2016年09月04日

発売中止の『COVERS』はRCサクセション・ロック魂の証明!!

RCサクセション ― Rock の伝道師、見参!!

kiyosiro.jpg

評価:★★★★   4.0点

RCサクセション1988年の洋楽カバーアルバム。
「サマータイムブルース」のカバーの歌詞が原発反対の歌だったため、原子力発電所を事業の一つに置いている東芝本社からの圧力によって、東芝EMIが販売中止を決定したと言われるいわくつきのアルバム。
当時の所属会社東芝EMIからは発売できず、忌野清志郎との話し合いの中で謝罪広告を出すこととなり、1988年6月22日付けの新聞広告で「素晴らしすぎて発売出来ません」とEMI側が掲載した。
covers_tyuusi.jpg
ローリングストーン日本版で、当時の担当者 現・石坂敬一 元ワーナーミュージック・ジャパン名誉会長が事件の経緯を語っている。
リンク⇒RCサクセションの『カバーズ』はなぜ発売禁止になったのか




結局、東芝は昨今の経理不正問題でも分かるように、臭いものにふたをする企業体質なのだろうと思う。そういう企業は、文化の独立性を平気で踏みにじるのだと、この事実は告げているはずだ。

それはともかく、このアルバムは参加メンバーも桑田圭祐、泉谷しげる、山下洋輔など多士済々。
聴きドコロ満載で、どの曲も一ひねりあって楽しい。
上段:収録曲/下段:ゲスト参加者
1.明日なき世界 (Eve Of Destruction:オリジナルはバリー・マクガイア)
金子マリ、ジョニー・サンダースがゲスト参加。
2.風に吹かれて (Blowin' In The Wind:オリジナルはボブ・ディラン)
山口冨士夫、高井麻巳子がゲスト参加。
3.バラバラ (Balla Balla:オリジナルはレインボウズ)
山口冨士夫、三浦友和、Isuke Kuwatakeがゲスト参加。
4・シークレット・エージェント・マン (Secret Agent Man:オリジナルはジョニー・リヴァース)
坂本冬美、ジョニー・サンダースがゲスト参加。
5.ラヴ・ミー・テンダー (Love Me Tender:オリジナルはエルヴィス・プレスリー)
5.黒くぬれ! (Paint It Black:オリジナルはローリング・ストーンズ)
山口冨士夫、ちわきまゆみ、三浦友和がゲスト参加。
6.サマータイム・ブルース (Summertime Blues:オリジナルはエディ・コクラン)
高井麻巳子、三浦友和、泉谷しげるがゲスト参加。
7.マネー (Money:オリジナルはバレット・ストロング)
山口冨士夫、三浦友和がゲスト参加。
8.サン・トワ・マミー (Sans Toi M'amie:オリジナルはアダモ)
山下洋輔、Isuke Kuwatakeがゲスト参加。
9.悪い星の下に (Born Under A Bad Sign:オリジナルはアルバート・キング)
山口冨士夫がゲスト参加。
10.イマジン (Imagine:オリジナルはジョン・レノン)
ちわきまゆみ、三浦友和がゲスト参加。


しかしこのアルバムの一番の収穫は、日本語がそのままロック(ブルースコードのリフ)で、違和感なく表現可能だという発見だと思う。

それはたぶん、「黒くぬれ!」を聞いて改めて思うのだが、忌野清志郎のボーカル、歌唱法が、ミックジャガーのそれとソックリ、ハッキリ言えばマネているとしか思えない。
その結果として日本語でありながらブルースコードに「ノリ」がいいという結果につながったと思うのだ。



忌野清志郎が「僕の好きな先生」など、初期の歌唱法とは明らかに変わった事を考えれば・・・・たぶんパクったものだろうし、それはキース・リチャーズにソックリのギターを弾く仲井戸”CHABO”麗市の影響が大きかったのではないだろうか・・・・・

もちろんマネといはいうものの、ミック・ジャガーがイギリス英語をブルースに乗せるために、黒人ブルースシンガーの抑揚・発音を摸したように、それは何ら責められるべき事ではない。

そもそも、アフリカ起源の母音がハネるような言葉から生成されたブルースコードは、アフリカの言語かアフリカ訛りの言葉以外、不自然に聞こえて当然だ。
それゆえアフリカに起源を持たない人々は、ミック・ジャガーやエリック・クラプトンのように黒人ブルースの歌い方をまねるか、ビートルズのようにブルース・コードから距離を置いて、楽曲自体を自分たちの言葉に引き寄せるかという選択をせざるを得ない。

そしてRCサクセションは、ブルースコードに合わせて日本語をアフリカ風に歪ませる道を選んだ。
この選択によって、初めてリズムアンドブルースを原曲の味を崩さず日本化できたことを思えば、個人的にはその努力を賞賛したい。
更に言えば、英語風の発音で意味が取れない日本人歌手が多い中で、この発声・抑揚で日本語をクリアーに伝えられる、その歌唱技術に驚く。

さらに言えば、忌野清志郎の「ディドリームビリバー」を聞くと、明らかに原曲よりもロック色に満ちているのは、個人的には彼のロック魂を示すものだと思う。

このアルバムの一つの目的は、忌野清志郎が自らのロックを、あらゆる種類の音楽で通用するかというのが一つの目的だったように思う。
そんなおかげで本来シャンソンの「サントワマミー」を、たぶん日本でのみロック曲として聞く事が出来るのだ。
<越路吹雪の貫禄のシャンソン版「サントワマミー」>

やはりここには、原発問題で示されるような、反骨精神や熱い抵抗の力に満ちており、それこそが「ロック魂」だったはずだ。
最近の上辺だけのロックを聞くに付け、もっとイロイロ歌ってほしかったな〜と改めて思います。
今更ながら・・・・・

スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 19:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

マイケル・ジャクソン『ムーンウォーカー』至高のミュージック・ビデオ/感想・あらすじ・解説・黒人差別

アメリカ社会の犠牲者―ラストの意味



評価:★★★★★  5.0点

取り合えずストーリーがぼんやりとありますが、映画ではないです。
ストーリーが在ると思うと、腹立ちますので、初めっからミュージックビデオとして割り切って見てください。

いちおう、ストーリを書いときますと・・・・・・・・・・・・

『ムーンウォーカー』あらすじ


スーパースター、マイケル・ジャクソン。しかしそれは仮の姿で、その正体は愛の守護神コスモから地球に下された「ムーンウォーカー」という名の正義の使者だった。そんな彼は、3人の孤児が邪悪なミスター・ビッグ(ジョー・ペシ)の暗黒組織に捕らわれたのを知り、そのアジトに潜入する。そこでマイケルは子供たちを使った世界征服の野望を知るのだった・・・・・・・・・・

『ムーンウォーカー』予告


(原題 Moonwalker/製作国 アメリカ/製作年1988年/上映時間93分/監督ジェリー・クレイマー、コリン・チルヴァース /脚本デイヴィッド・ニューマン/原案 マイケル・ジャクソン)

『ムーンウォーカー』出演者

マイケル・ジャクソン(ムーンウォーカー)/ショーン・レノン(ショーン)/ケリー・パーカー(ケティー)/ブランドン・アダムス(ジーク)/ジョー・ペシ(ミスター・ビッグ)

スポンサーリンク


『ムーンウォーカー』感想・解説




ミュージックビデオとしては歴史上の最高傑作だと思います。
全盛期のマイケルが本気で歌い踊っているのですから、キレまくってるダンスとシャウトがパォーで、ホント凄いです。

たっぷり全盛期のマイケルを堪能できます。

しかし、この作品で驚いたのは、エンドロールに、Ladysmith Black Mambazo が出演し「The Moon is Walking」を歌っている事でした。このグループはアフリカ音楽を誇りを持って伝えている人たちです。
いわばブラックミュージックのルーツを現代に表現しようと、使命感と情熱を傾けている人たちです。


この歌を聞きながら、マイケルの事を思い切なくなりました。

ちょっと洋楽を聞き出すと、マイケルなんて・・・とバカにしたりする人たちがいます。
確かに、音楽的にチャレンジが少ないかとも思いますし、ヒット狙いのあざとさも見えますが、それはマイケルがプロのパフォーマとして、最大多数に届くものを作ったからにほかなりません。
つまり、大衆迎合的な「あざとさ」が見えるといわれれば、肯定せざるを得ない部分も有ります。
しかしマイケルには、戦う敵がいて、その敵に打ち勝つためにヒットを飛ばさなければならなかったのです。


その敵とは、アメリカ社会に厳然とある黒人差別です・・・・
たとえばMTVで初めて流された黒人歌手の曲が「ビリージーン」だったなんて、それまでは黒人の曲を流さなかったなんて、信じられますか?
アメリカの音楽雑誌、ローリング・ストーン誌の記者に、黒人は表紙にできないと、マイケルは直接言われたそうです。

現実問題、黒人大統領が生まれた現代でも、黒人社会と白人社会は住む場所も違いますし、数年毎に警察が黒人を射殺して問題になっています・・・・・やはりまだ黒人差別は有るのです。
関連レビュー:黒人差別の歴史
『招かざる客』
人権問題を正面から描いた映画
第40回アカデミー賞2部門受賞の名作


そんな有形無形の壁がある中で、彼は黒人にも白人にも届く、いや、世界中に届く曲とパフォーマンスを作り上げる事で、黒人の地位を向上させるのに貢献したかったのです。
事実「Beat It」の全米1位で、初めて黒人としてローリング・ストーン誌の表紙を飾ったのもマイケルだったことでも分かるとおり、マイケルは黒人アーティストでありながら、少しずつ白人社会の閉ざされた門を開かせていきます。

しかしその結果、黒人社会から「白人に魂を売った」とまで言われてしまいます・・・・彼は何も悪くないのに。
そして白人社会がマイケルを受け入れてくれるわけでもなく、行く場所を失ったマイケルは自分の家に閉じこもるようになります。

どれだけ傷つき、孤独だったかは、とても想像できません・・・・

この作品で、マイケルはビートルズの「カムトゥギャザー」を歌います。
そのビ−トルズ・ナンバーのタイトルを直訳すれば「一緒に行こう」となります。
これは白人社会に対するメッセージの様に思えるのです。


そして、最後をアフリカの魂の響きとも言うべき、Ladysmith Black Mambazoでしめるのです。
マイケルの魂がどこにあるかを示すように・・・・

たぶんマイケルが生きていて元気だったら、これまでの作品以上に、ビートルズの様にPOPの歴史を覆すような作品を作ったように思うのです。
その音楽のベースはもちろんアフリカの誇りとともにあるに違いありません。


しかし、マイケルの関わった最後のアルバム「デンジャラス」は本当に完成度が高い、20世紀を代表するCDだとすら思いますが・・・・・・いかんせん完成度が高すぎる・・・・・・

その完成度の高さゆえに、たぶん完璧主義者のマイケルにとって、それ以降もう「デンジャラス」を超える作品を作るだけの、創造的意欲を持ち得なかったのかな〜とも思います。

そして残念なことに、マイケルはその最後からおもえば、ずっと傷つき不安定だったのでしょう・・・・
そして、マイケルの精神的不安定さとは、実はアメリカ社会における黒人アーティストに、常について回る問題なのです。

願わくば、天国には黒人も白人もなく、マイケルの魂が安らかでありますように・・・・


関連レビュー:ゴスペル音楽の魅力いっぱいの映画
『天使にラブソングを』
ウーピー・ゴールドバーグの代表作
ゴスペルソング名演


スポンサーリンク

posted by ヒラヒ・S at 11:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ア・ビガー・バン

ストーンズの奇跡



評価:★★★★★  5.0点

このアルバムに関しては、もはや奇跡としか言いようがない。

いや、ザ・ローリング・ストーンズの存在自体が奇跡なのだ!

このアルバムにしてから2005年の発表だから、すでに10年近くになろうとしている。
個人的にはローリング・ストーンズの跡を律儀に追ってきた積りだが「 ヴードゥー・ラウンジ (1994) 」辺りから心配になってきた。

力が衰えたからではない。

力が衰えなかったからだ。

ヴードゥー・ラウンジの時には、50代のメンバーが30〜40の頃と変わらぬパフォーマンスを聞かせていたし、ボーカルのミック・ジャガーなどはむしろ更にうまくなっているようにすら思えた。
昨今のテクノロジーを考えれば、実は人工的に合成したのではないかとすら疑った。
もしかしたら、ミックはすでにコンピューターの中にデジタル化されて、存在しているのではないかと恐れた。

何を言う、ライブをやっているではないかという意見もあるだろう。

しかし、ほぼ単発のコンサートで、バリバリのプラチナチケットが手に入るはずはない。
それゆえ、実際この目で見ていないのだから、疑念は深まるばかりだ。
DVDだってCG加工でどうにでもなるでは無いか。

そして、このアルバムである。
いい出来だと思う。
ストーンズのアルバムとして、個人的にはベスト5に間違いなく入ってくる。

だから更に疑念は深まるのだ。

ミック・ジャガーはこの時60歳代だ。
一説には1000人は孫がいると言われているほど、遊びまくってきた男だ。
キース・リチャーズにしても、筋金入りのジャンキー(コカイン中毒)だ。
中毒症状を解消するために、全身の血液を総入れ替えしたという伝説を持つ。(体内の血を入れ替えると薬物中毒症状が無くなるらしい)
しかもその治療を、三度受けたというのだからあいた口がふさがらない。

そんな不摂生をしながら、こんなパフォーマンスを維持できると考えるほうがオカシイではないか。

しかし、そんな疑念を晴らす機会が来た。

忘れもしない、2014年3月。
東京ドームの「14リックスコンサート」の話だ。
この時すでにメンバーは70歳になっている。

実際の生演奏となれば、誤魔化しはきかない。
正直、最後を看取るつもりでコンサート会場に出かけたのである。
ホントにボロボロの演奏でも生きて動いている、ストーンズを見るべきだと思ったのだ。

今回の来日でたぶん、最後だろうとも思った。
もう、ミック、寝ててもいいぞ・・・・そんな気持ちだった。

しかし、正直そのパフォーマンスにぶっ飛んだ。
本当にその生演奏は、2006年のコンサートと比べても、2003年と比較しても、1990年の東京ドームコンサートを引っ張りだしてきたとしても、決して引けを取らないものだ。

キースやチャーリーワッツの演奏が円熟味を増したのはまだ理解できるところだが、ホントにミックのボーカルには驚いた。
その声量が落ちていないばかりか、音域が広がって、更にパワフルになったとすら感じられた。
そして、70歳でありながら東京ドームの舞台の右端から左端まで、全力疾走して見せたではないか。
観客の40〜50代のオヤジたちは、立っていられなくて椅子に座ってしまっているのにだ。

これを奇跡と言わずに、何というべきだろう。

心の底からミックに謝罪する。
コンピュター合成だなんて疑ってごめんなさい。
あんたはスゴイ。
伊達に1000人の孫を持ってはいない。

個人的な感慨として、こんな70歳もあるという実例は励みとなった。
たぶん日々継続していくことで、こんなカッコイイ70歳が出来上がるのだという事実を、証明して見せてくれた。
もしかすると自分がこんな70歳になる可能性も、ゼロではないだろうと思えるではないか。

そしてまた敷衍して考えれば、ローリングストーンズという奇跡が、この先、先進国全体に蔓延するであろう「少子高齢化社会」にとって、大いなる希望として輝くことだろう。

その気になれば、死ぬまで働けるっちゅう事ですな。

なにはともあれ、このアルバムにはそんな奇跡が詰まってます。

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする