2017年09月08日

スピルバーグ『宇宙戦争』戦場を生きる庶民/映画感想・あらすじ・ネタバレ・ラスト

戦場のリアリティ

原題 War of the Worlds
製作国 アメリカ
製作年 2005
上映時間 114分
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 デイヴィッド・コープ
原作 H・G・ウェルズ


評価:★★★★   4.0点

この映画のSF的道具立ては、率直に言ってすでにデザインとして古臭いものモノを感じます。
それでも、ここには見逃せないユニークなリアリティーを感じます。

film1-red-ue.jpg

『宇宙戦争』あらすじ


労働者のレイ(トム・クルーズ)はアメリカのニュージャージーに住み、別れた妻との間の二人の子供、息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と幼い娘レイチェル(ダコタ・ファニング)を、久々に家に迎え気まずい時を過ごしていた。
そんな時、雲ひとつない空が、一転黒雲が湧き上がり、強風がうなり声をあげ、激しい雷光が何度も光る。その光が地上に達した時、その大地が裂け、奇妙な物体が姿を現した。それは宇宙からの侵略者の“トライポッド”という攻撃兵器で、一瞬の内に建物も人も消滅させてしまう破壊力を秘めていた。その“トライポッド”が世界の16ヶ国で同時に人々に襲い掛かってきたのだ。攻撃から逃れる人々で、世界中に難民が溢れた。レイも二人の子供を連れ、極限状態の中を妻がいるはずのボストンを目指し、必死に逃げて行く。しかし“トライポッド”は、地球の軍隊の攻撃を“シールド”を張り無力化し、難民達を追い詰め殺戮し続けた。
レイは必死に逃げ続けるが、その途中息子ロビーは軍隊に入ると言い、混乱の中1人去って行った。
レイは残る娘を連れ、宇宙人の手を逃れ必死の逃亡劇を繰り広げるが、遂に娘レイチェルが“トライポッド”に捕らわれてしまい、レイも自らトライポッドに乗り込んだ・・・・・・・


film1-red-ue.jpg

『宇宙戦争』感想・解説



冒頭で述べた、この古い印象を抱かせるSF的な道具立ては、映画オタク・スピルバーグ監督が敢えて選んだ味わいだろうと想像しています。
なぜならSFの古典、宇宙人侵略テーマの金字塔、1953年の映画『宇宙戦争』のオマージュだと思えるからです。
1953年の映画『宇宙戦争』


更には、SF小説の父であり、SFジャンルのパイオニア、HGウェルズに対する敬意も感じます。
今では陳腐に思えるこの映画のオチも、原典通りのオチですので、さほど強く非難も出来ないかなと・・・・・・
war-HG-wells.jpgハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells, 1866年9月21日 - 1946年8月13日)は、イギリスの著作家。小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した。H・G・ウエルズ、H.G.ウェルズ等の表記がある。(wikipediaより)
HGウェルズの『宇宙戦争』は、地球侵略ドラマのパイオニアで、この原作はオーソン・ウェールズがラジオドラマで放送し、本当に宇宙人が来たと思ったラジオ聴取者がパニックを起こしたといういわくつきの作品です。
ラジオドラマ「宇宙戦争」事件
ラジオドラマとして放送された『宇宙戦争』が全米で聴衆にパニックを引き起こした、と言われる。聴取者に比してあまりにも反響のみが大きく、この事件が元でフィクションを放送する場合に一定の規制をかける法律が制定された。(wikipediaより):右HGウェルズ


この宇宙侵略物語は、今や『インデペンデンス・デイ』のお祭り騒ぎにまで、規模を拡大し、さらに鋭意増量中ですが・・・・・・・・・

war-pos3.jpg
この映画も、そんなテーマを見れば「地球侵略宇宙人」との激しく壮大な戦いを描いているように思うかもしれませんガ・・・・・・・・・・

しかしこのスピルバーグの映画は、そんな戦いに主体を置いていないように感じました。
この映画のトム・クルーズは決して「ヒーロー=英雄」ではなく、個人の力ではどうしようもない大きな力の中で、右往左往する一市民です。

港湾労働者という設定も、ブルーカラーの大衆である事を強調するものだと思いました。
その一市民が、自らの家族を守るために必死に苦闘する姿が感動的です。

結局、この映画で語られているのは、戦争や紛争で苦難を受ける、最も弱い一般市民の姿だったのではないでしょうか。
war-pos2.jpgもちろん、今までの映画でも、過去の戦争や、ホロコーストなど、同様の苦闘する市民の姿を見ることは出来ます。
しかし、歴史の中で描かれた受難とは、どこか終わった事で現代の我々には関係ないと感じないでしょうか?
しかしこの映画のユニークな点は、現代を舞台にして描かれている点です。

今現在の日常世界で生じた破壊と混乱に弄ばれるトム・クルーズを見ると、観客は、現代のこの時、パニックに巻き込まれた自分を考えざるを得なくなると思うのです。
じっさい映画の中でも、迫り来る危険を、子供達を抱えながら、必死にもがく姿を見ると、現実のパニックの中で逃げる事の困難を、実感せざるを得なくなると思います。

つまりは、この主人公を通して、世界中の歴史上に繰り広げられた戦争や紛争や災害の背後に、この映画にあるような一市民の苦闘があるのだということを、リアルに体感できる映画だと思うのです。

そして、この異常事態・非常事態は、現代世界でも紛争に巻き込まれた市民が、難民になるように、間違いなく「今そこに有る苦難」なのだと思えば、彼ら不運な人々に対する同情と理解が、自ずと深まるのではないでしょうか。

そんな、一市民を演じて、ただひたすら生きようと戦い続けるトム・クルーズの演技が、説得力を持って素晴らしいと感じました。


SF的な要素は、そういう意味では苦難のシチュエーションを作るための設定に過ぎないのでしょう・・・・・・・・・

その苦難を描くにあたって、H・G・ウェルズの「宇宙戦争」を選んだ時、1938年オーソン・ウェルズ演出の「CBSラジオドラマ」がパニックを引き起こしたという事実が頭をよぎったのではないでしょうか?


そんなこんなを考えると、個人的にはスピルバーグ監督は、SFを描くというよりも、災害・騒乱・戦争などによって生じる「世界の混乱」が一市民にどれほどの苦しみを生むかを描きたかったのだと思います。

film1-red-ue.jpg
関連レビュー:スティーブン・スピルバーグ監督作品
『激突』
スピルバーグのデビュー作品
迫りくる恐怖のトラック
『インディー・ジョーンズ』
ハリソンフォード主演の痛快アドべンチャー
ノンストップアクションのハリウッド効果
『ET』
感動の大ヒット映画
SF映画の金字塔

スポンサーリンク


関連レビュー:スティーブン・スピルバーグ監督作品
『戦火の馬』
戦場を行く馬の運命
無垢なる命を描いた感動作
『プライベート・ライアン』
アカデミー賞監督賞受賞作
アメリカ軍のソウル・サバイバー政策
『太陽の帝国』
日本軍にあこがれるイギリス少年
クリスチャン・ベールのデビュー作
『ブリッジ・オブ・スパイ』
東西冷戦時代のスパイを描く
マーク・ライランスがオスカー助演男優賞獲得


film1-red-ue.jpg

以降の文章には

『宇宙戦争』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。

film1-red-ue.jpg
(あらすじから)
娘が捕らわれ、それを追ってレイは、手榴弾を抱えたまま“トライポッド”に乗り込んだ。
レイは、手榴弾のピンを抜いて内部に投げ込み、“トライポッド”を破壊し、娘と他に捕らわれていた人々を助けた。
苦難の果てに、ボストン近郊まで来たレイとレイチェルは、宇宙人が持ち込んだ植物が枯れ、“トライポッド”は1時間前から攻撃を停止している事を知る。軍部隊もそれを見て、一斉に攻撃を始めるとトライポッドは破壊され、中にいる宇宙人も死んだ。こうして、宇宙からの侵略者はなぜか死に絶えたのだった。
film1-red-ue.jpg

『宇宙戦争』ラスト

レイは、元妻メリー・アンの家にたどり着きレイチェルを、妻に引き渡した。
そこには軍に参加すると出て行ったロビーもいた。

【意訳】レイチェル:ママ!/母メリー:ありがとう。/レイ:ロビー?ロビー!/ロビー:ああ、父さん。父さん。
(ナレーション)侵入者が到着し、我々の空気を呼吸し、飲食をした瞬間から、彼らの運は尽きていた。人類の全ての武器と兵器は効果がなかったにもかかわらず、神の智慧によって地球に置かれた最も小さな生命体によって、彼らは破壊され殺され撃退された。10億人の死によって、人類は免疫性を獲得しており、無限の微生物に取り囲まれても、この惑星で生きる権利を得ていたのだ。
そして、その権利が全ての挑戦を跳ね返していた。それは、人々が生き、死んで来たことに、無駄などないことを示していた。


film1-red-ue.jpg

『宇宙戦争』結末感想



地球に来た侵略者は、地球のウイルス、バクテリアに対する免疫力を持たず、地球の空気を吸い、地球のものを食べただけで死滅したのです・・・・・・・・・・・

って・・・・・・・・・・

いや〜さすがに、今このオチは脱力以外の何物でもないですが・・・・・・・・地球にまで来る科学力がありながら、細菌学の知識が無いって・・・・・・・・・・・
war-pos4.jpg
しかし、HGウェルズ御大の時代には、最新の科学知識で、スッゲ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜オチだったんだと思います。

ハイ。

あと、あえてこのオチを放置したのは、人類の浅知恵ではどうしようもない災害があり、そんな不運を前にすれば、人間は無力で運しだいだと語られてるように思えます・・・・・・
更に深読みすれば、最後のナレーションで「人々が生き死ぬ事に無駄はない」というフレーズから、実はボストンで娘を送り届けるシーンは、あの世、天国での出来事のようにも思えます。

つまりは、主人公、娘、息子、別れた妻の一族、全て死んでいるという解釈です。

もちろん「ハリウッド映画の文法=明確に物語を伝える」の信奉者であるスピルバーグ監督の事ですから、現実世界でハッピーエンドで終わったと語られているのは間違いないでしょうが・・・・・・

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 21:12| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

映画『ディア・ハンター』ベトナム戦争のトラウマ/ネタバレ・ラスト・結末感想・評価・批判

『ディア・ハンター』(ネタバレ・ラスト 編)



原題 The Deer Hunter
製作国 アメリカ
製作年 1978
上映時間 176分
監督 マイケル・チミノ
脚本 デリク・ウォッシュバーン
原案 マイケル・チミノ/デリク・ウォッシュバーン/ルイス・ガーフィンクル/クイン・K・レデカー

評価:★★★   3.0点



この映画はベトナム戦争によって傷付いた、アメリカの痛みを悼む映画だと感じました。
この映画は「反戦テーマ」となるべき物語を持っていたにも関わらず、そうなっていない点に、ある種の混乱を見る思いがします。

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』予告

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』出演者

マイケル(ロバート・デ・ニーロ)/ニック(クリストファー・ウォーケン)/スチーブン(ジョン・サヴェージ)/スタンリー(ジョン・カザール)/リンダ(メリル・ストリープ)/ジョン(ジョージ・ズンザ)/スチーブンの母(シャーリー・ストーラー)/アクセル(チャック・アスペグレン)/ジュリアン(ピエール・セグイ)/アンジェラ(ルターニャ・アルダ)/プリースト(ステファン・コペストンスキー)
film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg

以降の文章には

『ディア・ハンター』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。

film1-red-ue.jpg



(あらすじから)
敗戦目前の沸き返るようなサイゴンで、マイケルはニックを地下の賭博場で見つけた。
Deer-nick-las.png
あのロシアン・ルーレットのプレーヤーとして、勝ち続けていたが、その魂は荒廃しきっていた。
マイケルが帰ろうと呼びかけても、ニックは虚ろな目で見返し、マイケルに唾を吐きかけるしまつだった。

マイケルは、ニックの魂を呼び戻し、アメリカに連れ帰るために、自らがロシアン・ルーレットの対戦相手となって、必死に友に語りかける。
【意訳】マイケル:止めろ。(ニック引き金を引く)これがお前の求めてるものか?お前はこうして欲しいのか?愛している、ニック。なあ、家に帰ろう。もう、家に帰ろう。生まれた町へ。俺と、喋ってくれ。ニコラス、何か言え。ニック、ニック。ちょっと待て、ニック。お前、腕をどうしたんだ?ニック、お前はそれぞれ違った形の木々を覚えているか?思い出すだろ?なあ?/ニック:山か?/マイケル:全部思い出したろう?/ニック:ああ、一発か?/マイケル:一発だ。一発。/ニック:ああ(笑い、撃つ)/マイケル:ニッキー!ニッキー!ダメだ!ダメだ!

ニックの顔に微笑みが浮かび、懐かしい山の記憶を蘇らせた。
しかし、引き金は引かれ、銃は轟音と共に銃弾を吐き出した。
マイケルはニックを抱き抱え、賭博場の中で泣き叫ぶ。

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』ラスト・シーン


マイケルは、出征前の約束通りニックを故郷へ連れて帰った。
生まれ故郷で、ニックの葬儀が営まれた。
Deer-funnel.jpg

弔いの後、みんなはジョンの店に集まる。
ジョンが「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌い始めた。

そして、いつしかみんなが合唱し、歌い終わってマイケルとリンダは微笑み合う。
マイケルが「ニックに」とグラスを上げると、それに応えて皆がグラスを掲げた。


film1-red-ue.jpg

スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』結末感想


このラストシーンには、正直感動しました。
Film-katinko.jpg
これは前半の1時間に及ぶ、アメリカの日常と、鹿狩りの静けさが、ベトナムの狂気の描写を盛り上げているからこそ、初めて得られるカタルシスだろうと感じます。

そういう意味では、映画技術としては完成しており、更に演技者たちの鮮烈な演技が、この作品のクオリティーを一段高く、鮮烈にしているでしょう。
率直に言って、この映画はアメリカの独善的な主張を含んでいると思いますが、それでも感動したのは映画的な表現力の高さゆえだと思います。


『ディア・ハンター』評価


映画表現としては、☆5を上げたいと思うのですが・・・・・・・・・
いかんせん、表現されたメッセージがアメリカにとって、独善的な主張であると感じられて☆をマイナス2しました。

Film2.jpg
<『ディア・ハンター』感想編>でも書きましたが、ロシアン・ルーレット、鹿狩りが表したのは、「アメリカの無邪気な青年が、ベトナムで命の重さを知る」物語だと解釈しています。

しかし、この結末を素直に見れば、ニックというベトナム戦争で命を散らした若者を、国に殉じた者として悼むものだと見えます。
ここに、愛国心に対する皮肉や、冷笑を私は感じませんでした。
それゆえ個人的な印象としては、このラストが示したのは「ベトナムで死んだり、傷ついたりした、アメリカに殉じた若者たちを悼む」映画だと告げているように思います。

だとすれば、ここに語られた「命の尊さ」は「ベトナムで死んだアメリカ兵」に対してのみ語られたモノになってしまうでしょう。
しかし本来、この映画が語った「命の尊さ」が向かう先は、命を奪う戦争の否定であったはずであり、「反戦映画」として成立すべきだったはずです。


やはりここには、脚本としての混乱を見出さざるを得ません・・・・・・・

deer-pos2.jpg
この映画は「命の重さ」のメッセージを内包した脚本であっただけに、ベトナム戦争のアメリカ兵、ベトナム兵、ベトナムの民間人、全ての喪われた命を悼む映画「反戦映画」になるべきだったと思えて、評価を下げました。


また作り手としても、当時のアメリカの国内状況もあって、「ベトナムで死んだアメリカ兵」のみを悼む必要があったのかもしれないとも想像します。

しかし、この映画を反戦映画にするには、この「ゴッド・ブレス・アメリカ」をマイケルが途中で断ち切って、仲間の歌「Can't Take My Eyes off You」を歌うだけで、十分その反戦メッセージは伝わると思うのですが・・・・・・・

仲間たちと歌う「Can't Take My Eyes off You」


関連レビュー:ベトナム戦争を語った映画
『フルメタル・ジャケット』
天才キューブリックの戦争映画
戦争の非人間性をリアルに描写


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:36| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

映画『ディア・ハンター』鹿猟師とルーレットのゲームの意味/感想・解説・受賞歴

『ディア・ハンター』(感想・解説 編)



原題 The Deer Hunter
製作国 アメリカ
製作年 1978
上映時間 176分
監督 マイケル・チミノ
脚本 デリク・ウォッシュバーン
原案 マイケル・チミノ/デリク・ウォッシュバーン/ルイス・ガーフィンクル/クイン・K・レデカー

評価:★★★   3.0点



この映画は、ロシアン・ルーレットの脚本が先にあり、後ベトナム戦争の部分を加えたといいます。
そんな経緯ゆえに、どこか混乱した映画になっているようにも思います。

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』予告


film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』出演者


マイケル(ロバート・デ・ニーロ)/ニック(クリストファー・ウォーケン)/スチーブン(ジョン・サヴェージ)/スタンリー(ジョン・カザール)/リンダ(メリル・ストリープ)/ジョン(ジョージ・ズンザ)/スチーブンの母(シャーリー・ストーラー)/アクセル(チャック・アスペグレン)/ジュリアン(ピエール・セグイ)/アンジェラ(ルターニャ・アルダ)/プリースト(ステファン・コペストンスキー)
film1-red-ue.jpg
film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』感想


film1-red-ue.jpg

この映画のタイトル、『ディア・ハンター=鹿猟師』の意味するモノが何なのだろうと、考えてきました。
Deer-firsthunt.JPG
主人公のマイケルは猟をするなら、鹿を
「1発で」仕留めると言います。

このマイケルの猟における「1発」とは、自ら猟の難易度を上げ、ゲーム性を高めるための自らに課したルールだという気がします。
つまり、マイケルにとって『ディア・ハンター=シカ猟師』になるとは、命を取るゲームを楽しむ存在になることを意味していたのだろうと思います。
Deer-poster.jpg
これは、アメリカ人であれば、自然の中のレジャーとして釣りやキャンプと同様、誰もが楽しむ娯楽であり、そんな普通のアメリカ青年として描かれているように思います。
そんな、命をもてあそぶような遊びをしていたマイケルが、ベトナム軍の捕虜となります。
そして、命をもてあそばれる「ロシアンルーレット」というゲームで、自らも殺される側=鹿の立場になります。

そして、その鹿に向かって語っていた「1発」で命を失う事の重さを、身に染みて知ることになります。
それは、ベトナムを経験したニックやスチーブンにも同様に生じた、重い真実でした。

彼らは、命が危険さらされることで、精神肉体に傷を負い、命を失う事、奪う事、の異常さに気が付いたのだろうと思います。
それゆえ、ベトナムから帰った後のマイケルは、猟に行っても鹿を撃つことはできません。
結局、この映画の主題は、命をゲームのようにやり取りする事の異常さを描いているのであり、その象徴が「鹿狩り」であり「ロシアンルーレット」だと思います。
Film-USA-flag.png
そんな異常な命のやり取りを、国家が主体となってする場こそ「戦争」なのです。
この映画の、典型的なアメリカ労働者階級の若者たちは、命を「ゲーム=鹿狩り」として奪う事に無頓着に育ちました。

そして、国家の理論による「ゲーム=戦争」によって、命を奪う事の異常さを知る物語だと思います。
以上から考えれば、この映画はそんな「無自覚なアメリカ人」に「戦争」というゲームの異常さを知らしめるための作品だと、感じました。

そんなテーマから見れば「反戦映画」だと思いますが、この映画に関しては単純にそう言い切れない所を、個人的には感じてしまいます・・・・・・・

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』解説

脚本の混乱

film1-red-ue.jpg
実を言えば、この映画の脚本はルイス・ガーフィンクル、クイン・K・レデカーによる原案からスタートし、当初ラスベガスでロシアンルーレットをするという物語でした。
これを、プロデューサーのマイケル・ディーリーらの判断により、後からベトナム戦争が舞台に置き換えられたそうです。
Film-katinko.jpg
そして、この映画の脚本はデリク・ウォッシュバーンとなっていますが、実はマイケル・チミノ監督と共同作業で進めながら、両者の間で相当に揉めたそうです。

そして、最後は裁判にまでもつれ込んで、結局、脚本デリク・ウォッシュバーンとなり、原案がマイケル・チミノ、デリク・ウォッシュバーン、ルイス・ガーフィンクル、クイン・K・レデカーの四人になるという混乱ぶりです。
そんな脚本の迷走ぶりが、個人的には「命を巡るテーマ」と「ベトナム戦争の要素」に分離し、メッセージが混乱しているようにも思うのです。
以下その例を・・・・・・・・

ベトナムでのロシアンルーレット

AP通信のピューリッツァー賞受賞記者ピーター・アーネットは、ベトナム戦争でロシアンルーレットが行われたという証拠はない、ベトコンのロシアルーレットと捕虜の使用は、非現実的であると批判した。
対して、監督チミノはシンガポールのニュースで、戦争中ロシアン・ルーレットが行われたという記事があったと主張していますが、そのニュースは確認できていないようです。
Deer-vitrossian.gif

しかし、後からベトナムのシーンを追加したと思えば、シアン・ルーレットが非現実的だというのも、当然だと思えます・・・・・・・

批評家の相反する評価

公開当時の評論として、肯定的な意見が多かった半面、ベトナム人の描き方が「第二次世界大戦当時のプロパガンダ映画の日本人のようだ」と言われたり、「ベトナム戦争に対する批判がない」と批判もされました。
また、ラストの「ゴッド・ブレスアメリカ」は、「愛国主義に対する批判なのか、そうでないのか」で批評家の間で論争になったと言います。

ここにも、脚本設計の混乱が、矛盾するメッセージとして発せられた結果のように感じます。
film1-red-ue.jpg

関連レビュー:ベトナム戦争のを語った映画
『プラトーン』
オリバー・ストーンの自伝的物語
ベトナム戦争の敗北の真実


film1-red-ue.jpg

スポンサーリンク


film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』受賞歴


第51回アカデミー賞:作品賞・監督賞・助演男優賞・音響賞・編集賞
第33回英国アカデミー賞:撮影賞・編集賞
第36回ゴールデングローブ賞:監督賞
第44回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞・助演男優賞
第13回全米映画批評家協会賞:助演女優賞
第4回ロサンゼルス映画批評家協会賞:監督賞
第53回キネマ旬報ベスト・テン :外国語映画部門第3位/読者選出外国語映画部門第1位
第22回ブルーリボン賞:外国作品賞
第3回日本アカデミー賞:最優秀外国作品賞
film1-red-ue.jpg

film1-red-ue.jpg

『ディア・ハンター』解説
メリル・ストリープとジョン・カザール


メリル・ストリープ
deer-cazale-meryl.jpg1977年、ストリープはアントン・チェーホフ作の『桜の園』の舞台に立つ。彼女の演技に目を止めたデ・ニーロの推挙によりストリープの出演が決まった。映画の撮影は1977年6月20日に始まったが、その時点で公開されている映画の中でストリープが出演している映画はまだ一本もなかった。
ジョン・カザール
カザールとストリープは1976年の舞台『尺には尺を』での共演がきっかけで知り合い、製作当時はロマンチックな関係にあった。撮影前に癌を患い製作会社は彼に降板を催促したが、チミノやデ・ニーロ、ストリープらが「カザールが降板するなら自分も降板する」と主張したことで降板は免れた。カザールは公開を待たずに1978年3月12日に死去。なお、カザールが生涯出演した5本の映画すべてがアカデミー賞にノミネートされており、そのうち本作品を含めた3本が作品賞を受賞したこととなった。(wikipediaより)


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:22| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする