2016年05月06日

花様年華

欲望のワルツ



評価:★★★★   4.0点

この、フランス映画と見間違うばかりの、恋愛心理の交錯はどうだろう。
シーンの切替とシークエンスの長さが登場人物たちの感情とシンクロし、時として停滞し、時として熱気を帯びる。
ラテンの音楽の効果も有るとは思うが、どこか南国の凪いだような、とろりとした粘液質の空気を感じる。

この映画における恋愛を見て、この「夫に逃げられた妻」と「妻に逃げられた夫」のカップルの関係が、強いセクシャリティーを感じるのは、禁忌ゆえだと感じる。

つまりは、本来結婚制度のタブーにより交差しえない二人が、それぞれの伴侶にタブーを踏み越えられる事で、この残された二人にもタブーを犯す権利が生じたようにも感じる。

しかし実際の二人は、恋愛を前に逡巡し、彷徨する。

それは結局、この二人は結婚に取り残されたのであり、その事から生ずる制度的な禁忌を、無意識のうちに感ぜざるを得ないからだったろう。
さらにこの隣人同士でありながら、共に結婚をしている男女が、しかし部屋を間借りしているために、常に他人に監視されて不自由な状態である事も、この二人の男女の恋愛を閉ざされた秘密の関係に押しとどめただろう。

しかしそんな社会的な制約、人としてのモラルを求められるがゆえに、更に相手を求める欲望を高めたに違いない。

強い禁忌を破るためには、強い衝動を必要とするだろうし、そもそも人とは禁じられるがゆえに欲望を生み出すのではなかったろうか。

つまり、この映画は「世間=社会的抑圧」が、隠された欲望をさらに強く増進させるのだと語られている。
その抑圧下で、沈黙の内にお互いを探り合う視線と、触れ合うときのためらいがエロチックなのだ。
けっきょく、この二人にとっての「恋愛の本質」は、表に現わせない恋ゆえに、内に内に欲望を内向・沈殿させるものだったろう。

この二人には、世間のモラルから自由になれる場所に逃げ、恋を遂げるるチャンスがあったにしても、そうしなかった・・・・

それはこの二人の「愛」とは、抑圧の下で育んだ「愛」であるが故に、自由な状況下の二人であれば「愛」を失うと知っていたからだろう。

つまるところこの二人の恋愛とは、お互いの相手を真に求めたと言うよりは、社会的な制度から逃げるための共犯関係ではなかったろうか。
もちろん、相手を希求し、共に欲望を交し合っただろうが、その恋愛が社会的規制によって形造られ深化させられた。

それはあたかも、流れる音楽に駆り立てられ、パートナーを腕に抱く社交ダンスのような恋愛だったろう。

この映画の全編で流れる、ラテン音楽にしてもワルツにしても、男女の欲望を、ダンスという公的な様式の中で昇華させようという試みではなかったか。

実際この映画の中で、二人が共に踊るシーンは描かれない。

しかし、その後姿であるとか、交差する体の動きに、静止するフォルムに、否応無く隠された欲望を秘めた「ダンス=様式」を認める。

ここには、倫理という規制と同時に肉体の自由すらも制限した、しかし間違いなく深く強い「愛=欲望のワルツ」が描かれていると思った。


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

初恋の来た道

近代の通った道



評価:★★★★ 4.0点

チャン・ツィーが瑞々しい魅力に満ちている。
この少女が初恋に落ちたのは、劇中のカレンダーから1950年頃である事が分かる。

中国の1950年代とは、日本軍を駆逐して、共産革命がなり毛沢東が中国を導いていた時代である。
それは中国にとって長い冬の時代を抜けて、ようやく春を迎えた時期でもある。

そんな若々しい時代の心の動きを「初恋」に仮託し、その華やいだ景色を「チャン・ツィー」に象徴したように思える。

実際、世界史的に言っても1950年代というのは二度にわたる世界的戦争を経て、新たな世界体制が確立していく時代であった。
この世界を巻き込んだ大戦は、多大な犠牲を払いはしたが、結局「旧世界」の社会・経済・法律・政治などが「新世界」の秩序に生まれ変わる為に、必然的に持たざるを得ない衝突のようにも思えるのだ。

それゆえ衝突が終息したのち、世界は新たな息吹を勝ち得たのだ。

たとえば、この映画の中でも語られるように自由恋愛というものが、1950年頃には希有な事件であった。
そしてこれは、ただ中国だけのことではなく、日本や他のアジア各国においても、欧州においても、程度の差こそあれ最も「恋愛結婚」の比率が高かったアメリカでさえ、基本的には自由恋愛というよりは制度として「結婚」があったと見るべきであろう。

結局のところ、人類史の長きにわたって「結婚」とは社会を構築するための「制度」としてあった。
結婚して親となって一人前と言われたのは、「結婚」という「家族の単位」を構築していかなければ、社会が成立し得なかったためである。
例えば、かつて子だくさんだったのは基本的には、子供というのが労働力として重要だったからにすぎない。
つまり、結婚とその結果としての社会構成員の増加が、社会的な生産力を増大させたのである。

こう整理して来れば「結婚」とは「権利」であるより「義務」としてあったと了解されるはずである。

その「義務としての結婚」が「権利としての結婚」にと移行していくには、上記の「生産性と結婚制度」の間の連環が断たれ、個人が自由意思において「結婚」を選択できる社会とならねばならない。

実際上、その制度的な破壊は「恋愛」の力や「自由」に向かう意思など、崇高な精神に基づく力というよりは、単純に一つの要因によっていたと考えられる。

その要因とは、生産性の向上=「経済力」である。

つまり生産性が高くなれば、少人数でも社会を構成する事が可能となり、必然的に「結婚」という制度によって社会の維持を成さなくとも良い。
こうして、生産力の増大が社会制度としての「結婚」を変革せしめたのである。

そして、この1950年代こそ戦争により破壊された世界を再建するために、地球規模で経済活動が活性化された時期だったのである。

そういう意味でこの映画は、人類全体が獲得した「経済力」が、人々に「自由」と「愛」をもたらしたという喜びの姿を鮮烈に捉えていると思うのである。

なんて事を、共産中国が生み出したこの映画を見たならば「マルクス」は言うでしょうか・・・・・・・

しかし思えば、今はいろいろ揉め事もあるけれども、全世界ミンナで破壊から少しずつ幸福に向かって歩いてきたんだな〜と・・・・・・仲良くしようよ。

スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする