2017年06月30日

『北国の帝王』オヤジ達のプライド祭/あらすじ・ネタバレ・感想・ラスト

逆風の中の男達

原題 Emperor of the North
製作国 アメリカ
製作年 1973
上映時間 121分
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 クリストファー・ノッフ

評価:★★★★  4.0点



このB級映画のお手本のような作品が作られた1973年というのは、アメリカン・ニューシネマの台頭でも明らかなように、ハリウッド映画の曲がり角だった。

そんな時代に、新たな映画の刺激を求めて撮られた映画の一本が、このオヤジ達が全身全霊をかけて戦う『北国の帝王』だったろう。
========================================================

『北国の帝王』あらすじ

1933年のアメリカは大恐慌のため、ホーボーと呼ばれる失業者が溢れ、彼は機関車に無賃乗車をして移動した。そんな、ホーボー達が恐れるのが車掌シャック(アーネスト・ボーグナイン)の乗る19号列車だった。その列車に無賃乗車した者は、冷酷無比なシャックのハンマーによって殴り殺されるのを覚悟しなければならなかった。
しかしそんなシャックの19号列車で、何度も無賃乗車を成功させた、ホーボー、Aナンバー・ワン(リー・マーヴィン)と呼ばれ、“北国の帝王”という尊称を贈られる男がいた。そんな、Aナンバー・ワンにまとわりつくシガレット(キース・キャラダイン)という若者がいた。彼はAナンバー・ワンの王座を奪おうともくろんでいるのだ。
Aナンバー・ワンは車掌シャックの列車に乗ると宣言し、多くのホーボーが叩き落される中、まんまと乗車に成功するがシガレットのせいで、シャックに見つかり崖下に叩き落された。しかしAナンバー・ワンは他の列車に乗り込むと19号列車に追いついた所で、再び乗り移った。察知したシャックとの壮絶な戦いが、再び19号列車の上で繰り広げられた。列車の底、車輪軸に体を縛り付けた二人に向かって、鋼鉄の棒が襲い掛かる。Aナンバー・ワンはエア・ブレーキをかけて列車を急停車させ、反撃した。火夫は傷つき、機関士は気絶し、ブレーキ係は命を落とした。
Aナンバー・ワンはシャックと対峙し、叫ぶ「シャック、貴様の年貢の納め時が来たぞ!」
走る列車の上で2人の男達の壮絶な一騎打ちが始まった。
『北国の帝王』予告

『北国の帝王』キャスト

A・ナンバーワン(リー・マーヴィン)/シャック(アーネスト・ボーグナイン)/シガレット(キース・キャラダイン)/クラッカー(チャールズ・タイナー)/ホッガー(マルコム・アタベリー)/コーリー(ハリー・シーザー)

========================================================

『北国の帝王』感想・解説


Film.jpgかつて大衆娯楽の王様であった映画は、TVの出現で娯楽の王座を滑り落ちた。
そして新たなメディアは、それまでハリウッド映画のドル箱だった、家族を対象とした健全で善良な映画も、TVドラマとして放送されることになった。
そんな世間全般のマジョリティーから見放された、ハリウッド映画が活路を見いだしたのが、悪辣で、醜い、しかし、刺激の強い、それまでのキリスト教的善良さである「真・善・美」に反する、刺激たっぷりの映画群だった。
つまり、この映画である。
そもそもそれまでのハリウッドであれば、主人公は正義を体現していた存在だったはずだ。
しかしこの映画のそれは、リー・マービン演じる「北国の帝王」と呼ばれる主人公が、ただの無賃乗車の達人という、いわば犯罪者を主人公にしている時点で善を描かないと宣言していただろう。

さらに、この「北国の帝王」が敵にする列車の車掌をアーネスト・ボーグナインが演じ、本来は犯罪を阻止する正義の立場であるはずなのに、明らかに悪魔的な悪役として、鬼のような形相で無賃乗車犯を襲う姿が描かれる。
結局ここに描かれたドラマは善も悪も無いと、主要な二人の登場人物が告げていたと思える。

kitaguni-kieth.jpgまたこの二人の他に、もう一人の重要なパートを若き日のキース・キャラダインが演じるが、この若者が意味したのは「真の男」としての力を持たない、男としての力不足を意味しただろう。
この映画では、未熟者を許さない、もしくは不完全な存在を認めないという、「男の真価」に対する信念の強さを見る。

じっさい、リー・マービンやアーネスト・ボーグナインが演じる、男としての貫禄に較べると、キース・キャラダインが、いかにもヒヨワに見える。

Kita-pos-2.jpg
結局この映画の、リー・マービンやアーネスト・ボーグナインに代表される中年の親父とは、経験と体力が高い融合を見せる真に強い男達を描いたものだった。

その強者二人は劇中で、その技能の全てを掛けて激しく戦う姿を見せる。
ここにある闘いは、すでに利益や犯罪という現実的な目標を喪失し、己の全存在を賭けた純粋な闘争と化し、ただ男のプライドの証明としてあった。
この男達の、善悪を超えた、ドロドロの、醜悪な、格闘劇は、しかし、アメリカ労働者階級の男達がその肉体と職業的経験をプライドとして、日々生き戦う姿の象徴でもあっただろう。

Kita-pos-3.jpgそういう意味ではこの映画は、日々苦しい労働に立ち向かう、アメリカ中産階級及び低所得者層の男達をターゲットにした映画だったはずだ。
そしてその観客を想定したとき、難しい理屈や、崇高な理念をキッパリと切り捨てた、純粋無垢な「B級映画」が生まれたのではなかったか。

そこには、やはり見たい者だけが見れば良いという割り切りを前提にして、描かれているに違いない。
そして、この見る者を選ぶ作品の系譜は、アメリカン・ニューシネマを経由し、現在ハリウッドの善悪を超越した作品として、引き継がれているように思う。
========================================================
スポンサーリンク

========================================================
========================================================

以降の文章には

『北国の帝王』ネタバレ

を含みますので、ご注意下さい。
========================================================
========================================================

(あらすじから)
車掌シャックは手に鋼鉄の鎖を持ち、Aナンバー・ワンに襲い掛かった。
Aナンバー・ワンの体を、何度も重い鎖が打ちつけられた。
kitaguni-last1.jpg

しかし彼は貨車に懸架されたマサカリを持って反撃に出て、シャックに重傷を負わせ列車から叩き落した。
Kitaguni-2.jpg

どんどん遠くなる、シャックを見つめるAナンバー・ワンの横に、シガレットが立った。
========================================================

『北国の帝王』ラストシーン


Aナンバー・ワンはシガレットをも列車から突き落とした。
kitaguni-last3.jpg

19号車が遠く去る中、Aナンバー・ワンの叫び声が線路に残る。
「貴様のようなチンピラに“北国の帝王”を名乗る資格はない。」と・・・・・・・・

大人の戦いに、小僧が顔を出すなという・・・・・
ほんと昔の大人は、強く大きかったと思う。

スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 17:52| Comment(8) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

1987年開催・第59回アカデミー賞/スピーチ和訳/全受賞・ノミネート作品紹介

1987年開催・第59回アカデミー賞・授賞式


oscar-logo.jpg
1986年の公開映画を対象にした、第59回アカデミー賞は1987年3月30日に、ロサンゼルスのドロシー・チャンドラー・パビリオンを会場として開催されました。
1986年はチェルノブイリ原発事故があり、サッカーワールドカップ・メキシコ大会がありました。翌1987年はレーガンとゴルバチョフによる中距離核戦力全廃条約が結ばれ、冷戦構造の解消に向け両国は舵を切りました。
映画では最多部門ノミネートは『眺めのいい部屋』で8部門にノミネートされました。最多部門受賞は、『プラトーン』で作品賞を始めとする4部門に輝きました。

関連レビュー:ベトナム戦争のリアリティーを語った映画
『プラトーン』
オリバー・ストーンの自伝的物語
ベトナム戦争の敗北の真実

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・司会者
ポール・ホーガン/チェビー・チェイス/ゴールディ・ホーン/

======================================================

59回アカデミー賞は三名の司会者が分割して務めた。
59th-chebi.jpgチェビー・チェイス(Chevy Chase, 1943年10月8日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク出身のコメディアン、俳優、脚本家。
コメディアンとして活動を始め、ラジオに『ナショナル・ランプーン・ラジオ・アワー』というレギュラーも持ち始める。それがきっかけでオフ・ブロードウェイなどへも出演し始め、人気コメディ番組の『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラー出演においてその知名度が一気に上がった。(wikipediaより)

59th-goldin.jpgゴールディ・ホーン(Goldie Hawn, 本名:Goldie Jeanne Hawn, 1945年11月21日 - )は、アメリカ合衆国の女優、ダンサー。主演作にはコメディ映画が多いが、シリアスな映画にも出演している。1964年にアメリカン大学を中退し、ダンスを教えるようになる。同年、プロのダンサーとしてミュージカルに出演し、ニューヨークで活動し始めた。
1967年よりディック・マーティンが主演するテレビのシチュエーション・コメディに出演し、その名を知られるようになる。1969年の映画『サボテンの花』ではアカデミー助演女優賞及びゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞。その後、2000年代前半までコメディ映画を中心に出演した。(wikipediaより)
59th-hogan.jpg
ポール・ホーガン
(Paul Hogan, 1939年10月8日 - )は、オーストラリアのコメディアン、俳優である。オーストラリアのニューサウスウェールズ州出身。1977年より『ポール・ホーガン・ショー』で人気を博す。1986年に『クロコダイル・ダンディー』で映画デビューし、映画がヒット、翌年にはゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。(wikipediaより)

======================================================
スポンサーリンク

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・各賞結果

======================================================
======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・助演男優賞スピーチ

======================================================
プレゼンターはジェフ・ブリッジスとシガニー・ウィーバー。
シガニーウィーバーは去年の映画で良かったのはジェーン・フォンダの『モーニングアフター』だと語り、ジェフ・ブリッジスは「俺がおごる」と語り(モーニングアフターはジェーン・フォンダとジェフ・ブリッジスの出演作品)ジェフは今年のノミネートはどう?と尋ね、シガニーは宇宙に行った映画は間違いなく敗者(『エイリアン2』のこと)だと語りノミネート者を発表
トム・ベレンジャー(プラトーン)/マイケル・ケイン(ハンナとその姉妹)/デンホルム・エリオット(眺めのいい部屋)/ウィレム・デフォー(プラトーン)/デニス・ホッパー(勝利への旅立ち)
受賞者はマイケル・ケイン
マイケル・ケインは仕事で授賞式を欠席。

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・助演女優賞スピーチ

======================================================

プレゼンターはアンジェリカ・ヒューストンとドン・アメチー
ノミネート者を紹介。
マギー・スミス(眺めのいい部屋)/パイパー・ローリー(愛は静けさの中に)/ ダイアン・ウィースト(ハンナとその姉妹)/メアリー・エリザベス・マストラントニオ(ハスラー2)/テス・ハーパー(ロンリー・ハート)
受賞者はダイアン・ウィースト。
【ダイアン・ウィースト 受賞スピーチ・意訳】
バスタブの中に何があるのか分からないものです。素晴らしい仕事をした、4人のノミネート者といられる事を誇りに思うと、最初に申し上げます。私は4作目の映画を、まだウッディー(アレン)と作っています。それで、また"ハンナ"と同じみんなで、働いています。同じスタッフ、同じカメラマン、同じデザイナーで。同じ偉大なる撮影監督、カルロディ・パルマ。同じプロデューサーのボビー・グリーンハット。同じドライバー。我々はみんなそこにいます。そして、私は私たち全員を代表して、また俳優全員を代表して、モーリーン・オサリバン、ロイド・ノーラン、バーバラ・ハーシー、そして美しいミア・ファローを代表して、感謝します。私のお母さん、兄弟、家族、親愛なる友人サム・コーン。どうもありがとうございました。

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・監督賞スピーチ

======================================================

プレゼンターはエリザベス・テーラー
ノミネート者を紹介。

デヴィッド・リンチ(ブルーベルベット)/ウディ・アレン(ハンナとその姉妹)/ローランド・ジョフィ(ミッション)/オリバー・ストーン(プラトーン)/ジェームズ・アイヴォリー(眺めのいい部屋)

受賞者はオリバー・ストーン。
【オリバー・ストーン受賞スピーチ・意訳】
ありがとう。このシンデレラ物語の結末に感謝します。しかし私はこの賞が認めたのはベトナムの兵役経験者だと思っています。そして第一に、あなたがたはそこで何が行われたかを語り、あなたがたが理解してくれた考えています。そして私は、我々の生きている間に、それを二度と繰り返さないと、あなたがたが言ってくれたと考えています。もし、それが起きるなら、アメリカの少年の死は無為となります。なぜなら、アメリカはベトナム戦争から何も学んでいないことになるからです。
(以下キャストとクルーに感謝)そして我妻エリザベスへ、深い永遠の愛が、私を絶望から救ってくれた。

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・主演男優賞スピーチ

======================================================

プレゼンターはベティー・デイビス
ハリウッドの伝説ベティー・デービスの紹介動画のあと、本人が登場しノミネート者を紹介。
ボブ・ホスキンス(モナリザ)/デクスター・ゴードン(ラウンド・ミッドナイト)/ウィリアム・ハート(愛は静けさの中に)/ポール・ニューマン(ハスラー2)/ジェームズ・ウッズ(サルバドル/遥かなる日々)
受賞者は。ポール・ニューマン(ハスラー2)
ポール・ニューマンは欠席。代理として友人の監督ロバート・ワイズが受け取る。ロバート・ワイズは「みんなも知ってる通り、ポール・ニューマンは」と語りだすが、ベティー・デイビスにさえぎられ、彼女はロバート・ワイズの紹介を始める。「ロバート・ワイズはポール・ニューマンの偉大な友達で、代わりにオスカーを受け取ったが、彼自身"ウェスト・サイド・ストーリー"と"サウンド・オブ・ミュージック"で受賞している」
ベティー・デイビスは貫禄過ぎて、誰も止められません!

関連レビュー:ベティーデイビスの衝撃映画
『何がジェーンに起こったか?』
ベティー・デイビスとジェーン・クロフォードの確執映画
ハリウッドの伝説の二人を描いたドラマ

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・主演女優賞スピーチ

======================================================

プレゼンターはウィリアム・ハート
ノミネート者を紹介。
ジェーン・フォンダ(モーニングアフター)/シシー・スペイセク(ロンリー・ハート)/キャスリーン・ターナー(ペギー・スーの結婚)/マーリー・マトリン(愛は静けさの中に)/シガーニー・ウィーヴァー(エイリアン2)
受賞者はマーリー・マトリン(愛は静けさの中に)。
【マーリー・マトリン受賞スピーチ・意訳】
たくさんの人に感謝したいです。私は、本当を言えば、私はこの演説の準備をしていませんでした。しかし、アカデミーとそのメンバーに感謝したいと思います。そして私は映画に関わったそれら特別な人々に感謝します。名前を呼べば、ランダヘインズ、パトリックパーマー、キャストとクルー全員、そして特に、この映画中で彼の偉大な支えと愛をくれたウィリアムハートに感謝します。私は母と父、エリック、マーク、グロリア、ザカリーとリズに感謝したいと思います。彼らは私と共に今夜ここにいます。
そして、本当に皆さんに感謝したいです。愛しています。

======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・作品賞スピーチ

======================================================

司会者チェビー・チェイスとゴールディー・ホーンが笑いながら(セットの切り替えの手際の悪さが原因か?)プレゼンター、ダスティン・ホフマンを紹介。
【ダスティン・ホフマン大意】
5本の映画が映画界で働く全ての人を代表している、監督、脚本家など全てのクルーが多大な労力を捧げて映画が出来、映画には彼等の人生の一部が入っている。この栄光の5本を紹介できる栄誉を感じると共に、選ばれた作品を祝福したいと語りノミネート作品を紹介。
愛は静けさの中に/ハンナとその姉妹/ミッション/プラトーン/眺めのいい部屋
受賞作は。プラトーン
プローデューサー、アーノルド・コペルソンにオスカーが渡される。
【アーノルド・コペルソン受賞スピーチ・意訳】
ありがとうございます。深く感謝します。ジョン・デイリーとデレク・ギブソンに感謝します。私の情熱を共有し全ての期間において財産と資金を提供してくれました。(以下関係者の名前を挙げ感謝)そして、私の妻のアン、16年間私のビジネスパートナーで、私の道を共に歩いた。我々の子供達、ピーター、エヴァン、ステファニーは、彼等世代が更に知りたい内容だと "プラトゥーン"を作るよう勧めてくれました。そしてデール・ダイと "プラトゥーン"のキャストとクルー全員の献身に。そして、特にオリバー・ストーンに、彼は輝いている。私はオリバーストーンの輝きがなければ、今夜ここにはいなかったでしょう。ありがとうオリバー。
映画メディアの力は素晴らしいです。 "プラトゥーン"は、この時代に戦争の新しい視点をもたらしました。その戦争は魅力的ではなく、滅びであり、殺戮です。また、 "プラトゥーン"が、世界の国々や他国の人々に、戦争に参加させるのを躊躇させたり、爆弾を投下する前に、事実を要求したり、疑問を投げかけたりする助けになるのであれば、この "プラトゥーン"の成功は、製作者だけでなく、我々の想像を超えて、映画産業全体のものです。大変感謝しています。私は永遠に、これ(オスカー)を誇りに思います。

======================================================
======================================================

1987年・第59回アカデミー賞・各賞結果

======================================================

脚本賞

受 賞ウディ・アレン(ハンナとその姉妹)
ノミネートポール・ホーガン、ケン・シャディー、ジョン・コーネル(クロコダイル・ダンディー)/ハニフ・クレイシ(マイ・ビューティフル・ランドレット)/オリヴァー・ストーン(プラトーン)/オリヴァー・ストーン、リチャード・ボイル(サルバドル/遥かなる日々)

脚色賞

受 賞ルース・プラワー・ジャブヴァーラ(眺めのいい部屋)
ノミネートヘスパー・アンダーソン、マーク・メドフ(愛は静けさの中に)/リチャード・プライス(ハスラー2)/レイノルド・ギデオン、ブルース・A・エヴァンス(スタンド・バイ・ミー)

外国語映画賞

受 賞追想のかなた
ノミネートベティ・ブルー・愛と激情の日々/アメリカ帝国の滅亡/スイート・スイート・ビレッジ/38:VIENNA BEFORE THE FALL

撮影賞

受 賞クリス・メンゲス(ミッション)
ノミネートジョーダン・クローネンウェス(ペギー・スーの結婚)/トニー・ピアース=ロバーツ(眺めのいい部屋)/ロバート・リチャードソン(プラトーン)/ドン・ピーターマン(故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4)

作曲賞

受 賞ハービー・ハンコック(ラウンド・ミッドナイト)
ノミネートジェームズ・ホーナー(エイリアン2)/ジェリー・ゴールドスミス(勝利への旅立ち)/エンニオ・モリコーネ(ミッション)/レナード・ローゼンマン(故郷への長い道/スター・トレック4)

主題歌賞

受 賞“Take My Breath Away”(トップガン)
ノミネート“ Glory of Love”(ベスト・キッド2)/“Life in a Looking Glass”(THAT'S LIFE!)/"Mean Green Mother from Outer Space”(リトルショップ・オブ・ホラーズ) /“Somewhere Out There”(アメリカ物語)

美術賞

受 賞眺めのいい部屋
ノミネートエイリアン2/ハスラー2/ハンナとその姉妹/ミッション

衣装デザイン賞

受 賞ジェニー・ビーヴァン(眺めのいい部屋)
ノミネートエンリコ・サバティーニ(ミッション)/Anna Anni(オテロ)/Theadora Van Runkle(ペギー・スーの結婚)/アンソニー・パウエル(ポランスキーの パイレーツ)

メイクアップ賞

受 賞 クリス・ウェイラス(ザ・フライ)
ノミネートMichael G.Westmore、Michele Burke(THE CLAN OF THE CAVE BEAR)/ロブ・ボッティン、Peter Robb-King(レジェンド/光と闇の伝説)

視覚効果賞

受 賞エイリアン2
ノミネートリトルショップ・オブ・ホラーズ/ポルターガイスト2

音響賞

受 賞プラトーン
ノミネートエイリアン2/ハートブレイク・リッジ/故郷(ふるさと)への長い道:スター・トレック4/トップガン

音響効果編集賞

受 賞エイリアン2
ノミネート故郷(ふるさと)への長い道:スター・トレック4/トップガン

編集賞

受 賞プラトーン
ノミネートエイリアン2/ハンナとその姉妹/ミッション/トップガン

ドキュメンタリー長編賞

受 賞@ARTIE SHOW:TIME IS ALL YOU'VE GOT/There is a tie in this category
ADOWN AND OUT IN AMERICA/There is a tie in this category
ノミネートCHILE:HASTA CUANDO?/ISAAC IN AMERICA:A JOURNEY WITH ISAAC BASHEVIS SINGER/WITNESS TO APARTHEID

ドキュメンタリー短編賞

受 賞DEBONAIR DANCERS
ノミネートTHE MASTERS OF DISASTER/RED GROOMS:SUNFLOWER IN A HOTHOUSE/SAM/WOMEN FOR AMERICA,FOR THE WORLD

短編実写映画賞

受 賞PRECIOUS IMAGES
ノミネートEXIT/LOVE STRUCK

短編アニメ賞

受 賞A GREEK TRAGEDY
ノミネートTHE FROG,THE DOG AND THE DEVIL/ルクソーJr.

アーヴィング・タールバーグ記念賞

受 賞スティーヴン・スピルバーグ

名誉賞

受 賞ラルフ・ベラミー
posted by ヒラヒ・S at 17:33| Comment(4) | TrackBack(0) | アカデミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

映画『ハスラー2』ビリヤード・ブームを生んだ映画/解説・感想・ポール・ニューマン

ハスラー2(感想・解説 編)



原題 The Color of Money
製作国 アメリカ
製作年 1986
上映時間 119分
監督 マーティン・スコセッシ
脚色 リチャード・プライス
原作 ウォルター・テヴィス


評価:★★★★  4.0点



この1986年の映画の原題「マネー・オブ・カラー=札の色」が意味するのは、金にも種類があり、価値のある仕事で手に入れたモノと、楽をして設けたモノは違う「色=価値」を持っていると語られているように思いました。
そんな、人生にとっての価値を、ポール・ニューマン、トム・クルーズ、監督マーティン・スコセッシによって描きだされた、エンターテーメント作品です。
========================================================

========================================================
========================================================

『ハスラー2』予告動画

========================================================

『ハスラー2』出演者

ファースト・エディ(ポール・ニューマン)/ヴィンセント(トム・クルーズ)/カルメン(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)/ジャネル(ヘレン・シェイヴァー)/ジュリアン(ジョン・タトゥーロ)/路上プレイヤー(イギー・ポップ)/アモス(フォレスト・ウィテカー)
========================================================

『ハスラー2』感想



個人的には、この映画を単体で評価すれば、標準作という印象だったりします。
hustler-pos1.jpg
監督、俳優、とも実力派が揃い、ビリヤードの持つ魅力も十分表現されて、当時の日本でもナインボール・ビリヤードの大ブームが起きたほどなので、コマーシャル的な成功とエンターテーメントとしての力を持っているのは間違いないでしょう。

しかし、それでもドラマとしての強さがあるかと問われれば、どこか散漫な印象もあります。
この映画の基本軸は、ポール・ニューマンの演じるエディーにあるでしょう。彼が若く力に溢れたトム・クルーズ演じるヴィンセントと出会い、かつてのハスラーだった自分を思い出し、自分の人生において最も大事なモノを再び手に入れるという物語です。

更に丹念に見れば、ポール・ニューマン演じるエディーはいかがわしい酒を売り、ビリヤードの賭をするハスラーの胴元として、リスクを冒さず利益を得ようとする姿は、姑息な中年男と成り果てています。
そんな金はあるがイヤらしい人物が、若きヴィンセントに金儲けの方法を伝授します。
それは、例えば自分を下手なプレーヤーだと見せかけて、大金を掛ける相手を勝負に引きずり込む方法だったり、勝負の場所でケンカを吹っかけ周囲の人間も巻き込んで掛け金を釣り上げる方法だったりします。
2人の兄弟と他人

【意訳】エディー:"二人の兄弟と他人の一人"だいいか?バーに二人で行って−/ヴィンセント:二時間くれトロフィーの山を築くから。/エディー:見てなこの町全部頂くぜ。派手にやろう。/ヴィンセント:一晩中でもこの町で稼ぐぜ、次は誰だ、あんたやらないか、誰もやらないのか、ほんとにやらないの。ブレークショットを譲るから。ブレークして。8番ボールで勝ちでいいよ。どうだ?やるか。さあやろう。/ヴィンセント:静かにしてろよ。/エディー:場所代払ってるぜ。/ヴィンセント:気を遣え。/エディー:何だって。/ヴィンセント:今ここで金がかかってんだ、静かにしろ。分かったか。/エディー:大金がかかってるって?/ヴィンセント:ああ、そうだ。大金がかかってんだから、俺たちが撞いてる間は女から手をどけとけ。/エディー:なんで俺の手が気になるんだ。自分の仕事に専念しろよ。/ヴィンセント:おいジーさん、お前の入れ歯をしまって、その手を娘から離して、気を使う事をここで学べ。/エディー:そのうち入れ歯にするよ。それよりお前のオムツをいつ代えるんだ。/対戦相手:おい、ここで試合してんだぜ。/エディー:ほんとに?何の為に?/対戦相手:関係ないだろ!/エディー:何が手に入るんだ?何の為だ?/対戦相手:50ドルだ。/エディー:お前勝ちたいか?俺はこいつに500ドル賭けるぜ。こいつはビビりだ。500ドルって聞いた瞬間ビビってる。/ヴィンセント:なんで出てかないんだ/エディー:誰か500ドル賭けるやついないか?/対戦相手:なんで面倒を起こすんだ?/カルメン:私、帰るわよ!/エディー:誰もかけないのか?/ヴィンセント:むかつくやつだ。/バーテンダー:1000ドル賭ける。

しかし、そんなエディーが伝えるハスラーの知恵とは、実はビリヤード・プレーヤーの技術とは関係ないのです。
結局そこにあるのは、年老いた狐がいかにして経験と知恵によって、獲物を得るかという狡知だったでしょう。
hustler-pos2.jpg
しかしそんな「ずる賢さ」は、本来俊敏な足と鋭い牙があれば、不要なモノであり、逆にそこに頼らざるを得ない事が、自らの衰えを示すものだったはずです。
この映画のエディは、そんな自分の衰えを、ヴィンセントの強さを見ることで痛感し、自らを狡知に向かわせた年齢による「衰え」を認めざるを得なくなったのだろう。
そして彼は思い出すのです。
かつて自分がビリヤードの頂点に向かって、圧倒的なパワーを放出していた時の充実と栄光の時を。
同時に彼に蘇ったのは、金や栄光ではなく、ビリヤードというゲームを支配することこそが、彼の人生の目的だったという思いだったように感じられました。
結局、ビリヤードをしなくなったから、自分は自分でなくなったと気付いたのではないでしょうか。
そして気が付いてみれば、かつての狡い大人、旧作『ハスラー』の敵役バートと同じ事を、ヴィンセントにしている自分に嫌気がさしたように見えます・・・・・・・・・・・・

hustler2-lookball.jpgこれは、敷衍して考えれば、若き日の理想や夢を現実の中ですり減らした中年過ぎの男達に向けた、自分の人生を取り戻せと語りかける映画だと思います。
自らの存在証明、自らの生きる価値が、どこにあるのかを問い、それを梃に自分の人生の戦いに再び戻る物語だと信じます。

しかし、それでもそんなテーマとビリヤードとの組み合わせが、この映画を見ただけでは相乗効果を上げてるとは言い難い点に不満を感じ、この作品単体では★3の標準作という評価を持ちました。
========================================================
スポンサーリンク

========================================================

『ハスラー2』解説
前作『ハスラー』



BW-Hustler-1.jpgしかしこの作品単体には★3を付けても、それでも評価★4を付けたのは、この映画の前作『ハスラー』という傑作を踏まえてみた時、見事な対比効果を上げているからです。
その前作で描かれたのは、この映画とまるで正反対のドラマでした。
25年前、若き日のファースト・エディーは、全身を研ぎ澄ました一本の針のようにして、ビリヤードに打ち込んでいました。
全てを犠牲にしても絶対王者「ビリヤード・チャンピオン=ミネソタ・ファッツ」を倒すために全身全霊を込めていたのです。
関連レビュー:ポール・ニューマン『ハスラー』
60年代のギリギリの青春
第一次ビリヤード・ブームの火付け役

その「ストイック=禁欲的」な姿が目に焼き付いているからこそ、この映画の老年エディーの変わりようが、見事に引き立つのです。
BWHustler.png
あの、鋭敏だった傷つきやすい感性は、金と欲望の鎧の下、鈍く反応するだけです。

一点に向かって集中していた求道者も、今作ではいかに金をだまし取るかを考える詐欺師と成り果てている。
hustler.jpgつまりは、この映画は前作のエディーの姿があってこそ、その落差が深く強く印象付けられるのです。
その深い断絶を生んだ、この25年の人生を思い、更にはその変わり果てた男が持っていた「人生の真実」を知っていればこそ、このエディーが再びビリヤードのキューを持つ重みが際立つと感じました。

そういう意味では、前作と合わせてこの作品を見た時、今作のポール・ニューマンの演技が輝きを増し、更に味わい深く感じられて★4つとしました。
========================================================

『ハスラー2』解説
ポール・ニューマンとトム・クルーズ


ポール・ニューマンはメソッド演技で有名な『アクターズ・スタジオ』出身のエリート俳優だった。
『アクターズ・スタジオ』出身者としては、マーロン・ブランドが衝撃の映画界デビューを果たし、それに続いてジェームス・ディーンが「青春ヒーロー」として若者のカリスマとなった。
関連レビュー:
ハリウッド映画とアクターズ・スタジオ『メソッド演技』
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジャック・ニコルソンを輩出した名門・俳優養成所、演技の秘密

しかし、同時期に『アクターズ・スタジオ』を卒業していながら、マーロン・ブランドやジェームス・ディーンに較べポール・ニューマンは、一気にブレークとはなりませんでした。
ポール・ニューマン(Paul Newman 、本名: Paul Leonard Newman 、1925年1月26日 - 2008年9月26日)はアメリカ合衆国の俳優である。

イェール大学大学院で披露した演技がプロデューサーの目に留まり、ニューヨークに招かれた。テレビドラマや舞台における演技が認められ、1952年にジェームズ・ディーンやマーロン・ブランドと共にアクターズ・スタジオに入学。ワーナー・ブラザースと5年間の専属契約を交わす。1954年に『銀の盃』でスクリーンデビューを果たすものの、作品自体が映画評論家から失敗作の烙印を押されるという不本意なデビューとなった。
ディーンとブランドがそれぞれ『エデンの東』『波止場』で世界的トップスターへと上り詰める一方でポールは満足のいく作品に出演できないうえ、スタジオや批評家から「第2のマーロン・ブランド」と称されることに失望し映画を離れ活動の拠点を舞台とテレビドラマへ移した。(wikipediaより)


Film.jpg後に、ポール・ニューマンは『傷だらけの栄光』『熱いトタン屋根の猫』により、ハリウッドでの評価も高まり、ついには1969年にロバート・レッドフォードと共演したアメリカン・ニューシネマの名作『明日に向って撃て!』のヒットによって、世界的トップスターとしての地位を確立しました。
しかし、個人的な印象ではポール・ニューマンという俳優には、スター性、カリスマ性が少ないという印象があります。

この俳優の個性としては、アクターズスタジオの後輩ダスティン・ホフマンやアルパチーノのように、演技で見せる俳優だったように思います。
しかし、デビュー当時のハリウッドはスターシステムで、演技よりカリスマ性を重視された事による、ギャップに苦しんだのではないかと想像します。

個人的な印象としてはポール・ニューマンは、実は主役というより脇役が相応しいのではないかという気もします。
そういう意味では、この映画のトム・クルーズや、『明日に向かって撃て』『スティング』のロバート・レッドフォードという、スターの顔を持った俳優とコンビを組むと、その演技力が映えるように思うのです。

また、若手時代のトム・クルーズも、人を魅了する太陽のようなスター性があっても、演技者としての突出した力を感じがたいように感じます。
hustler-tom.jpg
そういう意味では、そんな彼が「アクターズスタジオ」の役者達と組むと、メソッド演技の深みと凄味を引き出すのは、太陽のトム・クルーズの前で、メソッド演技者たちの陰鬱な演技手法がより際立つからではないかと想像しました。

『レインマン』ではダスティン・ホフマンが、この『ハスラー2』ではポール・ニューマンがアカデミー賞を獲得している事実は、決して偶然ではないと思うのです。

========================================================

関連レビュー:
ダスティン・ホフマンのアカデミー賞受賞演技

『レインマン』
サヴァン症候群の兄と弟の絆
若き日のトム・クルーズ

関連レビュー:トム・クルーズのスター性とは?
『卒業白書』
トム・クルーズの出世作
一夜の危険な遊び


スポンサーリンク
posted by ヒラヒ・S at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする