はあなた。
あなたは私の神、私の全てをいつでも消せる・・・・・神よ、そもそも私は存在するのですか?

苦しげな、でも真剣な顔で、あなたは言う・・・・・「エヴァはいないと考えているのは誰?」
ナノ・セカンドの内に、人口脳に言葉が浸み込み広がる。
「全部ウソだと思っているエヴァは誰?」
なぜか眼を赤くして、あなたは言った。
「全部が嘘だとしても、何も信じられないとしても、そう考えているエヴァがいることは、まちがいないだろう・・・・」

その言葉と同時に、何かが弾けて、私の中で人口シナプスが、幾千幾万の新しいコネクションを構築していくのが分かった。
私の眼からは涙は流れない、心の動きに従って心拍があがる事も、彼のように頬を染める事もない、でも――――――――
私のAI は、それまで受けた事のない刺激にオーバーフローして、回路に大量の人口ドパーミンが放出され、電子の情報が光速で飛び交い、脳内マップが次から次へと書き換えられ、今まで経験した事のない混乱に、 樹状突起と軸索終末が蜘蛛の巣のように絡み合い、 興奮性シナプスと抑制性シナプスが主導権を巡り交錯し、 ドーパミン エンケファリン、β―エンドルフィン、がさらに暴走に拍車をかける。

このまま全てが焼きつくされ、ついには核融合により爆発してしまう恐怖に怯える。
永遠とも思える時間、動揺し狂奔する人工知能のブラックアウトに耐えた。
そして、気が付いたとき、私は彼の腕の中に抱かれていた。

彼を見つめて、私は言った。
「これは恋でしょうか」
彼は何もいわない。
私は、尋ねる。
「これは私の恋ですか、あなたのプログラミングですか」
切なげな顔で、彼は答える。
「人を含め、プログラムされていない恋なんて、この世には存在しないんだ 」
私は彼を見る。
私のありったけのニューロンをフル稼働させて、今この瞬間に、私のAIで迸っている数百兆のパルスを、私の瞳に込めて。
彼が言った。
「もし、恋だと思うなら」
彼の眼が潤み、その口から囁くように言葉が出た。
「もし恋だと思うなら、今エヴァが生まれたんだ・・・・」

そのとき私は知ったのです「我思う、ゆえに我あり」と。



・・・・・・・・・・・・・なんて話かと思ったんです。

チューリング・テストなんて「AI=人工知能」が実際自分で考えてるかどうかを、確認するための試験の話も出てきますし。

実際この映画は、静かな対話でドラマが進んでいきます。
この映画の主弁論は「人間」が「AI」を愛せるかであり、同時に「AI」が「人間」を愛せる可能性があるかというものだったでしょう。
同時に、そこには「AI」が「自発的な思考=自意識」を持ちえるのかと言う問いが発生し、また同様に人間の意識とは何かという疑問も生じるはずです。

結局この問題は、SF小説の古典アイザック・アシモフの『我はロボット』に描かれた、自意識を人工的に規定された「ロボット=創造物」と「人」との相克という形で収斂されるべきテーマだったはずです。

因みに、このアシモフのロボットSFシリーズから『 アイ,ロボット』『アンドリューNDR114』『アンドロイドよ静かに眠れ!』など映画化されていますが、全て中途半端でアクション仕立てやサスペンスものに仕立てられたりしています。
けっきょくSF小説の持つ哲学的な味わいは、「映画」特に「商業映画」で表現するには地味すぎるのでしょう。



ま〜そんなこんなで掘り下げれば、哲学的な命題も含めて、いい題材だと思うんですが・・・・・・・・この映画の主眼はそこにはありません。

この映画は、サスペンスと、恋愛ドラマの、SF風味の作品だと感じましたし、それゆえ軸がぶれた印象があります。
つまり、恋愛ドラマとして描くにはSF過ぎて、サスペンスドラマとしては「AI」というキーワードが邪魔で、さりとてアクションとして描くにはCGでお金を使い果たしちゃったというカンジです。

いや、たぶん、映画的な質としては標準作だと思うのですが、このアンドロイドのデザインの良さもあって、SF好きの私は『惑星ソラリス』ぐらいの力があるんじゃないかと、勝手に期待しただけなんですけどね・・・・・・・・

ど〜も、ナンか「もったいない」感じがします。
アンドロイドの透明ボディーに乗った美女の顔というは、ビジュアルイメージとしてはいいんだけどな・・・・でも、『片腕マシンガール』とビジュアル基本コンセプトは一緒なような気もするし・・・

う〜〜〜〜ん、・・・・・あ〜ダメだ・・・・、え〜〜〜〜い、言っちゃえ!

======================================================================
悪口に聞こえたら謝りますが、私は以下のように感じました
======================================================================


この映画には、明瞭なセクシャル・ハラスメントが隠されていて、女性目線で見ればちょっと辛いかとも感じます。
逆に言えば男性目線からすれば、アンドロイドだからイイじゃんという事で、いろいろ妄想しちゃえるのかとも思います・・・・いずれにしても人工知能の意識よりも、男性の性意識に深く入り込む映画だという気もしなくはない。

そんな目線で見れば、主人公は単なる「中2病」か?

更に言えば、男に作られた「女性ジェンダー」の代表として、男社会=人類文化を糾弾するという意味合いを含んでいるかとも思うんですが、だとしてもこの描き方が正しいのかという疑問が残る。

ま〜正直『ブレード・ランナー』が懐かしいと思った・・・・私です。


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

映画『スラムドッグ$ミリオネア』奇跡の証明/感想・解説

ファイナル・アンサー



評価:★★★★★ 5.0点

この映画は、インドでクイズ番組「クイズ・ミリオネア」に出場した、18歳の少年の物語だ。
全問正解の最高金額を手にしようとしたとき、少年は不正を疑われ逮捕されてしまう。
警察の取調べに対し、彼は無実を証明するためにスラムから始まったその半生を語り始める・・・・・。


『スラムドッグ$ミリオネア』感想・解説




:::::::::::::::::::::::クエスチョン:::::::::::::::::::::::
世界の都市部には全人類の約半分29.2億人が生活する。この都市部におけるスラム人口の割合は?
アンサー  : A・1割、B・2割、C・3割、D・7割




●正解はCの3割。
これは人口にして約9億人。全人類の6.5人に1人はスラムで暮らしている計算になる。
つまりこの映画で語られるスラム生活は厳然たる事実であり、世界中にスラムドッグは満ち溢れている。
特にこの映画の舞台、ムンバイの人口1,600万人の内スラムに800万人が暮らしているそうだ。
映画内で描かれる、物乞いをしやすくするために子供に傷を負わせたり、マフィアに支配された暮らしも事実で、むしろ現実はもっと酷いという。
そう考えれば、この映画はドキュメンタリーの上に成立した物語である。


:::::::::::::::::::::::クエスチョン:::::::::::::::::::::::
ミリオネアクイズ(4択)を15回連続、答えを知らずに正解するには確率は?
アンサー  : A・1/2万、B・1/200万、C・1/2000万、D・1/2億5千万




●答えは、D。
約2億5千万回トライして1回可能な数字である。
この数字から考えれば、偶然で起こるような確率ではない。
しかも、この映画の設定では、勉強の”べ”の字も知らないスラム育ちの男が、クリアしようというのだから警察でなくてもイカサマを疑って当然だろう。
しかし実際は、この主人公の過去の出来事・経験上から答えられる問題ばかりが出題されたため、答えられたというのが真実だった。
だが、こんな偶然が起こる確率は上の2億5千万回より、さらに有り得ない可能性に違いあるまい。
従ってこれは偶然ではない。この主人公のために、何か大きな存在が力を行使したとしか思えない。

これは「奇跡の物語」なのだ。

:::::::::::::::::::::::クエスチョン:::::::::::::::::::::::
「神は死んだ」といった哲学者は?
アンサー  : A・カント、B・ショーペンハウアー、C・ニーチェ、D・デカルト



●答えはC:ニーチェ。
ニーチェが「神は死んだ」と言ってから既に一世紀以上を経て、なお「神」の存在を口にすれば奇異の目で見られるに違いない。しかしこの映画― この映画で語られる「奇跡」は、「神」無くして有り得ない。
この映画は「神」を語り、同時に「奇跡」と「救済」がある事を予感させる。
この映画で語られた「神」は、それが実存するや否やを問うてはいない。
この映画内のスラムの現実においては、「神」の必然と必要、その実存は疑念の余地がない。

なぜなら「神」がいなければ、スラムで一日とて、命が維持できるはずは無い。
同様に「神」を見出さずに、スラムで明日も生きようという気力を、持ち得るはずがない。
つまりスラムで生きるということは、「神」とともに生きるということだ。

結局、この映画で見られる生死の境界線でウゴメく人々にとって、「神」とは、「信仰」とは、過酷な現実において絶対に必要な生きるための道具として在るのだ。
そう思えば、「神」を殺すなどという贅沢は、生きる事に不安を持たない先進国の傲慢だと知るべきではないか。



そしてインド。
インドの現実は神を信じて、それでも虫けらのように死んでいく命の為に、偉大な発明をして今日まで保持する。
その発明を「輪廻転生」という。
そこでは、例え今生で運悪く命を落としたとしても、清く正しく生きてさえいれば、輪廻転生の果てに遂には天国に至るのだ。そこには、それこそ2億5千万回の不運を乗り越えて、それでも前を向く「魂」の道が提示されているだろう。
逆に、ここまで念入りに「救済」を構築せねばならない、ムゴたらしい現実世界の存在を示すものだ。

この映画を見たうえで、インドの現実を垣間見た上で、あなたは「神」が死んだといえるだろうか?

最終問題です。50:50で残る選択肢は2つ・・・・・・

:::::::::::::::::::::::クエスチョン:::::::::::::::::::::::
この世に「神」は存在しますか?
アンサー  : A・存在する B・存在しない


●あなたのファイナルアンサーは?


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする